犬が退屈してしまう『お留守番環境』4選

犬が退屈してしまう『お留守番環境』4選

犬はお留守番が苦手となります。長時間お留守番をさせるときは退屈に感じる時間が多いとさらにお留守番が苦痛になりやすいので要注意。では、どういった環境だと犬が退屈に感じやすいのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.遊べるものがない

窓の外を眺める柴犬

遊び好きな犬が、お留守番のときに退屈を感じやすい原因となるのが『遊べるものがない』です。お留守番のときにオモチャを置きっぱなしにしていると、愛犬が誤飲してしまうかもしれない。そういった理由でお留守番中はオモチャを取り上げるという飼い主は少なからずいるのではないでしょうか?もちろん、その考えは正しいと思いますし、私も個人的には同じ意見です。

しかし、同時に愛犬に退屈な思いをさせている原因になっているともいえるでしょう。遊ぶのが好きな愛犬に少しでも楽しみながらお留守番させたいという場合は、やはりオモチャを使って退屈しのぎをさせてあげるのが良いと思います。例えば……、

  • 愛犬の口より大きなオモチャ
  • 強度があって程よい硬さがあるもの
  • 変形しにくく形が潰れにくいもの
  • 興奮しすぎないもの(音が鳴るなど)

こういった条件が整っているオモチャは安全性が高く、ケガや誤飲をする可能性がとても低いといえるでしょう。このような条件に当てはまるオモチャを見つけたときは、あなたがいるときに愛犬に遊ばせて大丈夫かどうか確かめて、安全だと確認できたらお留守番用のオモチャとして遊ばせると良いかもしれませんね。

おすすめのオモチャ

ちなみに私が個人的におススメするオモチャは、知育玩具として知られている『マットに食べ物を隠せるオモチャ』です。何層にも重なっている布の隙間にフードやお菓子を隠して遊ばせるタイプのものとなります。

このようなオモチャは愛犬がお留守番をしているとき、ふとした瞬間に隠している食べ物のにおいに気づいて遊ぶことができるので退屈しのぎになりますし、オモチャ本体を噛むのではなく安全な食べ物を噛むので安全性も高いといえます。

ただ、オモチャの素材が布製で噛みちぎって誤飲する可能性もないとは言い切れませんので、使う場合は普段の生活で、安全かどうかあらかじめ確かめるようにしてくださいね。

2.窓がない

立ち上がって窓の外を見る犬の後ろ姿

犬がお留守番をしているときは、基本的に『遊ぶ』『寝る』『食べる・飲む』『部屋を歩く』『周りの様子を見る』というくらいしかありません。部屋に窓があると周りの様子や外の景色を見られるので、ある程度退屈しのぎができるといえますよね。

しかし、お留守番をする環境に窓がないとどうでしょう。当たり前ですが自分以外動くものがない室内しか見ることができなくなります。それって行動が制限されている犬にとって、とても退屈な環境といえますよね。留守番中ずっと眠っている犬なら窓がなくても特に問題ないといえますが、普段から好奇心旺盛で留守番しているときに眠ることが少ない犬だと退屈に感じることでしょう。

ですので、お留守番をさせているときに愛犬を室内で自由にさせているのでしたら、なるべく窓のある部屋を用意してあげることをおススメします。窓の外を眺められるようにすることで、退屈なお留守番も少しは苦にならなくなることでしょう。

3.室内に物が全然ない

リビングに置かれた犬用ベッドでくつろぐ犬

お留守番中に愛犬がケガや誤飲をするのが心配!そういった理由でお留守番をさせるときは愛犬を家具や物が全くない場所に居させるという人も、なかにはいるのではないでしょうか?ケガや誤飲の危険性をなくす方法としては理想的といえるかもしれませんが、犬からするとおそらく、『とてもつまらない場所』『退屈する場所』だと感じていることでしょう。

基本的に犬はお留守番をしているときは眠ることが多いですが、一か所でずっと眠っているというわけではありません。自分の寝床で眠ったりソファの上で眠ったり……、毛布にくるまりながら寝ることもあれば、ヒンヤリとした床で寝ることもあります。犬が場所を変えて眠る理由はハッキリと分かりませんが、おそらく理由の1つとして気分転換のために場所を変えて眠ることがあるのでは?と感じています。

ですから、なるべくお留守番をさせるときは、いくつか『寝床』や『落ち着ける』場所を用意してあげることをおススメします。例えば、毛布や飼い主の衣類を置いておくだけでも愛犬は気分転換ができたり安心感を抱いたりすることができるので、退屈な気持ちを和らげてあげることができますよ。

4.普段は賑やかなのにお留守番のときは無音

座ってテレビを見ている犬

普段生活しているときはテレビや音楽の音が流れていて賑やかな環境なのに、お留守番をさせるときは無音の環境にして出かける。そういった環境も愛犬が退屈に感じやすくなるそうです。

また、いつもと違った環境にしてお留守番させることで、犬が不安になってしまうこともあります。ですから、もし愛犬が賑やかな環境に慣れているのでしたら、音量を小さくしながらテレビを付けたり音楽を流したりしながらお留守番させるようにすると、不安や退屈な気持ちを紛らわせやすくなるといえるでしょう。

ちなみに犬はテレビの映像をちゃんと理解しているので、退屈しのぎの方法としてテレビを付けながらお留守番させるのも良い方法といえますよ。

まとめ

オモチャで遊ぶゴールデンのパピー

犬は基本的にお留守番するのが大の苦手となります。ですので、少しでも落ち着いたり楽しめたりできる環境づくりをしてあげることが大切といえます。とはいえ、安全面のことも考えないといけませんから、焦らずに少しずつ改善しながら愛犬が苦痛を感じにくい環境へと整えていくことが理想的といえるでしょう。愛犬が退屈せずにすむ環境をつくれると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。