犬がご飯の時にがっつく理由4つ!注意すべき点から適切な対処法まで

犬がご飯の時にがっつく理由4つ!注意すべき点から適切な対処法まで

愛犬がご飯の時にがっついて困っているという飼い主さんも多いのではないでしょうか?今回は、犬ががっついて食べる理由と注意点、対処法までまとめてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の本能

狩りに出かけるオオカミの群れ

まず、知っておいてほしいのは、わんこがごはんをがっついて食べてしまうのは、抗い難い本能のためだということです。人間の場合、がっついて食べているとしつけがなっていないと思われたり、育ちを疑われたりすることもありますが、わんこの場合は、しつけやトレーニングではどうにもならない面があるのです。

ごはんを奪われないようにするため

いわずもがな、野生の世界では、食べものはいつでも手に入るわけではありません。特に犬は、大型の動物を捕食する動物ですから、小動物を食べていた猫と比べても、食べものの貴重さには大きな差があります。そのため、やっと手に入ったごはんを他の誰かに奪われないよう、なるべく速く、そして、食べられるだけの多くの量を口の中にかき込もうとするのです。

味覚が発達していないから

わんこは嗅覚や聴覚が発達している一方、味覚はあまり発達していません。みなさんも、愛犬のために奮発して買った特別なごはんやおやつを、パクッと丸飲みされてしまい、「もっと味わって食べてよ!」と思ったことはありませんか?ですが、残念ながらこの「味わって食べる」行為は、わんこには無理な注文なのです。

お腹が空いている

お皿をくわえている犬

また、過度の空腹のためにがっついて食べてしまう場合もあります。愛犬がごはんの時間以外にもおやつを欲しがったり、ごはんの時間を執拗に迫ったりするなど、「もしかして?」と思ったら、下記の点を見直す必要があるかもしれません。

ごはんの量が足りていない

成長過程や体調に合わせたごはんの量を与えていないなど、一度の食事で空腹が満たされていない場合があります。フードの量を目分量で与えている場合には、一度、しっかりと計量してみる必要があるかもしれません。

ごはんの間隔が開きすぎている

食事と食事の間隔が開きすぎていると、その間に食べた分を消化しきってしまい、空腹になってしまいます。また、食事間隔が開きすぎると、胃がからっぽになったことで嘔吐してしまう子もいます。食事間隔は、できる限り12時間以内に収めたいところです。

がっついて食べるリスクとは?

ドッグフードを食べている犬

がっついて食べてしまうのは仕方ないこととはいえ、やはり、あまりにがっつきがひどいと健康へのリスクもあります。

消化不良になりやすい

人間も同様ですが、がっついて食べているときというのは、食べものをあまりよく噛んでいないですよね。そのため消化不良を起こしやすく、胃腸への負担を大きくしてしまうリスクがあります。

胃捻転

また、もう1つのリスクが胃捻転です。胃捻転とは、胃の中にガスが充満したことで胃が膨れ、ねじれが生じてしまう症状のことです。がっつき食いで食べものと一緒に大量の空気を取り込んでしまったことで起きやすくなると考えられます。特に大型犬に多い症状のため、愛犬が大型犬の場合には注意が必要です。

がっつき食いを防ぐには?

計量カップに入ったドッグフード

ごはんをふやかして与える

わんこの総合栄養食は、いわゆる「カリカリ」のドライフードと、缶詰などのウェットフードに大別されます。ドライフードは歯石がつきにくくなるなどのメリットもありますが、食べやすい分、どうしてもがっつきやすくなってしまいます。ドライフードを与えている場合、少しお湯やスープを含ませるなどし、ふやかして与えてあげましょう。

おもちゃに詰めて与える

知育おもちゃにフードを詰めて与えるのも有効です。おもちゃがない場合には、空きペットボトルでも同様の効果が得られます。コロコロ転がさないと中身が出てこない上、少量ずつしか取り出すことができないので、時間をかけてゆっくり食べさせられます。

早食い防止皿を使う

最もオススメなのが、市販の早食い防止皿を使用することです。お皿の中がデコボコしていたり、お皿自体が不安定になっていたりと、わざと食べにくい構造にすることで、早食いを防止してくれるグッズです。ペットショップを見ると、様々なタイプのものが市販されていますから、愛犬に合ったものを選びたいですね。

まとめ

舌舐めずりするダックスフンド

いかがでしたでしょうか?ごはんをがつがつ美味しそうに食べてくれる姿は微笑ましくもありますが、あまりにがっつきがひどく、習慣化してしまっている場合には、何らかの対策を取る必要がありますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。