犬が飼い主に喜んでもらうためにやっている4つの行動

犬が飼い主に喜んでもらうためにやっている4つの行動

この記事では「犬が飼い主に喜んでもらうためにやっている4つの行動」をテーマに、ワンちゃんが飼い主さんに喜んでもらうためにやっている行動についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が飼い主に喜んでもらうためにやっている行動1:指示がなくても芸をする

ソファーの上で飼い主さん家族に寄り添う犬

飼い主さんが何もしていないのに、オスワリやフセ、その他いつもしている芸をすることはありませんか?
そのようなときは飼い主さんの喜ぶ顔が見たかったり、何かをしてほしかったりすることをアピールしている場合があります。

芸をすることにより、ワンちゃんを褒めたり構ってあげたりしていた場合、ワンちゃんがそのような行為を飼い主さんにしてもらいたいから、あえて飼い主さんの元に行きそのような芸をしているのかもしれません。

犬が飼い主に喜んでもらうためにやっている行動2:そばにやって来る

飼い主さんの側に座って頭を撫でてもらっている犬

例えば側にやって来てピタッとくっ付いたり、膝の上に乗って見つめたりしてくる場合、また、飼い主さんに元気がないときや泣いているときに側にやって来て、心配そうに見つめたりペロペロと舐めてくれたりすることも「喜んで欲しい」「元気になって欲しい」という気持ちから行動しているでしょう。

ワンちゃんが飼い主さんを心配してペロペロと舐めてきたり、側に来たりする場合は相当の信頼関係がないと成り立たない行為でもあります。

犬が飼い主に喜んでもらうためにやっている行動3:おもちゃを持ってくる

ぬいぐるみを咥えて運んでいる犬

自分のお気に入りのおもちゃを、飼い主さんの所へ持って来て「どうぞ」と見つめてくることはありませんか?
そんなときは飼い主さんの喜ぶ顔が見たくてやっている、もしくは一緒に遊んでほしいからやっているでしょう。

おもちゃや愛犬のお気に入りのものを受け取ったら、喜びを表してあげるのが良いですね。そうするとワンちゃんも喜んで、その気持ちに答えてくれるに違いないです。

犬が飼い主に喜んでもらうためにやっている行動4:飼い主の顔や手足をなめる

飼い主さんの顔を舐めている犬

犬が人の顔や口を舐めるとき、愛情表現や親しみを表していると言われています。大好きだよ、と飼い主さんに伝えることで喜んでもらえると考えるワンちゃんもいるでしょう。

もしかすると、舐めてくる部位の味を好んで舐めている可能性もありますが、いずれにせよ警戒していないから舐めてくるので、このような状況になったら優しく撫でてあげるとワンちゃんも安心して舐め続けると思います。

まとめ

リビングで飼い主さんと一緒に遊んでいる犬

愛犬がよくする行動はありましたでしょうか?飼い主さんを喜ばせようとする姿はとても健気で可愛いですよね。このような行動が見られたら、しっかり笑顔で喜んで愛犬にありがとうを伝えたいですね!

また、成長したりいろいろなことを経験したりすることにより、突然違う行動によって飼い主さんを喜ばせようとする可能性もあります。何か思い当たるような行為をワンちゃんがしてきたらよく観察をすることにより、新たな発見をすることができるかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。