犬が『コタツ好き』な理由3つ

犬が『コタツ好き』な理由3つ

冬になると家庭に現れるコタツ。人間はもちろん、犬も大好きな暖房器具ですよね!しかし、なぜ犬はコタツ好きが多いのでしょうか。今回は犬が『コタツ好き』な理由とコタツを使う際の注意点をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が『コタツ好き』な理由

こたつ

冬に私達の心も体も温めてくれる最高の暖房器具『コタツ』。「我が家では愛犬もコタツが大好き!」というご家庭もあるかもしれません。では、なぜ犬は『コタツ好き』が多いのでしょうか。

1.暖かいから

コタツであくびをするチワワ

単純に寒い冬に体を温めたいという理由で『コタツ好き』な犬は多いです。特にシングルコート犬種は寒さに弱いので、とにかく暖かい場所に行きたがります。

コタツがない家だと、暖房器具の前やエアコンの温かい風が当たる場所にいつもいる…なんて犬も多いです。コタツがあれば、体全体を瞬間的に温めることができるので、犬にとっても好都合なのでしょう。

寒い冬はじんわりと体をほっこり温めたいと思う気持ちは、人間だけでなく、犬も同じだということです。

2.コタツの布団がふかふかで気持ちいい

コタツの中には入らないけれど、コタツの布団部分によく乗っている…そこで眠っている…という犬も多いですよね。この場合は、コタツの布団がふかふかで気持ちいいから、という理由が当てはまります。

コタツに使われる布団は、ふかふかで触るだけでも気持ち良い生地質のものが多いです。そのため、その上に乗ることでリラックスできるのです。

また、中から漏れ出ているコタツの温かさが布団にも伝わり、ふかふかで気持ち良い上、温かさを感じられるというのも犬にとって嬉しいポイントです。

3.飼い主が入っているから一緒にいたい

こたつに入れた足

犬は飼い主を同じ物を食べ、同じ場所で寝たい、そう思っている子が多いです。コタツも同じです。飼い主が嬉しそうに入っているから、「それなら自分も一緒に入りたい!」と考える犬は多いです。

飼い主がコタツにいる時だけ近寄ってきて、一緒にコタツに入る、あるいはコタツの布団を使っているという場合は、飼い主と一緒に居たいからコタツを使っているのでしょう。

『コタツ好き』というよりは、大好きな飼い主と一緒に居たいという愛情表現の一種と考えられます。

冬にコタツを使う際の注意点

コタツに座るチワワ

犬も大好きなコタツですが、基本的には犬がコタツを使うのはあまり推奨されていません。大きく分けて理由は以下の2点です。絶対にダメ、というわけではありませんが、以下の点に気を付けて使用するようにしましょう。

低温火傷に注意

まずは火傷、または低温火傷の危険性です。これはコタツに限らずすべての暖房器具に言えることですが、温風や電気が発されている部分に近付きすぎることで、低温火傷を負ってしまう危険性があります。

特にコタツは中に入ると地面から電気部分までの距離が短いため、犬は低温火傷を負いやすいです。そのため、なるべく犬をこたつの中に入れるのはやめましょう。

コタツを出す場合は、犬が電気の点いたコタツの中に入らないよう気を付け、コタツの布団の上で過ごさせるようにしてくださいね。

コードを噛んで感電

また、コタツのコードを噛んでしまう危険性も孕んでいます。コタツのコードに興味を示し、試しに犬がかじってしまうことで、感電してしまう恐れがあるのです。

この危険を回避するため、犬がコードに触れられないよう、コードを入れておく収納箱を活用したり、しっかり飼い主が監視することが大切です。

まとめ

こたつとみかんと犬

冬に大活躍してくれるコタツですが、便利な一方で犬にとって危険性を孕んでいる暖房器具でもあります。正しい使い方と注意点を守ることで、犬を飼っているご家庭でも安全に使用できるので、今回ご紹介した注意点を守って、寒い冬を温かく乗り切りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。