犬は『飼い主の死』を理解できるのか?

犬は『飼い主の死』を理解できるのか?

「もしも自分が死んだ時、愛犬はどのような反応をするのか」そんなことを考えたことはありませんか?実際、目の前で飼い主が倒れた時に飼い主を助けるような行動を取ったというニュースを耳にすることもあります。そもそも犬は『飼い主の死』を理解できるのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬は『飼い主の死』を理解できるの?

お墓の前に座って見つめる犬

今回は、犬が『飼い主の死』を理解できるのかという疑問について考えていきます。犬は自分の目の前で飼い主が亡くなってしまった場合、「飼い主が死んでしまったから、もう二度と目を覚ますことはないし、遊ぶことはできない」というように、具体的に『死』を理解できるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、現段階では犬が『飼い主の死』を理解できない可能性の方が圧倒的に高いと考えられています。「飼い主が死んでしまったから、もう会えない」「飼い主が死んでしまったから、もう一緒に遊ぶことはできない」という考えまでは至らないのです。「また起きたら遊んでもらおう」程度に捉えている犬が多いという説が最も濃厚です。

しかし、飼い主が死んでから、飼い主が家にいない状況や他の家族が悲しんでいる様子を見て、徐々にその環境の変化に気付き、心身を病んでしまう犬は多いです。

しかし、これも「飼い主が死んだから」というよりは、「飼い主になかなか会えないから」「他の家族の様子が変だから、自分も不安になる」という感覚です。

そもそも犬には『死』の概念がない?

大自然の中に立つ犬

そもそも犬には『死』という概念がないのではないか、という考えや、『死』に対して人間とは異なる感覚を持っているという考えを持つ研究家も多いです。

「もうすぐ死ぬから怖い」「死んでしまったらもう会えない」といった考えはなく、死はごく自然な物であり、怖いことではない、あるいは死という状況自体を重要視していないと考えられます。

「犬は『死』を予期すると、人目に付かない場所へ行こうとする」という説もありますが、これはあくまで「自分が弱っているうちに敵に見つかると大変だから、安全な場所で回復しよう」という考えからくる行動です。

飼い主の死から15分後に亡くなった犬

涙目で伏せをしている犬

基本的に、現段階の世界的な考えとしては、犬に『飼い主の死』を理解することは難しいという説が濃厚です。しかし、世界には様々な犬に関する不思議なニュースが多くあります。その1つが飼い主の死から15分後に亡くなった犬の話です。

2019年8月、スコットランドでがんを患っていた男性が亡くなった15分後に、彼が飼っていた愛犬が亡くなったというニュースが話題を呼んでいます。

今まで元気だった犬のネロは、男性が亡くなった後すぐに異変を生じ、他の家族が動物病院へ連れて行きましたが、動物病院で治療をしてもらうまで待つことなく亡くなってしまったと言います。

実際は脊椎に異常が見つかったことが原因であると診断結果が出ていますが、タイミングが15分後とあまりにも合致していたため、偶然かもしれないが不思議な話だとしてニュースになったのです。たしかに犬は『死』を理解することは難しいかもしれませんが、このように飼い主との絆を表してくれるような不思議な話があることも事実です。

まとめ

目を閉じて額をくっつけ合う女性と犬

いかがでしたでしょうか。現段階では、犬は『飼い主の死』を理解することは難しいと考えられています。しかし、それでも「これは飼い主の死を理解していたのでは」と思うような行動を起こす犬も多いです。今後、より研究が進むと、新たな真実が解明されるかもしれませんね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    もう12年も前の話しですが、叔母さんは肺がんで闘病の末亡くなりました。最期はホスピスで可愛がっていた愛犬(ビークル)と共に入所していたのですが叔母が亡くなった1週間後にあとを追うように亡くなりました。周りは『叔母さんが迎えに来た』と口々に言いました。とても元気な仔でしたが叔母の通夜では私たちと一緒に悲しんでいるようにも見受けられました。叔母は自分が苦しくても愛犬だけは可愛がっていたのが切ないです。きっと今頃は天国で戯れている事でしょう。残された私たちの唯一の救いです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。