これが重要!お金をかけるべき犬の費用5つ

これが重要!お金をかけるべき犬の費用5つ

犬を飼っていると、さまざまなところでお金がかかってきます。「ここはあまりお金をかけなくても良かったな」というものがあれば、「ここはかけるべき!」というものもあります。では、どのようなものに費用をかけるべきなのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

お金をかけるべき犬の費用とは?

犬を抱き上げる女性

犬にかかる費用の中には、「そんなにかけなくても大丈夫」なものから、「ここは絶対にかけるべき」ものまであります。今回は、後者のお金をかけるべき重要な犬の費用についてご紹介します。

1.ペット保険料

最近ではさまざまなペット保険が充実していますが、犬を飼っているからといってペット保険は必ず入らなければいけないものではありません。しかし、ペット保険こそ、お金をかけてでも入っておくべきです。

例えば、ちょっとした病気で通院する際、さらに入院や手術をすることになると、高額な医療費がかかります。それをカバーしてくれるのがペット保険です。

中には「病気や怪我をする事がほとんどないから解約しちゃった」という飼い主さんもいますが、シニアに近付くにつれ、一気に病気や怪我、さらに健診の回数が増えてきます。そのたびに高額な医療費がかかるのは、保険料を払うよりも痛手です。

また、保険の中には、他人や他の犬、さらに他の家の車を傷つけてしまった際の賠償責任危険補償特約を付けられる保険もあるので、もしもの時にも心強いですよ。

2.ワクチン摂取・予防薬料金

注射を打つ犬

ワクチン接種の種類はいろいろありますが、狂犬病ワクチンは毎年必ず受けることを国が義務づけているため、犬の飼い主であれば必ず毎年受けさせなければいけません。

しかし、それ以外の混合ワクチンであったり、フィラリア予防薬投与などは義務ではなく任意です。そのため、料金を見て、「こっちは打たなくてもいいかな」と受けることをやめてしまう飼い主も中にはいます。

しかし、混合ワクチンで予防できる感染症にかかってしまうと死に至る危険性もあるため非常に危険です。また、完治しても後遺症が残る場合が多いため、お金がかかっても毎年しっかりワクチン接種することが重要です。

3.医療費

診察される犬

怪我や手術が必要な病気にかかってしまうと、病院で治療を受けなければいけません。そんな時、高額な医療費を請求されることがありますが、やはり大事な愛犬のためには医療費は惜しまないようにしてあげたいものです。

ここで先ほどのペット保険が適用されますが(すべての病気や治療に適用されるとは限りません)、もしもペット保険に入っていなければ高額な医療費を全額支払わなければいけないため、治療を断念するという決断を下さなければいけなくなってしまう恐れもあります。

大事な家族の一員である愛犬の医療費は、できる限りお金をかけるべきです。なるべく良質な治療を受けるためにも、日頃からペット保険でカバーする準備をしておくべきでしょう。

4.ドッグフード

ドッグフード

ペットショップに立ち寄ると、さまざまなおもちゃが販売されているので、どうしても可愛い愛犬のために買って帰ってしまいがちですよね。しかし、おもちゃにかけるのであれば、ドッグフードにお金をかけてあげるべきです。

ドッグフードも最近では種類が充実していますが、安すぎるドッグフードの中には4Dミートと呼ばれる不衛生な肉が使われていることもあります。

また、アレルギーを持つ犬の場合は、アレルギーに対応したドッグフードを選ぶ必要があります。「高いから」と躊躇し、アレルギーに対応していないドッグフードを食べさせてしまうと、皮膚が炎症を起こすなど様々な症状を発症してしまいます。

価格が高くても、愛犬に合ったドッグフードを選んであげることが、愛犬の健康を保つために重要ですよ。

5.シャンプー

シャンプーする犬

シャンプーもお金をかけるべき、というよりも、しっかり良い商品を選ぶべきです。犬のシャンプーは雑貨扱いであることをご存知でしょうか。そのため、使われている材料や成分を表記しなくていいのです。

すると、犬用シャンプーの中には、実際にどのような成分が含まれていてもわかりません。中には、洗濯洗剤と同じ成分の犬用シャンプーもあるほどです。

そのため、少し価格が高くても、商品のパッケージにしっかり使われている材料が記載されていたり、ホームページに詳しく説明が記載されているシャンプーを選ぶべきでしょう。

まとめ

カップルと犬の生活

いかがでしたでしょうか。もちろん、犬のおもちゃやおやつなど、娯楽に関係する部分にお金をかけることが悪いということではありません。しかし、そこにお金をかける前に、まず愛犬の健康を保つ部分にお金をかけることが大切です。ぜひ今回ご紹介した部分は重要視してくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    我が家も当初は、トリミングサロンへと考えてたのですが、どの子(3匹)も長毛ではないし、毛をカットする必要もないので思い切ってトリミングテーブルとドライヤーを購入しました。
    3匹のシャンプーなどは大変ですが、トリミングサロンの費用が浮く分、他へ回せます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。