臆病な犬に絶対してはいけないNG行為4つ

臆病な犬に絶対してはいけないNG行為4つ

犬の性格は十犬十色。何でもない物や音にも敏感に反応し、ビクビクしてしまう臆病な性格の犬もいます。そして、臆病な性格の犬に絶対してはいけない行為があります。それはどのような行為なのでしょうか?この記事では、臆病な犬に絶対してはいけないNG行為をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

臆病な犬の特徴は?

ブランケットをかぶるフレンチ・ブルドッグ

人間がそうであるように、犬の性格もそれぞれ違います。遺伝的な要素と環境的な要素が犬の性格を作り上げ、好奇心旺盛な犬もいれば、臆病な犬もいます。社会化期(生後3週目~12週目まで)に刺激のない環境で育った経験不足の犬は、臆病な性格になりやすいと言われています。

臆病な性格の犬には

  • 初めての場所では固まってしまう
  • 物音に敏感に反応する
  • 他人や他犬が近寄ると、逃げることが多い
  • いつもと違う散歩コースは歩くのを拒否する

といった特徴が見られます。

臆病な犬はちょっとしたことにも怯えてしまうので、接し方に注意する必要があります。NGな行為をしてしまうと、臆病に拍車をかけてしまうことも。そこで今回は、臆病な犬に絶対してはいけないNG行為をご紹介したいと思います。

臆病な犬に絶対してはいけないNG行為①過保護にする

女性に抱き締められるラブラドール・レトリーバーの子犬

愛犬が臆病な性格だと、飼い主としては守ってあげたくなるものです。しかし、愛犬が外を怖がるからといってあまり家の中から出さない、散歩をするときはいつも抱っこといった具合に、愛犬を必要以上に守り過ぎるのはNGです。このように過保護にしてしまうと、愛犬をさらに臆病にし、飼い主さんがいないと何もできない犬になってしまう可能性があります。

臆病な犬に絶対してはいけないNG行為②無理強いをする

怖がる女性に威嚇するミニチュア・ピンシャー

臆病な愛犬を過保護にするのはNGですが、苦手なものに慣れさせようとして、無理強いをするのもNGです。臆病な犬は、他人や他犬は怖いから近づきたくないと思っていることが多いです。でも、飼い主さんは「フレンドリーになってほしい」という考えから、無理に人や犬に近づけてあいさつさせようとしてしまいがちです。

こうした無理強いは、ますます人嫌いや犬嫌いを助長させることになるので、やってはいけない行為です。恐怖心から、相手を噛みついてしまうこともあります。苦手なものに慣らしてあげるのはいいことなのですが、あくまでも愛犬のペースに合わせて、おやつなどを使いながら少しずつ慣らしてあげることが大切です。

ビクビクしているよその犬とふれあうときも、かわいいからといって無理やり撫でるようなことは避けましょう。

臆病な犬に絶対してはいけないNG行為③怖がっているときに叱る

怯えた表情で姿勢を低くする子犬

臆病な犬はちょっとした物音にも怯えることが多く、飼い主さんは「どうして、何でもないことをいちいち怖がるの?」と、イライラしてしまうこともあるかもしれません。でもだからといって、怖がっている愛犬を叱ってはいけません。叱っても決していい結果はもたらされず、愛犬の恐怖を増長させて状況を悪くするだけです。場合によっては、愛犬との信頼関係が崩れることにもなりかねません。

臆病な犬に絶対してはいけないNG行為④一緒になって怖がる

抱きしめられて安心している犬

愛犬が怖がるものと、飼い主さんが怖いものが一致する場合があります。例えば、雷の音が苦手な犬と人は多いです。

では、雷が鳴って愛犬が怖がっているときに、飼い主さんも一緒になって怖がってしまったらどうなるでしょうか?愛犬は誰を頼っていいのか分からず、余計に怖くなってしまいます。

雷に限らず愛犬が怖がっているときは、飼い主さんは落ち着いた普段通りの態度を見せて、愛犬に安心感を与えてあげなくてはいけません。愛犬が臆病であるほど、その必要があります。

まとめ

不安げに見上げるチワワ

臆病な犬には苦手なものが多く、愛犬が臆病な性格である場合は、それらのものから守ってあげたくなりますが、過保護にするのはよくありません。かといって、苦手なものに無理やり慣れさせようとするのもNGです。

時間はかかりますが、愛犬のペースに合わせて、ゆっくりと慣らしていくことが大切です。苦手なものが多いとストレスもたまりやすいので、少しずつ苦手なものを減らしていってあげましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    どんな性格でも過保護も無理強いはよくありません。犬にも得意不得意があるので犬の性格を理解して無理のない範囲でならしていきましょう。最後に記載されてことは私にはとても重要なことです、臆病な犬だけに限らず躾、生活のうえで信頼されるためです。一緒になって怖がるよりもの動じない冷静で落ち着いて行動する人に犬は信頼をおきます。犬に信頼されることは全てにおいて重要なので犬に信頼される飼い主になって下さい
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。