周りに迷惑をかける『過剰な愛犬家』がしているNG行為3つ

周りに迷惑をかける『過剰な愛犬家』がしているNG行為3つ

「ペットは家族」という意識が向上した一方、犬への行き過ぎた愛情で周りに不快感を与えてしまう飼い主さんも。気付かぬうちに「過剰な愛犬家」になっていないか今一度考えてみましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.赤ちゃん言葉で腹話術…

犬のパペット

私の知人(猫好き)の話ですが、ある日の朝、ゴミ出し場所で犬を連れたご近所さんと会ったそうです。「おはようございます。ワンちゃん、かわいいですね」と挨拶をしたところ、ご近所さんはいきなり愛犬を抱っこしたかと思えば、愛犬の手を動かしながら、「ボクは○○君です!よろちくね♡」と赤ちゃん言葉で話し始めました。

知人は、いきなりご近所さんが赤ちゃん言葉になったことに動揺したそうです。飼い主さんからしてみれば愛犬は家族の一員なので、彼らとの意思疎通もお手の物でしょう。しかし、行き過ぎた擬人化は、はたから見たらチョット奇妙な人になってしまっているかもしれません。よりによって知人は猫派な人なので、ご近所さんの腹話術に付き合うのが大変だったそうです。

2.よその子のフードにダメ出し

イラストの人に批判されて耳を塞ぐ男性

フードの品質は良いに越したことない。でも…

私自身、愛犬のフードにはある程度のこだわりがあります。我が家の愛犬は過去にひどいアレルギー症状を発症してしまったことがあったため、その頃からフードの原材料や添加物をチェックして用意するようになったことがきっかけです。

私は品質の良いフードと手軽に購入できるフードの違いを愛犬の体調の変化で感じているため、フードの品質をチェックして与えてあげること自体には賛成です。しかし、その価値観をほかの飼い主さんに押し付けるのはマナー違反であると思っています。

いくら最上級のフードを与えていても、病気になることはあります。品質の良くないフードを生涯食べ続けても健康な子もいます。こればっかりは、何が正解とは言い切れないと思います。

よそはよそ、うちはうち。

私もある飼い主さんが「そんなフードをあげてるの?!かわいそう!」とほかの飼い主さんに言われているのを目にしたことがあります。言われてしまった飼い主さんは、タジタジ…という様子でした。その飼い主さんの愛犬は特に病気もなくいたって元気そうなのに、まるでいじめているかのように言われてしまっていて、それこそかわいそうでした。

飼い主さんの価値観はそれぞれ違います。そして、犬のフードやおやつも星の数ほど種類があります。飼い主さんが愛犬のことを考えて選んだものが正解なので、ほかの飼い主さんんがとやかく言うのはいけません。

もしフード選びに悩んでいる飼い主さんがいた場合に、「こんなのあったよ!」「これが良かったよ!」というふうに教えてあげる程度に留めておいた方が無難かと思います。

3.みんなが犬好きだと思っている

犬を怖がっている男の子

私たちには「普通」でも…

我が子(愛犬)のことをほかの人がかわいがってくれたり、褒めてくれたりするととっても誇らしい気持ちになります。しかし、道行く人がみんな犬が好きとは限りません。

私は犬好きですが、大きな犬や威嚇している犬は怖いです。犬が苦手な人はもっと怖いのだろうと想像しています。
犬は猫と違って、飼い主さんと一緒に散歩をします。愛犬家である私たちからすればごく普通のことですが、犬が苦手な人は犬とすれ違うたびに怖い思いをしているかもしれません。

想像力を持とう

例えば、リードを目一杯広げて我が物顔で道を散歩していたり、他人に近付こうとした愛犬を制御したりしない飼い主さんもいます。「うちの子は絶対に噛まないから大丈夫よ~!」と言う方もいますが、そういう問題ではないのでは…?と首をかしげてしまいます。

散歩道ですれ違う人の中には、犬が苦手な人や犬の毛にアレルギーを持っている人、ぜんそくが出てしまうから動物と触れ合いたくない人など、様々な人がいるのです。愛犬家として、そのこともしっかりと心に留めておく必要があります。

まとめ

木に隠れてこちらを見つめる犬

飼い主さんにとって愛犬は世界一かわいい我が子です。最近では「ペットは家族の一員」という意識も向上し、犬に対する価値観が昔とは変わってきたと実感しています。

しかし、その意識が行き過ぎてしまうと、はたから見れば「過剰な愛犬家」になってしまう恐れがあります。他人と接する状況では少し冷静になって、自分の行動が周りの人に迷惑になっていないかを意識しなければいけません。飼い主さんの態度やマナーが犬の地位向上にもつながるということを忘れずに、周りの人に配慮して愛犬ライフを楽しみたいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 犬神家

    [周りに迷惑をかける『過剰な愛犬家』がしているNG行為]として、1.赤ちゃん言葉で腹話術…は別に問題視するほどの事だとは思いません。
    飼い主としては可愛い愛犬を褒められ嬉しく、そのような言動をとる方は多いと思います。
    その事に困惑し、他の人に話す愛猫家の方にむしろ疑問ですし、猫派からしたらとかいう表現もおかしいと感じました。世の中には、犬も猫も嫌いな人もいれば、どちらも好きな人もいますし、勿論どちらかだけという人もいるので、犬派か猫派かと2択化はどうかと・・。

    このような題材をすると、猫好きにも首を傾けるような行動や言動をする方はいるので、突っ込みたくなりますし、迷惑をかけている事ではなく、猫派さんとワンちゃんを連れていた方とのお付き合いの度が少ない上にワンちゃんの話を持ちかけた猫派さんの器の問題に感じます。
    (猫を飼われているご近所さん宅にお邪魔した際、同じように「~だニャー」と飼い主さんが話し出しましたが、可愛くて仕方ないんだろうなぁとしか感じませんでした)

    これは犬派だとか猫派だとかの問題ではなく、飼い主にとってその子がどういう存在位置にいるかなのではないでしょうか?
    しかも驚いたとか笑ってしまった程度なら良いですが、迷惑をかけ尚且つNG行為に取り上げられる事こそ問題だと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    人が通る時でもリードを短く持ち直さない、道の端を歩かない飼い主さんに言いたいです。
    噛まないから大丈夫って思ってるみたいだけど、お出かけ時や出勤の際の服にワンちゃんの毛がつくのは迷惑です。
    ワンちゃんに触りたい時は、声をかけますよ。ってね(笑)
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。