子犬にしてはいけない絶対NG行為5選

子犬にしてはいけない絶対NG行為5選

小さく愛らしい行動を見せてくれる子犬に、メロメロになってしまう飼い主は多いです。しかし、間違ったか主の行為によって、しつけ上、悪影響を与えてしまったり、恐怖心を与えてしまうことがあります。今回は子犬にしてはいけない絶対NG行為をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

子犬にしてはいけない絶対NG行為

こちらに向かって走るゴールデンレトリーバーの子犬

子犬期は、犬の成長にとってとても重要な期間です。どのような環境で、どのように育てられたかにより、後天的な性格が決まる時期とも言われています。そんな重要な子犬期に、絶対にしてはいけないNG行為をご紹介します。

1.大声で怒鳴りつける

おびえて姿勢を低くする子犬

子犬期は、飼い主との信頼関係を深めるためにも重要な時期です。そんな時期に、子犬が必要以上に怯えるような行為をしてはいけません。「怖い人」という印象が根付いてしまうと、その後もなかなか印象を変えることができず、信頼関係を築きにくくしてしまう恐れがあります。

子犬が飼い主に対して怯えるようになってしまう飼い主のNG行為の1つが、『大声で怒鳴りつける』という行為です。まだ失敗やいたずらの多い子犬には怒ってしまいがちですが、必要以上に大きな声で怒鳴りつけるのは、逆効果となってしまうのでやめましょう。

2.叩くなどの暴力を振るう

「飼い主は怖い」という印象を持たれてしまうことで、その後の飼い主との関係性にも深くかかわってくるという話をしました。『大声で怒鳴る』という行為よりも、さらにしてはいけない行為が暴力です。

これは動物虐待では、と思われるかもしれませんが、今現在でも「しつけ」と称して叩いたり、蹴ったりする飼い主がいるのは事実です。暴力で支配することができても、それは本当の信頼関係ではありません。恐怖に怯えながら、これから過ごさなければいけない子犬の気持ちを考えてください。

3.自分より高い位置まで抱き上げて遊ぶ

犬を高く抱き上げる女性

子犬は軽いので、高く持ち上げやすいです。そのため、「高い高い」をしてしまう飼い主がいますが、この行為もNGです。その理由は2つあります。

1つは犬の体に負担をかけてしまうからです。特に子犬期は成長期なので、この時期に負担をかけ、損傷してしまうと、後々生活に支障が出る恐れもあります。
2つ目は、まだ何もわからない子犬が、本能的に飼い主が格下の存在であると勘違いしてしまう可能性があるからです。飼い主より高い位置に子犬を持って行くことで、子犬は飼い主を見下ろす状態になります。

犬の世界では、上位の犬が下位の犬を見下ろすような仕草をすることで、優位性を示す習性がありますので、子犬に高い高いをすることを習慣づけてしまうと、「自分の方が偉いのかも」と勘違いする可能性があるのです。

4.自分のお腹の上で遊んだりスキンシップを取ったりする

犬をお腹の上に乗せて遊ぶ少女

「自分の方が飼い主より偉い立場なのかも」と勘違いさせてしまう行為として、「高い高い」を取り上げました。もう1つ、飼い主がしがちなお腹の上に乗せるという行為も同様です。

こちらも飼い主の上に乗ることで、「自分の方が優位である」ことを示す習性とリンクしてしまいます。これは子犬だけでなく成犬にも言えることです。

何度も寝転がった飼い主のお腹の上に乗せることで、「自分はこいつの上に乗っているから、こいつよりも上の立場だ」「こいつは俺の下にお腹を上にして寝転がっているから、降参している」と勘違いしてしまいます。

5.嗜好性の高いおやつやごはんを与えすぎる

飼い主の手からおやつをもらう犬

可愛い子犬には、嬉しい思いをしてほしいと考える飼い主は多いです。そのため、嗜好性の高いおやつや犬用ごはんを与える飼い主さんもいるでしょう。

しかし、このような嗜好性の高いおやつやごはんは、たまのご褒美として与えてください。子犬期の味覚は成犬になっても残りやすいため、この時期に美味しい物ばかりを食べているとグルメ犬になってしまいます。

すると、成犬になってからも普通のドッグフードを食べなくなり、嗜好性の高いおやつやごはんばかりを食べるようになります。経済的にも厳しいですが、何よりそのような食生活では、肥満になりやすいです。肥満になると様々な病気を発症しやすくなるので、子犬の時期から正しい食生活を身に付けさせることが大切です。

まとめ

草原を走り回る子犬たち

いかがでしたでしょうか。子犬期には、子犬が怯えるようなことをしたり、「自分の方が立場が上である」と勘違いしてしまったりする行為はNGです。また、食生活も今後のことを考え、あまり贅沢な物を与えすぎないよう注意しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。