犬が緊張してしまうタイミング4つ

犬が緊張してしまうタイミング4つ

犬はどんなときに緊張する?『犬が緊張してしまうタイミング』をまとめました。緊張しているとき、犬が送っているサインについても解説しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が緊張してしまうタイミング①「他の犬と出会ったとき」

不安そうな表情をした犬の顔アップ

お散歩中、他の犬とすれ違うことがありますね。遠くに見知らぬ犬がいることに気づいたとき、犬は警戒し、緊張した状態になることがあります。

警戒心が強い犬・神経質な犬・怖がりな犬は、特に強く緊張し、身動きが取れなくなってしまい、その場にうずくまってしまうこともあります。

愛犬や相手の犬の様子をうかがい、あまりにも緊張していたり、不安がっていたり、威嚇するようなことがあれば、すれ違わない方が良いかもしれませんね。しかし、見知らぬ犬とすれ違うことにも慣れさせておきたいものですよね。

犬が緊張しているサイン「あくびをする」

あくびをしていると、眠いのかな?退屈なのかな?と感じてしまいますが、犬は緊張しているときにも大きなあくびをすることがあります。緊張している自分の気持ちを落ち着かせるための行動なんです。

緊張したことでストレスを感じ、しきりにあくびをすることで、ストレスを緩和させようとすることもあります。

犬が緊張してしまうタイミング②「トリミングや病院へ行くとき」

病院の診察台の上で伏せている犬

トリミングや病院へ行くとき、ほとんどの犬が緊張してしまうのではないでしょうか。愛犬に、これからトリミングや病院へ行くんだということが悟られてしまったとき、愛犬の様子に変化を感じたことはありませんか?緊張しているサインがみられるかもしれません。

犬が緊張しているサイン「目をそらす」

緊張しているとき、決して飼い主さんと目を合わせまいとし、スッと目をそらすことがあります。不安や恐怖やストレスを感じ、直視したくない気持ちでいるのかもしれません。

トリマーさんや獣医さんと目を合わさないようにする犬もいます。私も「〇〇ちゃん、私とは絶対に目を合わせてくれないんです」と、獣医さんに言われたことがありました。

犬が緊張してしまうタイミング③「預けられるとき」

ケージの中から見つめるシーズー

飼い主さんの仕事の都合などで、ペットホテル・動物病院・家族・友人・知人など、犬を預けなければならないことがあるかもしれません。慣れない環境におかれるわけですから、犬はとても緊張した状態で過ごさなければなりません。

犬を預けることが多い生活環境にあるのであれば、預ける場所や相手は、ひとつに絞っておくと良いかもしれません。そうすることで、犬も少しずつ慣れ、緊張やストレスも軽減されます。

犬が緊張しているサイン「しきりに手を舐める」

ケガをしているわけでもなく、汚れているわけでもないのに、しきりに手を舐めることがあります。それは、緊張しているサインです。預けられている間、ずっと手を舐めて過ごしている犬もいるかもしれません。

日常的に舐める犬の場合、その部分だけが脱毛してしまったり、皮膚に炎症が起きてしまったり、出血してしまうこともあります。何に緊張しているのかを理解し、改善してあげる必要があります。

犬が緊張してしまうタイミング④「爪を切られるとき」

爪切りをされているチワワ

ほとんどの犬が爪切りを苦手としていますよね。爪切りが大好き!爪切りは楽しい!という犬はいないかもしれません。爪切りのあと、おやつがもらえるから我慢する、という犬はいるとおもいます。

犬にとって、爪切りは緊張の時間です。ジッと耐える犬もいれば、鳴いて騒ぐ犬もいます。月に1回程度のことなのですが、強い緊張とストレスを一気に感じる時間ですよね。

飼い主さんが爪切りを苦手としている場合、トリマーさんや獣医さんなど、爪切りに慣れているプロの方に切ってもらった方が、緊張が緩和されることもあります。

犬が緊張しているサイン「耳を後ろに倒す」

爪切りをしている間、ずっと耳を後ろに倒したままでいることがあります。緊張しているサインでもありますし、不安や恐怖を感じていることもあります。

緊張しているからといって、サッと終わらせるために急いで爪を切るよりも、優しく声をかけながら、ゆっくり切ってあげた方が落ち着いて切れることもあります。

まとめ

キュッと口を閉じたパグの顔アップ

犬が緊張してしまうタイミングには、

  • 他の犬と出会ったとき
  • トリミングや病院へ行くとき
  • 預けられるとき
  • 爪を切られるとき

などがあります。

「緊張しているよ…」というサインを出してくれているときもあります。サインに気づいたときは、その緊張やストレスを少しでも緩和してあげることができるよう、対処してあげたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。