遊びを通してできる犬へのしつけ2つ

遊びを通してできる犬へのしつけ2つ

『遊びを通してできる犬へのしつけ』をまとめました。しつけが上手くいかずに困ったときは、遊びを通したしつけを行ってみてください。犬も楽しみながら行うことができれば、習得も早いです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.おもちゃを使って『放せ』を教えてみよう!

飼い主の持つロープのおもちゃを引っぱる犬

犬に「放せ」をしつけることは、とても重要なことです。おもちゃを使って、楽しく遊びながら行ってみましょう。犬が口にしてはいけないものを咥えてしまったとき、飼い主さんの「放せ」の指示に従うことができれば、誤飲などの事故やケガを防ぐことができます。

おもちゃで遊んでいたとき、飼い主さんがおもちゃを取り上げようとすると、唸り声をあげて抵抗する犬もいますよね。そんなときも、「放せ」のしつけを行っておくことで、“もう遊びの時間は終わりですよ”という合図にもなります。

おもちゃは飼い主さんの意思で与えましょう

おもちゃを使って「放せ」をしつけたいときは、飼い主さんの意思によって、おもちゃを犬に与えるようにします。部屋のあちこちにおもちゃを置いておくのではなく、どこかへ片付けておき、しつけや遊びの時間になったら取り出してあげます。

「放せ」の練習を始めるときにおもちゃを取り出し、“おいで”と呼び、犬が飼い主さんのもとへやってきたら、ご褒美としておもちゃを与えます。そして、そのおもちゃを使って、思いっきり遊んであげてください。

「放せ」の合図の言葉を決めましょう

「放せ」でも良いですし、「ちょうだい」や「アウト」でも良いです。言葉はひとつだけにし、家族で共有するようにしましょう。毎回、言葉が違ってしまうのでは、犬は混乱してしまいます。一度決めた言葉は、その後もずっと使い続け、途中で変えてはいけません。

おもちゃを使って、思いっきり遊んだあと、「放せ」の合図を出し、おもちゃを放すことができたら、ご褒美を与えます。大げさに褒めてあげるだけでも良いですし、おやつを与えても良いです。最終的には、ご褒美のおやつがなくても、指示に従うことができるようになるのが理想です。

おもちゃ以外でも試してみましょう

おもちゃを使って「放せ」の指示に従うことができるようになったら、他のものを使っても「放せ」の指示に従うことができるかどうか、試してみましょう。もしかすると、おもちゃは放すけれど、他のものだと放さない、なんてことがあるかもしれません。

2.おもちゃを使って『持って来い』を教えてみよう!

ボールをくわえて向かってくる犬

おもちゃを使って「持って来い」をしつけることには、犬の問題行動を防ぐことと、犬の本能を刺激しながら遊びを通して教育をすることの、2つの意味があります。飼い主さんとのスキンシップやコミュニケーションになります。犬の本能を刺激することで、犬の心を満たしてあげることができます。飼い主さんとの信頼関係や主従関係も上手く築き上げることができ、犬が満たされることで問題行動が起きにくくなります。

おもちゃを使って「持って来い」をしつける方法

例えば、ソファーにおもちゃ(ボール)を置き、ボールに指を差しながら、犬に「ボール持って来て」と合図を出します。飼い主さんのもとにボールを持ってくることができればOKです。レベルアップさせたいときは、ソファーにおもちゃを数種類置きます。ボール・ロープ・ぬいぐるみ・コングなど。その中から、飼い主さんが指示したおもちゃを持ってくることができればOKです。

「探せゲーム」をしてみよう

「持って来い」ができるようになったら、さらにレベルアップした「探せ」をしつけてみましょう。おもちゃをどこかへ隠し、探し出し、飼い主さんのもとへ持ってくるゲームをします。はじめは、中におやつを忍ばせておくことができるコングがおすすめです。おやつの匂いを頼りに探しやすくなります。特に、犬の嗅覚を刺激してあげることができます。

まとめ

輪のおもちゃをくわえた子犬

遊びを通してできる犬へのしつけについて、

  • おもちゃを使って『放せ』を教えてみよう!
  • おもちゃを使って『持って来い』を教えてみよう!

この2つを解説しました。

しつけを行いつつ、おもちゃを使って上手に遊ばせてあげることで、犬はどんどん賢くなります。飼い主さんとの絆も深まり、しっかり指示に従うことができるようになります。問題行動の防止にもなり、困りごとや悩み事も少なくなります。ぜひ、おもちゃを使って、楽しく遊びながらしつけを行ってみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。