勘違いは危険!愛犬への愛情と甘やかしの違い3つ

勘違いは危険!愛犬への愛情と甘やかしの違い3つ

犬の正しいしつけには「愛情」と「甘やかし」を区別することが重要です。今回は、犬への正しい愛情のかけ方について考えてみたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

「甘やかす」とはどんなこと?

手を噛む柴犬

犬はさまざまな「要求」をする

犬と一緒に生活していると、愛犬が飼い主さんにさまざまなアピールをしていることに気が付きますね。犬は知能が高く社会性のある動物なので、自分の感情や要求を相手に表現します。

例えば…

  • 「それ、ボクも食べたいなぁ!」
  • 「ボクもお外に連れて行って!」
  • 「遊ぼうよ!」

などのポジティブな要求もあれば、

  • 「これは食べたくないよ…」
  • 「そこは触らないで!」
  • 「爪切りはイヤだ!」

などのネガティブな要求をすることもあります。

要求が問題行動に発展することも

例えば、飼い主さんが食べているお菓子を「ボクも食べたい!」と要求している場合を見てみましょう。

多くのワンちゃんは、おいしそうにお菓子を食べている飼い主さんに

  • じーっと見つめる
  • 飼い主さんの腕や足に自分のアゴや手を乗っける
  • 周りをウロウロする
  • 自らオスワリやお手などの芸をする

などの行動で「ちょうだい」のアピールをすることと思います。

しかし、このアピールの行動がエスカレートしてしまうと

  • 吠え続ける
  • 噛む
  • タックルしてくる
  • 暴れる
  • 服を引っ張る

などの荒い行動をしてしまうことも。

犬は感情や要求をアピールすることで集団で生きていく習性のある動物ですが、アピールの度が過ぎてしまうと問題行動へと発展してしまいます。

問題行動を止めさせようとして要求を許してしまうと…

要求のアピールが問題行動に発展してしまうと、飼い主さんも困ってしまいますよね。

しかし、要求のために吠え続けたり暴れたりする問題行動を止めさせようと犬の要求をすべて叶えてしまうのは逆効果です。犬は「吠えれば要求が通る」などと認識してしまうことで、ことあるごとに問題行動を引き起こしてしまいます。

こうなってしまうと、見事に愛犬が「わがままなワンちゃん」になってしまいます。

最初は「欲しいと言っている愛犬がかわいそうだから」という愛情だったはずなのに、もはや「甘やかし」となってしまうのです。

「愛情」と「甘やかし」の違い3つ

指を立てて犬をしつけする人

犬に「NO」と言うこと

  • 適度な散歩
  • トイレの清潔さ
  • 適度なごはん

このような、犬が生きる上で必要なことを叶えてあげることは飼い主の愛情と言えますし、飼い主の義務でもあります。

しかし、犬の「わがまま」をすべて叶えてあげることは愛情ではなく甘やかしです。

愛犬の喜ぶ顔が見たいというのは当然ですが、愛犬がいけないことをしたらきっぱり「NO」と言えることも愛情なのです。

過保護にならないこと

  • お散歩の途中で歩かないから抱っこをしてあげる
  • ごはんを食べないから口元まで持っていって与える
  • ひとりにすると吠え続けるから一緒にいてあげる

これらは一見「愛情」に見えますが、結果的に「飼い主が一緒でないと何もできない犬」にしてしまう原因となる行為です。

体調不良などの仕方がない場合以外、犬の自立心を育んであげることも飼い主さんの愛情です。

本当に愛犬のためになっているかどうか

ドッグフードよりも人間の食べ物の方が魅力的に感じるワンちゃんも多くいます。また、ドッグフードよりも犬用のおやつの方が好きな子も多くいます。「フードを食べないから、代わりにおやつをあげる」なんてお母さんもチラホラいらっしゃいます。

おいしそうに食べている仕草や表情がかわいくてついつい与えたくなってしまいますが、愛犬の健康を考えると良くない「甘やかし」の行動であると理解できるはずです。

このように「本当に犬の幸せのためになるのか?」ということを考えた行動をすることが愛情です。

まとめ

ハイタッチする犬と人

犬と接する上で「愛情」と「甘やかし」の違いは、その行動が本当に犬の幸せのためになるのかということであると思います。「吠えるのを止めさせたいからおやつをあげる」というような行動は、即席的に問題行動がおさまったとしても根本的な解決とはならず、逆にわがままな犬にしてしまうという結果になってしまいます。正しい接し方で愛犬と接することこそが飼い主の本当の愛情なのです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    甘やかしが犬の幸せになることはありません。楽があり苦があるのがこの社会です。どんなときでも信頼される飼い主がいることが犬にとっての幸せです。犬を幸せにするには飼い主であるあなたが信頼されなければいけません。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。