あなたの愛犬はどう?犬が家の中でかくれがちな場所5つ

あなたの愛犬はどう?犬が家の中でかくれがちな場所5つ

『犬が家の中でかくれがちな場所』をまとめました。その場所で隠れて何をしているのか、なぜその場所に隠れたいのか、理由についても解説しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が家の中でかくれがちな場所①「棚の横や隙間」

白い棚の横のポメラニアン

リビングや寝室に置いてある棚の横や隙間に入って、寛いだり、眠ったり、おやつを食べたり、おもちゃで遊んだり。身を隠しているつもりなのかもしれませんが、意外と飼い主さんに発見されてしまいやすい場所ですよね。隠れておやつを食べたいのかもしれません。隠れてひとりでゆっくり寛ぎたいのかもしれません。

犬が家の中でかくれがちな場所②「ベッドの下」

ベッドの下から顔を出す犬

どこ行ったかなぁ…と探していると、ベッドの下に隠れている確率、高くありませんか?犬は、本能や習性によって、狭くて薄暗い場所を好む傾向にあります。

ベッドの下って、狭くて薄暗いですよね。そのため、犬が落ち着いて過ごすことができる場所なのだと思います。ベッドの下に、お気に入りの物を隠しておく犬もいます。自分のおもちゃやおやつだけではなく、飼い主さんの靴下やスリッパ、玄関から持ち込んだ靴などを隠す犬もいます。

犬が家の中でかくれがちな場所③「椅子の下」

椅子の下にいる白い巻き毛の犬

椅子には4つの脚がありますよね。小さな椅子だと、ベッドの下よりも、さらに窮屈な場所だと思うのですが、なぜか隠れ場所として好む犬が多いようです。

小型犬であれば、カラダを丸くして隠れるのに、ちょうど良い狭さなのかもしれません。明らかにおかしな体勢で、椅子の脚にカラダが食い込んでしまうほどなのに、どうしてもその場所に隠れたい大型犬もいますよね。

カラダが痛くなってしまったり、出られなくなってしまわないものかと心配になります。スッと立ち上がろうとして、頭をゴツンッと強打してしまわないかもヒヤヒヤしますよね。

犬が家の中でかくれがちな場所④「紙袋や箱の中」

箱の中から様子をうかがっている犬

猫には、袋や箱に隠れるというイメージがあるのですが、犬にも、紙袋の中や箱の中に隠れることが好きな犬がいます。狭くて薄暗くて、カサカサという音が楽しいのかもしれません。身を隠すというよりは、遊んでいる感覚なのかもしれません。

意外な場所から見つかったとき、飼い主さんが驚いてくれたり、笑ってくれたり、良い反応をしてくれるから、その場所が好きだという犬もいるのではないでしょうか。

犬は、飼い主さんが楽しんでくれることや、喜んでくれることをしてあげたい、と思っている生き物です。もし、紙袋の中や箱の中に隠れていたときは、オーバーリアクションで楽しんであげてみてくださいね。きっと、犬も喜んでくれると思います。

犬が家の中でかくれがちな場所⑤「カーテンの裏」

カーテンの隙間から見える犬のマズルと手

カーテンの裏に隠れて、隙間からジーッと飼い主さんの様子をうかがうことが好きな犬がいます。なぜ、隠れて見ているのかというと、飼い主さんに構って欲しいからなんです。

ちょっと不器用な性格なのかもしれませんが、普段とは違うことをして、何とか飼い主さんの気を惹きたいのです。愛犬の姿が見えないと、飼い主さんは必死に探しますよね。そのことが嬉しいのです。

もしくは、大好きな飼い主さんの様子をこっそり見つめることで、幸せを感じているのかもしれません。お留守番の間、カーテンの裏に入って、外の様子を眺めたり、飼い主さんの帰りを待つ犬がいますね。そのことが、いつの間にか癖になってしまい、カーテンの裏にいることが心地よくなってしまったのかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。