人間とは大違い!犬にとっての『NG習慣』5選

人間とは大違い!犬にとっての『NG習慣』5選

人間にとっては当たり前でも、犬にとっては悪影響を及ぼしてしまう習慣が存在します。「よかれと思っていたのに」という事態を引き起こす恐れもあります。今回はそんな犬にとってのNG習慣をご紹介していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にとってのNG習慣

女性の足に顔を乗せる犬

愛犬との生活の中には、毎日行う習慣が多くあります。その中でも犬にとって悪影響を及ぼすNG習慣は、意外と飼い主がやりがちな習慣ばかり。そこで、今回は犬にとってのNg習慣を5つご紹介します。よかれと思ってやっていたことも、実はNG習慣かもしれません。

1.要求に応えすぎてしまう

可愛い愛犬のために、と飼い主が最もやりがちなNG習慣が、愛犬からの要求にコタ会えすぎてしまうこと。愛らしい愛犬に「おやつがほしい」「もっと散歩したい」「構ってほしい」と雨られてしまっては、その要求に応えたくなってしまいますよね。

しかし、毎回毎回、すべての要求に応えてしまうと、犬は「飼い主はお願いすればなんでもしてくれる」と勘違いしてしまい、わがままになってしまいます。

エスカレートすると、自分の方が上の立場だと錯覚し始め、飼い主の言うことをまったく聞かなくなってしまう犬になりかねません。いざという時、飼い主の言うことを聞けないのは問題なので、愛犬からの要求は適度に応えるようにしましょう。

2.散歩で犬のペースに合わせすぎてしまう

犬の散歩

散歩を愛犬のペースに合わせて行う飼い主もよく見かけます。どうしても愛犬が行きたい方向へ行ってあげたり、愛犬が歩きたくないと足を止めれば止めてしまうなど、愛犬のペースに乗せられがちです。

しかし、これも愛犬のペースに合わせすぎてしまうと、犬は「自分が飼い主を散歩に連れて行っている」という感覚に陥り、犬が主導の生活へと変わってしまいます。

自分がリーダーだと錯覚してしまうと、家族を守らなければという強い使命感が生まれ、他者へ攻撃的な姿勢をとるようになる犬もいます。気を付けましょう。

3.ごはんを食べないからと別の物を与えてしまう

ごはんを待つ犬

犬も性格は様々なので、中にはグルメな犬もいます。そのため、同じドッグフードだと飽きてしまい、「これは嫌」とごはんを出しても食べないことがあります。

「食べないから仕方がない」とそれに替わるような美味しい食事やおやつを与えてしまうと、それがクセになってしまい、「嫌がればもっと美味しい物がもらえる」と学習してしまいます。

犬がわがままでごはんを食べない時は、2~3分食べなければ片付けてしまってください。そして、また次のごはんの時間に再度出してあげましょう。

そうすることで、「その時に食べないとごはんがもらえない」「食べなくても他の美味しい物が出てこない」と学習し、しっかりドッグフードを食べてくれるようになりますよ。

4.シャンプーを週に何度も行ってしまう

シャンプーをする犬

愛犬に清潔でいてもらいたいと、よかれと思ってシャンプーを週に何度も行うご家庭もあるでしょう。しかし、実はシャンプーのし過ぎは犬にとってあまり良くありません。

犬は人間よりも皮膚が薄く、肌が弱い動物です。そのため、シャンプーをしすぎると皮膚のバリア機能が失われ、皮膚炎を発症してしまいます。

シャンプーは犬種によって適切な頻度が異なりますが、1~2週間に1度、中には1ヶ月に1~2度で良い犬種もいますので、シャンプーのし過ぎには注意しましょう。

5.耳掃除を綿棒で毎日行う

耳掃除を毎日の日課としてこまめに行っているご家庭は意外と多いです。耳をきれいにしてあげないと、中耳炎や外耳炎になりそうで心配ですもんね。しかし、犬の場合、あまり耳掃除をするとかえって皮膚を傷つけてしまい、外耳炎を引き起こす恐れがあります。

基本的に犬の耳掃除はあまりすることはせず、毎日観察し、赤みや腫れがないかを確認する程度で問題ありません。

何か異変が生じているときには、病院へ連れて行き、獣医さんに診察してもらってから適切な処置をしてもらいます。トリミングサロンによっては、トリミングした後に耳掃除をしてもらえるところもあるので、プロの方にお願いした方が安全でしょう。

まとめ

女性とじゃれ合う子犬

いかがでしたでしょう。よかれと思ってやっていたことであっても、中には愛犬に悪影響を与えている習慣があります。今回ご紹介した習慣を行っていたという飼い主さんは、今日からその習慣を見直し、愛犬とより良い関係を築きましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    正しい知識を持ってる人には当たり前のことだと思います。あくまで主導権を握るのは飼い主です。どんなときでも指示に従えるよう普段の生活から見直してみましょう
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。