犬の『突然死』につながるNG行為2つ

【獣医師監修】犬の『突然死』につながるNG行為2つ

この記事では「犬の『突然死』につながるNG行為2つ」をテーマに、犬の突然死につながってしまう行為についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1:拾い食い

寝ている犬とその前に置いてあるたくさんの食べ物

犬は人間と違い食べたらいけないものがいくつもあります。そして、それらを万が一食べてしまったら重大な事が起きてしまい最悪の場合、犬が死んでしまうかもしれません。

そしてその拾い食いのリスクは犬が行動できる家の中や散歩中などの全ての範囲で起こる可能性があります。

家の中だと犬が食べたらいけないネギやチョコレートなどがきちんと捨てたつもりでも隙間などに落ちていて、それを犬が見つけてしまい食べてしまうことがあります。

また、食べ物だけでなくおもちゃだと思って遊んでいたら釘やホッチキスなどの針が入っていて、それらを誤って食べてしまったり刺さってしまうこともあります。

散歩中だとさらに危険なものが外に落ちている事があります。

愛犬家の方にとって悲しいことですが、何者かがドッグフードに犬が食べたら死んでしまう化学物質を含有したものを公園に置いてそれを食べてしまい衰弱した後に死んでしまったという事が実際にも起こりました。

拾い食いをしないようにしっかりしつけをしても美味しそうなものや興味が湧きそうなものがあれば、どんな犬であれ食べてしまう恐れがあります。

2:偶然起きてしまったアクシデントや飼い主さんの不注意

飼い主の元を離れ一緒に走っている犬

拾い食い以外にも犬の突然死につながるNG行為があります。

偶然起きてしまったアクシデントや飼い主さんが予期もしない出来事が起こってしまった時です。

それらの出来事は日常にたくさん潜んでいます。

犬が高いところに登ろうとした際や別のところに飛び移ろうとしてジャンプした際に足を滑らせたり、着地が上手く行かずに打ちどころが悪く怪我をしてしまいそれが原因で死んでしまうことや、 ペットが遊んでいるおもちゃを破壊してしまい、部品や中綿を食べてしまい腸閉塞を起こしてしまうこともあります。

また、外の風を浴びさせようとしたり、外の風景を見せるために犬を抱えてベランダに出た際にきちんと犬を抱えていたつもりが、犬が何かの拍子に暴れてしまい誤ってベランダから転落してしまうこともあります。

散歩中も気をつけなければいけないことがあり、きちんと首輪をつけしっかりリードを握って散歩をしているつもりが何かのアクシデントから突然抜けたり、飼い主さんの手から離れてしまった犬が走り去り、通りかかった車に撥ねられてしまうこともあります。

まとめ

ぐったりして飼い主に手を握られている犬

いくら愛犬と長く一緒にいるために健康に気遣っていても、このような予期せぬことが起きてしまい犬が突然いなくなってしまうことがいつでもあり得ます。

常に気をつけているのであれば仕方のないことかもしれませんが、今まであまり気に留めていないのであれば、注意することにより犬を危険から守ることが出来るかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。