犬と正しいアイコンタクトをとる方法とは?

犬と正しいアイコンタクトをとる方法とは?

犬と信頼関係や上下関係を築いたり、しつけを行う際に大切となるアイコンタクト。愛犬とアイコンタクトをとれるようになると、トラブルや事故を防ぎやすくもなるのでぜひマスターすることをおススメします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

アイコンタクトとは?

口を開けてこちらを見つめる犬

突然ですが、アイコンタクトという言葉を聞くとどういったことをイメージしますか?おそらくほとんどの人は、『お互いに目を見つめる』ということを想像することと思います。このイメージは正解といえますが、犬とアイコンタクトをとる際にはもう1つ『注目させる』という大切な意味が込められています。

そして、このアイコンタクトを行って注目させるという行為は、様々なしつけやトレーニングを行う際の土台となるほど大切なものなのです。例えば、『おすわり』や『待て』、『お手』や『伏せ』といった基本的なコマンド(指示)を思い浮かべてみてください。
どれもはじめに犬とアイコンタクトをとって(目を見つめて)からコマンドを行っていますよね?つまり、アイコンタクトは愛犬と意思疎通を行ったりトレーニングを行ったりする際の基本的なものとなり、とても大切なものだということがお分かりになっていただけると思います。

アイコンタクトのメリット

様々なしつけやトレーニングを行う際に大切なアイコンタクトには他にもメリットがあります。愛犬とアイコンタクト(飼い主に注目させる)ができるようになると、散歩中他の犬とケンカしそうになった時に名前を呼び注目させることでトラブルを防げますし、愛犬がよそ見をして自転車や車などにぶつかりそうになった時、愛犬の名前を呼んでアイコンタクトをとることで事故を未然に防ぐことも可能となります。

また、愛犬が興奮しているときに名前を呼びながらアイコンタクトを行うと、意識を飼い主に向けさせることができるので、気持ちを落ち着かせることもできるのです。このようにアイコンタクトは意思疎通のための手段だけでなく、愛犬の危険やトラブルを防ぐことができる大切なものともいえますので、ぜひ少しずつ身につけるようにしましょう。

アイコンタクトを覚えさせるトレーニング方法

顔を出してこちらを見つめるヨーキー

飼い主の目を見つめると良いことが起きると覚えてもらう

では、アイコンタクトを覚えさせるためにはどうすればよいのでしょうか。よく行われているアイコンタクトのトレーニング方法としては、『名前を呼んで目を見てくれたらご褒美をあげる』という方法が簡単なトレーニング方法として知られています。

トレーニング法はいたってシンプルです。愛犬の名前を呼んだときに、目を見てくれたらトレーニングは無事成功となります。ご褒美としてオヤツをあげてください。この工程を何度も根気強く行うことで次第に愛犬は「名前を呼ばれたときに目を見たらご褒美をくれる」と思うようになり、少しずつ『名前を呼ばれたら目を見る(アイコンタクトをする)』ことを覚えていくのです。

慣れてきたら何かに集中しているときにトレーニングを行う

愛犬がアイコンタクトに慣れてきたら、何かに集中しているとき……例えば、オモチャに夢中になっているときや散歩中何かを気にしているときに名前を呼んで、アイコンタクトのトレーニングをしてみましょう。名前を呼んだときに愛犬がちゃんと反応して目を見てくれたら、言葉で褒めたりオヤツをあげたりして思い切り褒めてあげてください。トレーニングはひたすらこの繰り返しとなります。

最終的にオヤツをあげなくてもアイコンタクトをとってくれるようになるのが理想的なので、どんな状況のときでも愛犬がアイコンタクトをしてくれるようになったら、少しずつオヤツをあげる回数や量を減らしていき、言葉だけで褒める回数を増やしていきましょう。

焦らず気長にトレーニングすることが大切

アイコンタクトのトレーニングのコツは何といっても、焦らずに根気強く行うことです。もし名前を呼んでも飼い主の目を見てくれない場合は、無理やりトレーニングを行わないようにしましょう。なぜなら、無理やりトレーニングを行うと愛犬が名前を呼ばれることに嫌なイメージを抱いてしまうだけでなく、アイコンタクト自体にも嫌なイメージを持つようになり、アイコンタクトをとるのが難しくなってしまうからです。

アイコンタクトは楽しいこと(褒めてもらえる)というイメージを持ってもらうのが大切となります。トレーニングが上手くいかないときは無理をせずに一旦休んで、愛犬の様子を見ながらまたトレーニングを行うようにしましょう。焦らずに少しずつ時間をかけて行うことで愛犬とアイコンタクトを取れるようになると思いますよ。

まとめ

見つめながらハイタッチをする犬と男性

アイコンタクトは信頼関係を築いたりいろいろなしつけや指示を行ったりする上でとても大切なものとなるといえます。また、アイコンタクトができれば愛犬とより深い信頼関係を築くことができるようになりますので、ぜひ少しずつトレーニングをすることをおススメします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。