ついやりがち?犬の『リード』におけるNG行為2つ

ついやりがち?犬の『リード』におけるNG行為2つ

『犬のリードにおけるNG行為』として、問題視され続けている2つのことについてまとめました。みなさんも、ついやってしまっていることかもしれません。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬のリードにおけるNG行為①「許可されていない場所でのノーリード」

青いリードをくわえているジャックラッセルテリア

“犬のノーリード問題”をご存じでしょうか。公園や広場など、ノーリードが許可されていない公共の場所で、リードを外し、犬のお散歩や運動をさせる行為が問題視され続けています。
最近では、犬のお散歩や運動を禁止する公園なども増えていますが、もちろん、許可されている公共の場所もたくさんあります。犬のお散歩や運動を許可されているからといって、ノーリードが許可されているわけではないのですが、残念なことに、マナーを守ることができない飼い主さんが後を絶ちません。“今、誰もいないから大丈夫。”と、安易な考えを持っていませんか?

公園に入ろうと思ったけど、犬がノーリードで遊んでいたため、入ることができなかった、という方が周りにいらっしゃるかもしれません。ノーリードで犬を遊ばせていたことが原因で、苦情が殺到し、その場所が、犬のお散歩や運動禁止の場所になってしまうかもしれません。

うちの子はお利口さんだから大丈夫!は過信です

公園から出ることはない
呼べばちゃんと戻ってくる
他の犬や人とも仲良くできる
だから、うちの子はノーリードで遊ばせても大丈夫!

それは、飼い主さんの過信です。あなたの犬は大丈夫かもしれません。本当にお利口さんで、飼い主さんの指示に100%従うかもしれません。しかし、周りにいる人や犬は違います。小さな子供さんが、あなたの犬を叩いたり蹴飛ばしたりするかもしれません。他の犬が、あなたの犬を噛んでしまうかもしれません。
もし、ケガや事故が起きてしまったとき、その場所が公共の場所であり、ノーリードであった場合、全ては飼い主さんの責任です。愛犬が命を落としてしまっても、ただただ、全ては飼い主さんの責任なんです。

リードを手放すこともNG行為です

ノーリードではないものの、飼い主さんがリードを手放している様子もよく目にします。もちろん、ノーリードと同じくNGです。リードは、愛犬の命綱です。ノーリードにする行為、リードを手放す行為は、愛犬の命を危険にさらす行為であると考えると良いと思います。公共の場所には、犬にとって危険なモノもたくさん落ちています。飼い主さんが見ていないときに、誤飲してしまっているかもしれません。

犬のリードにおけるNG行為②「ロングリード または 伸縮リードの使い方」

赤い首輪とリードをつけて芝生の上を歩く犬

ロングリードや伸縮リードを使って、犬のお散歩や運動をされている飼い主さんをよく見かけます。他の人や犬とすれ違うときは「リードを短く持つ」というのがマナーです。以前、このようなことがありました。ロングリードでお散歩をしている犬が、こちらに近づいてきて、私の愛犬に噛みつこうとしたことがありました。相手がリードを短く持っていることを確認し、すれ違おうとしたところ、実は伸縮リードで、犬が走り出したと同時に伸び、こちらに向かって飛びかかってきたこともありました。

リードの長さの基本

公共の場所で犬のお散歩や運動をさせるときは、飼い主さんが犬をコントロールすることができる長さに持つことが基本です。もし、長く持って歩いていたのであれば、せめて、他の人や犬とすれ違うときは、サッと短く持ち変えるべきです。公園や広場などでリードを長くし、ボール投げを楽しむことがあるかもしれません。しかし、他に利用者がいる場合や、他の利用者が後から来られたときは、すぐにやめましょう。隅っこの方で遊ぶから大丈夫、という考えではいけません。

危険なケース

ロングリードでお散歩をしていた犬が、自転車とぶつかってしまったことがありました。幸い軽傷で済んだようですが、命にも関わる事故になりかねません。自転車に気づいた飼い主さんがリードを引いたのですが、長くしすぎていたため、間に合いませんでした。
公共の場所でロングリードでお散歩や運動をしていると、あなたが愛犬を失ってしまうことになるかもしれません。あなたの安易な考えと行為で、犬が命を失ってしまうかもしれません。絶対にやめましょう。

まとめ

リードをしてゴールデンレトリバーと散歩をする人

犬のリードにおけるNG行為として、公共の場所での

  • ノーリード
  • ロングリード
  • 伸縮リード

この3つが主に問題視されています。

愛犬を自由に遊ばせてあげたいのであれば、ぜひ、ドッグランへ行かれてください。ノーリードで遊べます。ロングリードで遊べます。伸縮リードで遊べます。犬が自由に安全に遊ぶことができる場所です。もちろん、ドッグランでも愛犬から目を離さないようにしてください。愛犬が自由に安全に遊ぶためには、飼い主さんの協力が必要です。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ドッグランでのロングリードは危険だと思います。お友達と競争したり、ボールを追いかけたり、ワンコは夢中で走り回っています。ロングリードのワンコがいたら、リードに引っかかって転んでしまい大変危険です。特に伸縮リードは細いロープのものが多く、転ぶだけでなく怪我をします。NG行為だと思います。
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    私は普通のリードと収縮リードを持っています。どちらもリーダーウォークで散歩させます。このリーダーウォークは散歩の際非常に役立ちます。危険防止にもなるので是非実践してみて下さい
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。