犬が好きな食べ物の傾向は?主な特徴3選

犬が好きな食べ物の傾向は?主な特徴3選

犬は食べることが大好きな子がとても多いですよね。何を与えても喜んで食べてくれる子が大半かと思いますが、犬の好きな食べ物の傾向はあるのでしょうか?犬が好きな食べ物の主な特徴をご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の味覚は?

バスケットに入った食べ物を見つめる犬

犬の味覚は発達していない

犬は野生時代からの名残で、食事を素早く済ませてしまう傾向にあります。せっかく用意した美味しそうなご飯も、あっという間に平らげてしまうことが多いでしょう。飼い主さんとしては「ちゃんと味わった?」と感じるかもしれません。しかし、犬はもともと味覚があまり発達していないのです。

味を感じる身体の器官は、舌や軟口蓋にある味蕾と呼ばれる器官になります。この味蕾は人間には10,000個あると言われていますが、犬は2,000個程と言われ、人間と比べると約1/5程度しかありません。犬の身体には味蕾が少ないため、味覚をあまり感じないと言われています。

犬が感じる味覚とは?

しかし、全く味覚がない訳ではありません。人間が感じる「旨味」を感じることはありませんが、犬が感じることのできる味覚も多く「甘味」「渋味」「酸味」「塩味」の4つに加え、人間が感じることのできない「水味(イオン濃度)」を感じることができます。

特に犬が好む味覚が「甘味」。また「塩味」も好みのようですが、肉食メインの犬にとって塩分はあまり不足しない栄養素。人間の様に追加摂取が必要な訳ではないので、塩味に対してもそれほど敏感な味覚は持っていないようです。全般的に人と比べると、味覚に鈍感な犬。いったいどんな食べ物が好きなんでしょうか。

犬が好きな食べ物の傾向は?主な特徴3選

ご飯を待っている2頭の柴犬

ニオイの強いもの

犬といえば発達しているのが嗅覚。人間が目で物を見て情報を収集するように、犬はニオイから様々な情報を集めて確認しています。もちろん、食べ物に関しても例外ではありません。味覚が発達していない犬は、ニオイで食べ物を吟味しているとも言われています。愛犬に美味しくご飯を食べてもらうには、ニオイを強くするのも重要なポイントです。

甘いもの

犬が持っている味覚のなかで、特に敏感なのが「甘味」になります。犬の身体のエネルギー源となる「甘味」は果物、乳製品、肉にも含まれていています。犬は肉食よりの雑食なので、甘い果物が大好き子もとても多いです。特に強いニオイを発する果物だと大喜びしてくれます。

味の濃いもの

味覚が発達していない犬にとって、はっきりと分かりやすい味が付いている濃い味の食べ物はとても魅力的なようです。飼い主さんが食べている人間用の食べ物を欲しがる子もいるのではないでしょうか?人間の食べ物はドッグフードと比べると、味が濃いので食いつきもよく喜んで食べますが、犬にとっては糖分や塩分が高すぎます。糖尿病や内臓疾患のリスクが高まりますので、人間用に味付けをした料理を愛犬に与えることは止めましょう。

食欲が落ちている犬への工夫

ドッグフードと水

いつもは食欲旺盛な愛犬も、夏の暑さでバテてしまったり、体調不良で食欲が落ちてしまうこともあると思います。また、好き嫌いがあり食が細いワンちゃんも稀にいますよね。そんな時は愛犬が美味しくご飯を食べられるように工夫してあげましょう。

香りを強くしてみましょう

上記にも書いたように犬はニオイの強い食べ物を好みます。犬が食事を楽しむ順番としては、まずニオイで吟味したあとに、食感を楽しみ、最後に味覚がくるので、人間の感覚とは違う味わい方をしています。食欲が落ちてしまったワンちゃんには、いつものご飯に香りをプラスできるような工夫をすると嗜好性が高まり食べやすくなる子が多いです。

  • フードをお湯でふやかし香りを立たせる
  • お肉を茹でた汁をかける
  • トッピングをする

いつものご飯の香りをアップさせる方法は色々あります。まずは、ドライフードをお湯でふやかしただけでも、いつもと風味が違います。また、ふやかしたドライフードは食感にも変化がでるので、愛犬も新鮮さを感じるかも。犬は熱いものが苦手なので、しっかりと冷ませてから与えてください。

また、トッピングもお手軽な方法のひとつ。市販の犬用ふりかけの使用であれば手間もありませんし、愛犬が好きな野菜や果物、お肉を湯がいた物をトッピングしても喜んで食べてくれると思います。くれぐれも、犬が食べれることのできも物を選び、アレルギーにも十分注意して下さいね。

お肉を茹でた汁も愛犬の食欲をそそる香りになってくれます。鶏肉や豚肉を茹でて、灰汁を取り除いたものを冷ませてからいつものご飯にかけてみてください。

まとめ

飼い主さんにオヤツをもらうレトリバー

犬は味覚は発達していないものの、食べることは大好き。また、大好きな飼い主さんからご飯やオヤツを貰うことも、とっても嬉しいことのひとつです。甘いものや、味の濃いものを好む傾向にありますが、与えすぎはもちろん禁物。愛犬の身体に優しい、ニオイの強いものを与えて、食を楽しみながら健康管理をしていってあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。