犬がイライラしてしてしまう飼い主の行動4つ

犬がイライラしてしてしまう飼い主の行動4つ

飼い主さんが犬にイライラしてしまう…という悩みを聞くことは少なくありませんが、実は犬もイライラしていることあるのをご存じですか?特に犬がイライラしやすい場面の気持ちをちょっとだけ想像してみましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

①食べ物がもらえない

フードボウルをくわえている犬

犬がイライラしてしまうことのひとつとして食べ物がもらえないということが挙げられます。多くの犬はおやつやごはんなど食べ物が好きだと思いますので、しつけなど行動のモチベーションやごほうびとして使われることも多いでしょう。「おやつが見えているのにもらえない」「飼い主さんがごはんの支度を始めたはずなのになかなかもらえない」などといった状況になるとイライラが募って、吠えたり暴れたりすることがあるのだと思います。わざと目の前におやつなどの食べ物をチラつかせてあげずに焦らすという人もいますが、あまりにも長い時間やりすぎるとそのイライラが飼い主さんに対するイライラや不信感につながることもあるので注意してくださいね。

②しつこくかまわれすぎる

子どもに構われている犬

犬は人になでられたり遊んでもらったりしてかまわれることを好む傾向にある動物です。しかし、長時間しつこくなで回されたり眠いときにかまわれて起こされたりするとイライラしてしまうこともあるでしょう。特に小さな子供の場合、犬が嫌がっているのに気がつかずに追い回してしまったり、強引に抱きついたりすることも多いので注意しなければなりません。かまって欲しくないときに犬が出す「やめて」のサインを読み取ることができないような小さな子どもと犬をふたりきりなどにすることは控え、悲しい事故やトラブルを予防してあげましょう。

③苦手なことをさせられる

洋服のフードをかぶっているパグ

犬が人間社会の中で一緒に暮らしていく上で、自然界で生きる場合には必要がないことを犬にしてもらわなければならない場合もあるでしょう。家の中に入るために足を拭いたり、首輪とリードをして歩かなければならなかったり、洋服を着せられたり、雨の日にはカッパを着せられたり…。飼い主さんからすると清潔や健康を守るために必要なことだと分かっていますが、犬にとっては「なぜそれをしなければいけないのかわからない」という気持ちがあって、苦手なことに対してイライラしてしまうこともあるでしょう。

④からかわれる、笑われる

顔をつかまれているヨーキー

犬が困ったりびっくりしたりする顔や様子がおかしくて、わざとからかうようなことをして遊ぶ飼い主さんを見かけることがあります。飼い主さんにとっては「かわいくてたまらない」という気持ちから来る愛情表現の場合もあるでしょうし、犬自身もおもしろがっているようであれば問題ないと思いますがやりすぎは禁物です。犬の意外な反応やかわいい反応などを楽しみたいという気持ちはあるかもしれませんが、信頼関係を損ねたり咬傷事故につながる可能性もあるのでわざと犬の気持ちを煽って怒らせたりするようなことはできるだけしないようにしてください。

まとめ

顎をつけて伏せるビーグル

犬がイライラしてしまうときというのは、食べ物がもらえない場合や好きなことが自由にできないとき、苦手なことをさせられたりからかわれたりするときなどが考えられます。これは私たち人間でも同じことが言えると思います。大切な愛犬を嫌な気持ちにさせたり、人に対する不信感を抱かせないためにも、自分がされて嫌なことは犬がされても嫌なはずだという当たり前のことを今一度頭に入れて犬と接するように心がけましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。