犬が脚をクロスさせる理由とは?

犬が脚をクロスさせる理由とは?

犬が脚をクロスさせているのを見たことはありませんか?どういう理由から脚をクロスさせているのでしょうか。この記事ではその理由やボディランゲージについてまとめています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が脚をクロスさせるときはどんなとき?

前脚をクロスして休んでいる犬

ふとしたときに、犬が脚をクロスさせて伏せている姿を見たことはありませんか?
犬は様々なボディーランゲージを使って感情を表しているんですよ。脚をクロスさせているときには、どんな理由があるのでしょうか。

リラックスしてくつろいでいる

脚をクロスさせていると、何かあったときに素早く行動できませんよね。なので、犬が脚をクロスさせているときは、警戒する必要がなくリラックスしている状態のときだと言われているんですよ。
一緒にいるときに愛犬が脚をクロスさせていたら、あなたと一緒の空間が快適ですよということなので、何だか嬉しくなりますね。優しくなでてあげたりして、リラックスした空間を楽しんであげてください。

楽な姿勢だから

もうひとつの理由は、ただ単に脚をクロスさせる姿勢が楽だったからということも考えられます。肘を曲げると肘の骨に体重が乗らなくなるため、負担が少ない姿勢なのではないかと言われています。そのときに楽だと思ってとった態勢が、たまたま脚をクロスさせる仕草に繋がったのかも知れませんね。

犬のボディーランゲージ

まん丸な目で上を見つめる子犬

犬はボディーランゲージを駆使して感情表現をします。ボディーランゲージは主に、目・耳・口・しっぽに出やすいので、その部分に注目して読み取ることができます。

喜びの感情

口元は自然に開き、耳も目も変に力が入っていない状態で、しっぽは高い位置でブンブン振ります。

不安や恐怖の感情

姿勢は低く耳は後ろに倒れて、目は上目遣いに見開きます。しっぽは足の間に丸めた体勢になります。

警戒しているとき

警戒している方向に向けて耳をピンと立てています。目は見開いて口元はきゅっと固く閉じた状態で、しっぽは下に垂れています。

怒っているとき

耳を後ろに下げて牙を見せて威嚇します。目は見開き、興奮状態にあるときにはしっぽを振ったりします。
代表的な例を挙げましたが、その犬によって当てはまらない場合もあります。耳や目の状態と合わせて、筋肉などの緊張感や重心などもよく観察して、犬の感情を読み取る必要がありますよ。

その他の主なボディランゲージ

嬉しそうな犬の顔を撫でる男性

前足で触ってくる

犬が人の腕などをちょいちょい触ってくるのは、「もっと構って」と甘えている仕草です。飼い主さんの注意を自分に向けて、もっとかまってもらおうとしているんですよ。
撫でるのをやめたり、犬を放って違うことをしたりしているときによくみられる行動ですが、実は自分の優位を表す行動でもあるので、「もっとやって!」と少しわがままな要求をしているとも言えます。
ですが、かわいい顔で甘えられると、応えないわけにはいきませんよね。

お腹を出してくる

この行動は主に服従を意味していて、信頼している相手にしかしない行動です。「あなたのことが大好きです」とアピールして甘えているんですよ。ただ、叱っているときに突然お腹を出してくるときは、甘えているのとは少し意味が違って、これ以上はもうやめてくださいとアピールしています。

顔を舐めてくる

犬が顔をぺろぺろ舐めてくるときは、「あなたのことが大好き」というアピールです。親のように信頼できる存在だよ、という思いで飼い主さんの顔を舐めているんですよ。そういう愛犬の気持ちを知ってしまうと、顔を舐められるたびににやにやしてしまいそうですね。

まとめ

人の手の上に置かれた犬の前脚

いかがでしょうか?犬が脚をクロスさせているときには2通りの理由があるんですよ。他にも犬の仕草や行動には、そのときの感情や意味が隠されていることがありますよ。
愛犬の気になる行動を見つけたら、どんな気持ちになっているのか考えてみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。