犬の面倒を見ないで放置するリスク7つ

犬の面倒を見ないで放置するリスク7つ

犬を飼育する上で飼い主さんが背負う義務がありますよね。もしも義務を放置してしまったら一体どうなるのでしょうか?ここでは、犬の面倒を見ないで放置するリスク7つをご紹介していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の面倒を見ないで放置するリスク7つ

一人ぼっちで道に座っている子犬

ワンちゃんを愛する飼い主さんにとっては考え難い内容ですが、残念ながら世の中には犬の世話を放置してしまう人がいることは事実です。犬の世話を放置してしまえば、いずれにせよ命の危険につながってしまいますよね。

それ以外にも、いくつか起こるべく事柄があるのでぜひこの機会に知ってください。では、犬の面倒を見ないで放置するリスク7つをご紹介していきます。

1.やせ細ってしまう

ご飯や水分を与えずに放置してしまえば、当然ながら犬はやせ細ってしまいます。動物だから少しぐらい食べなくても平気・・・なんてことは決してありません。人間と同じように、食べたり水分補給をしたりしなければどんどん痩せるとともに、弱ってしまいます。

2.感染症や病気になる

病院の診察台の上で横になる元気のない犬

環境が悪い中で放置されてしまえば、フィラリア症やマダニに感染するなど、あらゆる病気のリスクを背負ってしまいます。犬によっては先天性疾患を持っている場合もあります。もし、病気についても放置してしまえば悪化の道をたどるしかないのです。

3.人間不信になる

おびえたような表情でこちらを見る子犬

お腹が空いてもご飯をくれない、遊んでくれるどころか冷たくあしらわれてばかりいる・・・そんな面倒を見ない飼い主さんのことは信用しなくなります。ほかの人間にも懐かなくなってしまい、保護をした後も心を開いてくれなくなる犬がたくさんいます。

4.事故や災難に遭う

犬が自由に動き回れるような状況にしてしまうと、思わぬ事故や災難に遭ってしまう可能性があります。柵の中にいてもリードに繋いでいなかったため、不慮の事故に遭ってしまうことも起こりえるものです。

お店の外にリードをつないで待っている犬も多いですが、もしものことを想定するとあまりおすすめはできません。ワンちゃんから離れてしまう状況はできるだけ作らないことが、あらゆる事故から防ぐための大切です。

5.他人に噛みついてしまう

人の手を噛もうとしている犬

犬から目を離してしまった一瞬の隙に、他人に噛みついてしまったということは身近なところでも起きています。たとえ大人しい犬だからといっても、目を離したり放置したりしてはいけません。
思わず人間に噛みついて「破傷症」に感染させてしまうこともあるので、犬をひとりで放置させることがないようにしてください。ワクチンや予防接種を受けていない犬であれば「狂犬病」などのリスクも高まってしまいます。

噛みついてしまった人が重症化するケースもあるので、飼い主としての責任を果たすためにも目を離すことなく、予防接種などもしっかり行わなければなりません。

6.誘拐されてしまう

可愛いワンちゃんこそ、放置してしまった隙に誘拐されてしまう恐れもあります。駐車場の車にワンちゃんを待機させている飼い主さんも多いですが、窓のすき間から連れ出すことも容易に可能だということを忘れてはいけません。
犬は「助けて!」と言うことはできないので、できるだけ危険な状況を作らないことが大切です。

7.熱中症の可能性も

床の上で舌をだして暑そうに眠る犬

暑い中放置してしまえば、熱中症になってしまう可能性もあります。家でお留守番をさせるときにも、エアコンで温度管理を行ってください。

先ほどのように、駐車場で待機させる場合にしても熱中症にならないように注意しなければなりません。日陰がない場所にリードでつないだまま放置してしまう行為も大変危険です。犬にとって過ごしやすい環境を整えた上で、お留守番をさせてください。

まとめ

舌をだして嬉しそうな犬を抱きしめる女性

犬の面倒を見ない上に、放置してしまうなんていうことは普通ではない状況です。しかし、飼い主さんに万が一のことが起きてしまい、突然放置されてしまう犬も中にはいます。大切にしているつもりでも、一瞬の隙に何かが起きてしまうことも想定してみてください。

ワンちゃんを愛する飼い主さんであれば十分理解しているかと思いますが、犬の人生は飼い主さんが背負っているということを改めて考えてみていただきたいです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    この記事に記載されている通り犬の一生は飼い主である貴方がすべて握っています、殺すも生かすもすべて貴方の行動で決まります。犬はなにも出来ません、人が居ないと生きれません。もし少しでも心当たりがあるのであれば飼い主としての自覚を見直してください、命を預かる覚悟がない人は犬を、動物を飼わないで下さい、動物側が不幸になります。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。