犬に『敵』と思われてしまう絶対NG行為6つ

犬に『敵』と思われてしまう絶対NG行為6つ

犬は嫌なことをされると相手を『嫌い』と感じたり『自分の敵』だと認識することがあります。犬が相手を敵だと思ってしまうほどの嫌な行為をあらかじめ知っておくと、犬に嫌われにくい接し方ができますよ。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.信頼関係が築けていない犬をジーっと見つめる

怒る犬

初対面の犬がフレンドリーな犬なら話は別となりますが、あなたの姿を見て少し距離をとるような仕草をしている場合は、犬の目をジーっと見つめると敵だと思われることがあるので気をつけなければいけません。

なぜなら、犬の世界で相手の目をジッと見つめるという行為は『敵意がある』、『ケンカを売っている』という意味が込められていることが多いからです。犬と信頼関係が築けている時は、逆に愛情表現になるといえますが……、信頼関係が築けていない、仲良くなれていない犬に対しては良くない行為といえるので、目を合わせないように気遣いながら触れ合うことをおススメします。

2.犬の近くでいきなり大声を出したり、勢いよく動く

犬の耳にメガホンを当てる人

犬は耳がとても良いので、近くで大きな音を出されたり大声で怒鳴られたりするとビクッ!と怯えてしまうことがあります。また、同じように犬の側でいきなり勢いよく動くという行為も、ビックリさせて警戒心を与えてしまいやすく、酷い場合だと「この人嫌いだぁー!僕の敵!」と思われることがあるので要注意です。

犬に嫌われないようにするためには、ゆっくりした動作や口調、大きすぎない声を心がけながら触れ合うようにすると良いですよ。安心感を与えやすいので早く仲良くなれるといえるでしょう。

3.犬が嫌がる部分をしつこく触る

手を見つめる犬

私たち人間は触られたくない部分を触られると不快に感じますよね。犬も同じように触られたくない部分を相手に触られると、嫌がりながら体をのけ反らせて触られないように抵抗するのです。そういった犬が嫌がっている素振りをしているのにもかかわらず、しつこく何度も触ろうとすると……、「いい加減にしろー!」と相手に吠えたり噛んだり唸ったり、噛みつくなんてこともあるそうです。当然、犬からは嫌われて敵だと認識されることでしょう。

『相手が嫌がることはしない』これは人間や犬関係なく、してはいけないことといえますよね。

4.犬の大切なものを奪う

ぬいぐるみで遊んでいる犬

犬は心を許していないものに大切なものを奪わそうになるととても嫌がります。例えば、オモチャや自分のご飯を奪われる!と感じると、相手に対して歯をむき出しにして怒ったり吠えたりして抵抗します。そういった犬の警告を無視してさらに奪おうとすると、最終手段として噛みつくことも少なくありません。

また、子育てをしている母犬も子犬をどこかに連れて行かれそうになると、相手を『敵』だと判断し敵意をむき出しにすることがあります。犬と信頼関係を築けていない場合は、理由がない限りできるだけ大切なものを取らないようにしてあげてくださいね。

5.犬の縄張りに入る

ベッドでくつろぐ犬

犬は縄張り意識が強い動物なので、自分の寝床や家に入られると相手を侵入者だと感じて敵意をむき出しにすることがあります。特に防衛本能が強い犬種、例えば、チワワやダックスフンド、柴犬などは飼い主でも自分の寝床にズカズカ入られると、「僕のテリトリーなのに……」と嫌がることが少なからずあるそうです。

飼い主にもテリトリーに入られるのを嫌がるということは、信頼関係を築けていない人の場合だと、一発で敵だと判断されてしまう可能性があるといえます。ですので、知り合いの家に遊びに行った時は、知り合いの愛犬のテリトリー(主に寝床やお気に入りの場所)に侵入しないように気を付けてくださいね。

6.叩く

バッドで脅されている犬

叩かれるのは誰でも嫌ですよね。もちろん、私たち人間だけでなく犬にとっても叩かれるのはとても嫌なことといえます。もし初対面の人に叩かれたとなると、犬はその時点で自分に危害を加える敵だと思うことでしょう。また、暴力をふるわれて嫌いになるのは信頼している飼い主であっても例外ではありません。

飼い主に叩かれたり体罰をされたりした場合は、少しずつ信頼関係が崩れていきます。そして、本来守るべき飼い主に暴力を振るわれ続けることで、犬は飼い主に対して自分を守ってくれる存在ではないと思うようになります。そうなると、犬は飼い主を次第に敵だと判断し「自分の身は自分で守らないと!」と感じて、自己防衛のために攻撃的な性格になってしまうことが多いそうです。

実際に「愛犬が噛みついてきて困る」という悩みをもつ飼い主の多くは、日頃から愛犬を叩いている場合が多く、噛み癖の原因は飼い主にあることがほとんどだったりするのだとか。犬にとって体罰や暴力は苦痛でしかないので、心当たりがある人は叩かないであげてくださいね。

まとめ

ハートマークと大人しそうな犬

犬は嫌なことをされると相手を『敵』だと判断することが多いといえます。これは犬だけでなく私たち人間も同じといえますよね。人や犬関係なく、相手と接する時は相手が不快に思わないか。嫌がらないか。ということを考えながら接することを心がけるようにしたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。