犬の自尊心を傷つける飼い主の言動3選

犬の自尊心を傷つける飼い主の言動3選

人間にもプライドがあるように、犬にも少なからず自尊心があります。しかし、飼い主の何気ない言動で、犬の大切な自尊心を傷つけてしまっているかもしれません。今回は犬の自尊心を傷つける飼い主の言動をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にも自尊心ってあるの?

ハスキー犬と夕陽

今回は犬の自尊心を傷つける飼い主の言動をご紹介していきますが、その前に、「犬にも自尊心ってあるの?」と思われる方も多いかもしれません。

いつでも「飼い主さん大好きー!」というような態度で接してきてくれる愛犬を見ていると、プライドなどはあまり持たず、素直に人間に愛情を伝えてきてくれているように感じてしまいます。

しかし、もちろん犬も生き物ですから、自尊心はあります。自尊心と聞くと大層なものと感じてしまいますが、犬と人では自尊心の種類(方向性)が少々異なるため、理解しにくい面はあるかもしれません。

例えば、自尊心が強い犬の場合、自分に絶対の自信やプライドを持っていますから、割と頑固な態度や行動を取ることが多いです。「こうしたいと思ったら譲らない」「家族は自分が守ると使命感を持っている」などです。

見方によっては「わがまま」に見えてしまうこともありますが、こうした自尊心は個体差はあるにしても、すべての犬が少なからず持っているものだと考えられます。

犬の自尊心を傷つける飼い主の言動

黄昏れる犬

では、そんな少なからず自尊心を持つ犬ですが、飼い主のちょっとした言動によって犬の自尊心を傷つけてしまう恐れがあります。自尊心が強すぎるとわがままになってしまいますが、自尊心が欠如してしまうと、自分に自信のない犬になってしまいます。

愛犬の失敗に対して怒鳴る

トイレを失敗する犬

トイレを失敗してしまったなど、愛犬が何かを失敗したときに、感情にまかせて怒鳴り散らしてしまうと、愛犬の自尊心を傷つけることになりかねません。

特に子犬よりもトイレトレーニングが完了した後の成犬であれば、なおさら自尊心が高くなっているので、自尊心が傷つけられやすいと言えます。

愛犬自体もすでにトイレトレーニングが完了しているため、当たり前のようにトイレができると思っています。それを間違えて違う場所にしてしまった、あるいははみ出してしまったのであれば、自分でも「やってしまった」と思っているはずです。

そこで追い打ちを掛けるように大きな声で怒鳴ってしまうと、犬からすればショックが大きくなってしまい、自尊心が傷つけられてしまうのです。

愛犬の失敗をバカにするような態度を取る

これはその犬によっても個体差がありますが、愛犬が失敗した際にバカにするように笑ったり、指を指してバカにするような言葉を言うと、その感情が犬にも伝わり、自尊心を傷つけてしまうことがあるようです。

例えば、あるご家庭の話によると、その日もフリスビーを投げて取りに行かせるという遊びをしていたところ、いつもはキャッチできるフリスビーを上手くキャッチできなかったそうです。

そこでそれを見ていた家族が笑ったところ、フリスビー遊びを止め、家族から見えないところに行き拗ねるような態度を取っていたと言います。

これを見ると、その犬もしっかり自尊心を持っており、上手くできなかったことを笑われてしまったから、自尊心を傷つけられたと感じ拗ねているように思えます。

先住犬よりも後輩犬を優先してしまう

寂しそうな犬

また、多頭飼いをしている場合は、先住犬よりも後輩犬を優先してしまうことで、先住犬の自尊心を傷つけてしまうことがあります。

犬社会では、しっかり上下関係が築かれます。そのため、多頭飼いをしている場合は、基本的に先住犬が後輩犬の上の立場になることがほとんどです。

しかし、大好きな飼い主が自分ではなく、自分よりも格下の存在である相手ばかりを構ってしまうことで、「あれ?僕の方が上なのに…」と寂しさから自尊心を傷つけてしまうことがあります。多頭飼いをする場合は、犬同士の関係性を崩さないよう、飼い主も配慮することが大切です。

まとめ

頭を撫でられる犬

いかがでしたでしょう。犬は犬なりの自尊心をしっかり持っているので、それを傷つけるような言動をしてしまうと、自身をなくし、社交性に影響してしまう恐れもあります。自尊心が強すぎるのも問題ですが、なるべく飼い主としては自尊心を傷つけないよう、正しいしつけをしていきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。