もしかしたら怪我をするかも?犬にとって危険と言える家具4選

もしかしたら怪我をするかも?犬にとって危険と言える家具4選

犬にとって危険となるものは室内にも数多くあります。今回は室内にある犬が怪我をしやすい家具を4つご紹介します。危険な家具の特徴を知り対策を行うことで愛犬の怪我を事前に防ぐことができますよ。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.角が尖っている家具は危険

角ばったテーブルと犬

犬にとって危険となる家具はたくさんあります。『角が尖っている家具』もその1つとなり、実際に使用している人はとてもいらっしゃると思いますので注意が必要といえるでしょう。

角が尖っている家具……つまり角がL字になっている。部分的に出っ張りがある家具のことです。おそらく、家にいくつかは角が尖っている家具があるのではないでしょうか?愛犬の背丈ほどのテーブルやタンスなどの角が尖っていると、愛犬が室内ではしゃいだり、走り回ったりした時にぶつかって怪我をしてしまう可能性がとても高いといえます。

珍しいケースではありますが、L字になっているテーブルの角が遊んでいる愛犬の目に当たって失明してしまったという話もあったりします。愛犬が家具の端にぶつかっても大丈夫なように対策をしておきましょう。ちなみに、ホームセンターや百均ショップなどで売っているクッション材を角に貼り付けると、すぐに怪我の防止をすることができますのでおススメですよ。

2.高さのある家具は関節を痛めるリスクがある

棚に乗っている犬

室内で起こりやすい怪我の1つに『関節を痛める』というものがあります。ある程度高さのあるソファなどからジャンプしたり飛び降りたりすることで関節周りを痛めてしまうことがあるそうです。軽い怪我だと関節周りの炎症や一時的に足を痛めるといったもので済みますが、大きな怪我の症状になると『脱臼』『骨折』『椎間板ヘルニア』といったどれも一度怪我を発症してしまうと、なかなか治りにくい症状ばかりとなります。愛犬にツラい日常生活を送らせないためにあらかじめ怪我の予防をしておきましょう。

愛犬に怪我をさせないようにするための対策方法としては、

  • 愛犬が昇り降りしてもあまり負担がかからない『高さの低い家具』を利用する
  • 反対に愛犬がジャンプしても昇れない高さの家具を使う
  • 昇り降りする家具と床の間に中間の高さの段差を用意して階段状にし、関節の負担を軽減する
  • 家具を昇り降りしないようにしつける

といった方法があります。愛犬との生活で取り入れやすい方法がありましたら、怪我の予防のためにぜひ改善しておきましょう。

3.ツルツル滑る天板の家具は要注意

テーブルに足をかける犬

出来る限り愛犬が家具の上に乗らないようにすることが一番といえますが、対策をしていてもテーブルや背の低いチェストに乗ってしまうことってありますよね。そういった時に家具の天板がツルツルと滑ると、愛犬が足を滑らせて床に落っこちる。飛び降りる瞬間に足を滑らせて変な体勢で着地してしまう。ということがあったりします。

転んでしまったり着地に失敗してしまうと、高い場所から昇り降りして怪我をした時と同じように『捻挫』『脱臼』『関節の炎症』『椎間板ヘルニア』といった関節系の症状を引き起こしてしまう可能性が高いといえます。ですので、怪我の防止として愛犬が昇る可能性のある家具の天板には、滑りにくくするための対策を行っておくと良いかもしれません。

例えば、塩化ビニル樹脂の透明テーブルマットは家具の天板に敷いておくだけで、かなり滑りにくくすることができるのでおススメです。透明なので見た目もあまり変わらないというのもおススメのポイントといえます。

4.ボロボロになりやすい家具は誤飲の危険性あり

ソファーを破く犬

『布製のソファ』などの素材がボロボロになりやすい家具は意外と危険視されにくいといえますが、実は犬が誤飲してしまう可能性が潜んでいてとても危険といえるので気を付けなければいけません。

噛み癖のある犬やイタズラ好きな犬は、ニオイや汗が染み込みやすい布製品のソファなどをガジガジと噛むことが多いといえます。その結果ボロボロになってちぎれた布や綿を食べてしまって、腸の中で物を詰まらせる『腸閉塞』を引き起こしたり、腸粘膜を損傷することによって毒素が体内に入り込んでしまうといった危険な症状を引き起こしてしまうことがあるそうです。

誤飲してしまうと開腹手術を行わないといけない場合が多く、最悪の場合命を亡くしてしまう可能性もありますので、日頃から誤飲の予防を行っておくことが大切といえるでしょう。

誤飲の対策方法として大切なのは、『犬の手が届く場所には危険な物を置かないようにする』といいうことです。家具といった大きなものの場合は『思い切って愛犬の生活スペースから取り除く』か、『飼い主がつねに愛犬が誤飲しないように観察する』といった方法がベストといえますね。ちなみに私の場合は、つねに観察することが難しいので、愛犬にとって危険なものは家具であってもあらかじめ全部取り除いています。

まとめ

カーペットでくつろぐ犬

人間からするとオシャレで便利な家具だとしても、犬にとっては危険な家具になっていることって意外に多かったりします。室内を見回してみて愛犬にとって危険な家具がある場合は、怪我をしないように対策を施す。もしくは愛犬の安全のために思い切って家具を買い替えるなどの対処が必要といえるかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。