犬の『トラウマ』になってしまうもの4つ

犬の『トラウマ』になってしまうもの4つ

犬の『トラウマ』の原因になってしまう可能性のあるものをまとめました。犬それぞれに、得意なこと、苦手なことがあります。“犬だから大丈夫”という安易な考えては捨ててしまいましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の『トラウマ』になってしまうもの①「人から受けた痛み」

身をかがめて怯える小型犬

体罰・暴力・虐待などと言った言葉を日々のニュース等でよく見かけますね。人から受けた直接的な痛みは、犬のトラウマの原因になります。飼い主さんは、しつけのために体罰を与えたのかもしれません。しかし、カラダに痛みを与えたところで、犬はなぜ叱られたのかを理解することができません。ただただ、痛みと恐怖を与えられただけになってしまいます。そのため、体罰の原因となった問題行動がなくなることはなく、体罰を与え続けられることにもなってしまいかねません。

叱ったことがトラウマになってしまったケース

過去にこんなことがありました。おばあさんと柴犬が暮らしていました。おばあさんは、毎朝の庭掃除が日課でした。ホウキで庭掃除をしていると、まだ若くてやんちゃ盛りの柴犬が、ホウキにじゃれつき、遊んで欲しくて、おばあさんに飛びついたのです。そうすると、おばあさんは、柴犬のことを「あっちに行ってなさい」とホウキを使って追い払いました。ただちょっとしたことだったのですが、それ以来、柴犬はおばあさんを威嚇し、噛みつき、いつしか庭に繋がれたままになってしまいました。唸り、吠え、噛みつこうとするため、誰も近づくことができず、お世話ができないため、カラダはひどく汚れていました。

人から受けた痛みは、犬のトラウマになりやすいです。そして、そのトラウマを取り除いてあげることは、とても難しいです。一生、取り除いてあげることができないことがほとんどです。

犬の『トラウマ』になってしまうもの②「病院」

注射を打たれているゴールデン

犬が、病院で最も嫌うものは何でしょう。犬それぞれに違いはあるかもしれませんが、やはり、不安と恐怖と痛みを伴う、注射なのではないでしょうか。注射の痛みや、その経験を忘れることはありません。そのため、病院へ連れて行かれるだけで、ブルブルと震えてしまったり、逃げ出そうとしたりします。病院へ連れて行くときの、キャリーバッグやクレートを目にするだけで、怖がってしまう犬もいます。

犬の『トラウマ』になってしまうもの③「水」

シャワーを浴びている犬、犬の顔を抑える手

犬は、水にトラウマを抱えてしまうことがあります。よほどシャンプーされることが苦手なのかもしれません。シャンプーをしたとき、耳に水が入ってしまったからかもしれません。海や川などで無理やり泳がされたからかもしれません。子犬の頃、水を飲むことが上手くできず、鼻に水が入ってしまい、苦しい思いをしたのかもしれません。水にトラウマを抱える原因は様々ですが、水によって怖い体験をしたことが原因になることがほとんどです。シャンプーの度に大暴れしたり、雨の日のお散歩を嫌がったり、手足を洗われることを嫌がるなどします。

犬の『トラウマ』になってしまうもの④「音」

赤いブランケットに隠れる犬

  • 怒鳴り声をあげられた
  • 花火や雷の音に驚かされた
  • 近所で行われていた工事の音
  • 大きな音を立てて驚かされた
  • 子犬の頃、はじめて聞いた、ドライヤーや掃除機の音が怖かった

など、原因は様々ですが、音によってトラウマを抱えてしまうことがあります。音にトラウマを抱えている犬は、ちょっとした物音にも敏感になり、激しく吠えてしまうことがあります。飼い主さんがイスから立ち上がるとき、カタッと少し音を立てただけでも反応し、吠えて威嚇してしまうことがあります。日々の生活音にストレスを感じているかもしれません。

まとめ

両手で顔を覆っている犬

犬の『トラウマ』になってしまうものには、

  • 人から受けた痛み
  • 病院

などがあります。トラウマによって、大きなストレスを抱えているかもしれません。愛犬には、どんなトラウマがありますか?小さなトラウマも、その不安や恐怖やストレスから解放してあげたいですよね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。