犬が何もない場所をジッと見つめる3つの理由

犬が何もない場所をジッと見つめる3つの理由

この記事では「犬が何もない場所をジッと見つめる理由」をテーマに、犬が突然何もないところ見つめる理由についていくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

何もない場所をジッと見つめる理由1:何かが見えている

どこかを見ている犬

犬と暮らし始めると今までわからなかった犬の行動や習性などを知ることができます。そのうちの一つがこの何もない場所をジッと見つめるということです。

犬と人間とでは物を見る際にいくつか条件が違うと言われています。そのため人間には見えないものが犬には見えていて、その対象に対して吠えたり、ジッと見つめたりします。例えば、小さな虫やホコリ、毛などが舞っていて人間の目では気付かないものを犬には見えていて、それに対して吠えたりジッと見つめることがあります。

またよく言われているのが、犬は幽霊が見えるということですが、これは様々な意見があり本当に見えているのかは分かりません。しかし何もない場所をジッと見つめたり、吠えていたら本当に見えているのではないかと思ってしまいますよね。

もし、犬が休む場所やケージなどにいて、そこから何もないはずなのに同じ場所を吠えたりするような気にする仕草をするならば、犬がいる場所を変えてあげた方が良いかもしれません。犬がその対象を嫌がっていた場合、飼い主さんが見えているならば対処が出来ますが、実際のところ見えないという前提があるためどうしようもないことから、変えてあげた方がお互いが気にしなくて済むからです。

何もない場所をジッと見つめる理由2:その方向から音が聞こえる

首を傾げている犬

犬は見ることだけではなく音を聴く能力も人間より優れています。犬と人間とでは音の周波数の感じ方が異なっているので、人間では何も聞こえないと思っていても犬には聞こえていることがあり、その音が気になるから何もない場所をジッと見つめることがあります。

何もない場所をジッと見つめる理由3:なんとなくボーッとしているだけ

カーペットの上でグッタリしている犬

犬も人間と同様に様々な性格があり、よく動き回る犬もいればボーッとしているマイペースな犬もいます。また普段はすごく元気な犬であっても寝起きや眠い時などではボーッとしていることがあります。そのボーッとしている時に、ある一点をたまたま見ているように飼い主さんが感じると、もしかしたら犬が何もない場所を見つめていると思ってしまっているのかもしれません。

しかし、ボーッとしているだけとはいえいつも同じような場所を見つめるようならば、そこに何か人間では見えないものがあったり、聴こえない音が発生しているのかもしれません。

まとめ

どこかを見つめている犬

犬は人間と比較して聴覚などの五感が優れています。そのため何もない場所をジッと見つめるだけではなくそれ以外にも人間とは違う行動をすることが多々あります。また、犬の性格や今までの環境により変わった行動をすることもあります。犬と生活する時間が長くなればなるほどその変わった行動がわかるので、ぜひ発見してみることで新しい犬の一面が分かるようになるのではないかと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。