あなたの愛犬は食物繊維を摂っていますか?

【獣医師監修】あなたの愛犬は食物繊維を摂っていますか?

人間の場合、食物繊維は5大栄養素に続く第6の栄養素とも呼ばれる大切なものです。では犬の場合はどうなのでしょうか?犬にとっての食物繊維の働きをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

食物繊維は犬にも大切な成分

にんじんを咥えた犬

私たち人間は、食物繊維をしっかり摂取するよう推奨され、食物繊維豊富な食品はヘルシーだと認識しています。5大栄養素に続く第6の栄養素と呼ばれることもあり、健康のために欠かすことができないものです。

犬の場合も人間同様に食物繊維を摂取することでメリットがあります。他の栄養素と違って推奨される1日の摂取量は定められていませんが、適切なタイプの食物繊維を適切な量摂ることは、犬の健康をサポートするのに大切です。

食物繊維の種類とそれぞれの働き

食物繊維を含む食べ物色々

食物繊維は水溶性と不溶性の2つのいずれかに分類されます。その名の通り、液体に溶けるかどうかがその違いです。

水溶性食物繊維の代表的なものは果物や野菜類に含まれるペクチンです。
水溶性繊維は消化管を通過する際に水分を吸収してゲル状物質に変化します。このゲル状物質が血液への糖の吸収を遅くすることで血糖値の上昇を緩やかに抑えます。
また犬が下痢をしている時に水溶性食物繊維を摂ることで消化管内の水分を吸収し消化プロセスを遅くするため、下痢のコントロールを助けます。
消化器サポートの療法食フードに食物繊維が多く含まれているのはこのためです。
腸内細菌のエサとなり、良好な腸内環境を保つためにも必要です。

不溶性食物繊維の代表的なものは、野菜や豆類、全粒穀物などに含まれるセルロースです。
消化器で消化できず液体に溶けないため、消化管をほぼそのまま通過します。
不溶性食物繊維は便のカサを増やし、消化管の老廃物の通過を助けます。

一方で食物繊維の摂り過ぎは、ガスや膨満感の原因となったり、必要な栄養素の吸収を妨げて健康を害する場合もあるため、注意が必要です。

食物繊維は何から摂取すれば良い?

犬の手作りごはんの材料

ドッグフードを与えている場合、適切な量の食物繊維が含まれているので、特に考える必要はありません。
ドッグフードの原材料で食物繊維の摂取源となるのは次のようなものです。

  • ビートパルプ(砂糖大根=ビートの搾りかす)
  • 米ぬか
  • 亜麻仁
  • トマトポマース(ジュースなどに使用したトマトの搾りかす)
  • 豆類
  • オーツ麦
  • 大麦
  • 玄米
  • 果物、野菜類
  • サイリウムハスク(オオバコ種皮)

また正確には食物繊維ではなく糖類ですが、水溶性繊維と同じような機能を持つイヌリンやオリゴ糖類も食物繊維にカウントされます。

手作り食の場合は、上記のような食品を参考にすることができますが、適切な種類と量について犬の栄養の専門家に相談して確認することが必要です。
また消化器系の慢性疾患がある場合は不溶性食物繊維が負担になったり、腎臓機能が低下している場合はリンを多く含む全粒穀物を避けるなどの注意事項もあるので、かかりつけの獣医師に相談してください。

まとめ

ネコ草の匂いを嗅ぐフレンチブル

犬にとっての食物繊維の働きと気をつける点についてご紹介しました。
健康のために大切な食物繊維ですが、多ければ多いほど良いというものでもありません。

またドッグフードの原材料のうち、何が食物繊維源なのかを知っておくと「このフードを食べさせるとウンチが増えそうだな」とか「犬が満腹感を持つのはこのフードかな」などのことが推測しやすくなります。

大切な愛犬の健康のために、食物繊維と賢く付き合いたいですね。

《参考URL》 https://www.dogster.com/dog-food/fiber-a-friendly-food-for-your-dogs-health

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。