犬が飼い主に触ってほしい時にする行動3つ

犬が飼い主に触ってほしい時にする行動3つ

この記事では「犬が飼い主に触ってほしい時にする行動」をテーマに、犬が飼い主さんに触ってもらいたい時にする行動や仕草についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

飼い主に触ってほしい時にする行動1:近くに寄ってくる

こちらを見つめている犬

犬が飼い主さんに触ってもらいたい時にまずするのが近くに寄ってくることです。触ってもらうのもそうですが遊んでほしいときや、散歩に行きたいとかおやつが欲しいなど自分の欲求を満たしてもらいたいときもまずは近くに寄ってきます。

近くに来てじっと見られたらその可愛らしい様子から飼い主さんも触ってあげたり遊びたくなるはずです。ぜひその際はたくさん触ってあげたり遊んであげるなどして楽しい時間を過ごしてください。

飼い主に触ってほしい時にする行動2:手や身体を当てたり擦ってくる

仰向けになって飼い主に撫でられている犬

近くに寄ってきて飼い主さんに触って欲しいとサインを送っているのにそれでも触ってもらったり構ってもらえない場合は、前足で飼い主さんの身体を触ったり、犬が身体を飼い主さんに擦り付けることがあります。おそらく待てないから自分の方から積極的にアピールして期待に応えてもらいたいのです。

どうしても手が離せないときや、忙しいときは犬が身体を当ててきても構ってあげることが難しいかもしれませんが、時間がある場合ならその積極的な犬の行動に応えてあげてください。犬も待てないぐらい飼い主さんと遊びたい状況なのでいつもより増してグイグイと飼い主さんのところに飛び込んでくるかもしれません。

飼い主に触ってほしい時にする行動3:いつものサインを送る

飼い主の横で仰向けに寝ている犬

今までに犬と遊んでたときや、構うときの前後に何かきっかけになるような行動がどのご家庭にもあるかと思います。上であげた、近くに寄ってきたから遊ぶことや犬が前足で飼い主さんの身体を触ったり身体を飼い主さんに擦り付けることも当てはまります。その際に犬はあることをしたら飼い主さんに遊んでもらえると認識していて、そのためにきっかけになるサインを送っているのです。

犬の性格や過ごしている環境によって様々なサインがあると思いますので、ぜひ確認してみてください。どのようなことをすると犬は飼い主さんに構ってもらえると思っているのかを分かるようになるため更に犬と暮らすのが楽しくなり、絆も深まると思います。

ただ一つ注意しなくてはいけないのが、あることをすると犬は飼い主さんに構ってもらえると覚えてしまうと、常にそういったサインを送ってきたり、それに応えないと更にエスカレートした行動をする場合や、もしくは無視されて嫌われているのではないかと思ってしまう恐れがあります。そのため犬を触って撫でる際は、状況をよくみた上で犬からではなく飼い主さんの主導で触るほうが良いのかもしれません。

まとめ

こちらを見つめている犬

このように犬は飼い主さんに触ってほしい時に様々な行動をします。他にも色々な行動をするので、ぜひご家庭の愛犬の様子も見て、今触ってもらいたい時なんだなと分かるようになると更に愛犬のことを理解できるようになれると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。