犬に嫌われるNGな『接し方』5つ

犬に嫌われるNGな『接し方』5つ

世の中には犬に好かれやすい人と苦手意識をもたれがちな人がいます。では、この二者にはどのような違いがあるのでしょうか。もしかすると後者に当てはまる人は、犬に嫌われる接し方を無意識の内にしてしまっているのかもしれません。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬に嫌われるNGな『接し方』

犬の背中

「わんちゃんと仲良くなりたいけれど、いざ近寄るとなぜかいつも逃げられてしまう…」とお悩みの方はいませんか。また、家族の中で自分だけ避けられることがある、とお悩みの方もいるでしょう。

その原因は、もしかすると犬に嫌われやすい接し方を無意識の内にしてしまっているからかもしれません。ここでは犬に嫌われるNGな接し方を5つご紹介します。

1.大きな声で接する

犬は人間よりも遥かに聴覚が優れています。そのため、人間にとっては通常の声のトーンであっても、犬にとっては非常にうるさいと感じることもあります。

よく可愛らしい犬に向かって「可愛い~!」と大声を発している人がいますが、実は犬にとってこのように大きな声を発せられることは、ストレスに感じてしまう行為の1つなのです。ただでさえ耳の良い犬ですから、必要以上に大きな音として聞こえているはずです。

そのため、犬と接する際はなるべく静かに、落ち着いて声をかけるようにしましょう。大きな声を近くで発したり、大声を出しながら近付くのは避けられる要因となりますよ。

2.突然触ってしまう

頭を撫でられる犬

飼い主であれば問題ない行為であっても、見知らぬ人にされると恐怖を感じる行為となり得ることがあります。その1つが突然触られるという行為です。これは触られることが問題なのではなく、『突然』という点がポイントです。

犬は元々警戒心が強い動物なので、突然起きることに対し、過剰に反応する習性を持っています。そのため、突然触られてしまうとびっくりしてしまい、反射的に逃げてしまうことがあります。

飼い主であれば信頼の置ける相手なので恐怖を感じることはありませんが、知らない人の場合は「何をされるかわからない」という恐怖から攻撃的になる犬もいます。

触る際は突然触るのではなく、まずは自分の手の甲を鼻の辺りに近付け、匂いを嗅がせてから触るようにすると警戒心を解きやすいですよ。

3.感情的に接する

怒る女性

飼い主に多いNGな接し方として、感情的に接するという行為が挙げられます。愛犬がトイレを失敗してしまったり、あるいはいたずらをした際、イライラを爆発させ、怒鳴ってしまうことはありませんか。

怒鳴られるという状況は、犬にとって突然起こる出来事です。さらに、大きな声も相まって非常に怖い体験となります。たしかに悪い事をしたら「ダメ」ということを明確に伝える必要がありますが、怒鳴る必要はありません。

むしろ怒鳴ってしまうと、怒鳴られたことに注意がいってしまい、何が悪かったのかを考える余裕がなくなってしまい、正しいしつけにはなりません。また、飼い主との信頼関係が崩れてしまう原因にもなりかねませんので、怒鳴るのはやめましょう。

4.しつこく構おうとする

スキンシップを好む犬であっても、時には触られたくないと思うこともあります。触れた際、明らかに嫌がる仕草を見せているにもかかわらず、しつこく構おうとする接し方はNGです。

自分に置き換えてみればわかりやすいです。例えば、1人でいたい時にしつこく構ってくる人がいると「嫌だな」などとネガティブな感情が湧いてくるのではないでしょうか。犬も例外ではありません。

「今は構われたくないのかな」と察したら、しつこく構おうとせず、しばらく1人で休ませてあげましょう。構ってほしいと思ったら、犬は自ら近付いてきてくれますよ。

5.正面からジッと目を見つめる

見つめ合う女性と犬

意外とやりがちなNGな接し方に、正面からジッと犬の目を見つめるという接し方があります。良かれと思って目を合わせる人もいると思いますが、犬にとって目を見つめる行為には、警戒や攻撃といった意味が含まれています。

特に知らない人に目を見つめられると、威嚇されていると勘違いしてしまい、怯えてしまったり、臨戦態勢に入る犬もいます。そのため、なるべく目をジッと見つめることはせず、まずは体の側面を見せ、こちらに攻撃的な意思はないことを伝えましょう。

しかし、例外として飼い主であれば、愛情表現としてアイコンタクトを認められることも多いです。「信頼関係を築けていない間柄の場合、見つめるのはNGである」と理解しましょう。

まとめ

撫でられるドーベルマン

いかがでしたでしょうか。犬が嫌がる接し方には、人間でもされると嫌な気分になる接し方から、犬ならではの習性が関係している接し方など、様々な行為が含まれます。なぜかいつも仲良くできないという方は、一度自分の接し方にNG行為が含まれていないかを確認してみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。