知らずにやってるかも?犬が嫌がるスキンシップ5選

知らずにやってるかも?犬が嫌がるスキンシップ5選

犬は飼い主とのスキンシップを大いに喜びます。しかし、どんなスキンシップでも良いというわけではありません。中には触られたくない部分もありますし、嫌がるスキンシップ方法もあります。では、犬はどのようなスキンシップを嫌がるのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が嫌がるスキンシップ例

チワワと女性

飼い主と犬が絆を深める方法として、スキンシップはとても効果的です。大好きな飼い主さんとのスキンシップを好む犬が多いからです。しかし、スキンシップ方法を間違えると嫌がられてしまう恐れもあります。では、どのようなスキンシップを嫌うのでしょうか。

1.強く掴んだり撫で回す

犬とのスキンシップでまず重要なポイントは、優しく触れるということです。強めに触ってしまうと驚いてしまい、犬は不快に感じてしまうからです。

例えば、抱き上げる際に強めの力で胴体を捕まえたり、撫でるために荒く撫で回すといったスキンシップは犬が嫌う典型的な方法です。特に飼い主ではない相手からであれば、恐怖を感じる犬も多いでしょう。

そのため、犬とスキンシップをとる際は、撫でられる犬側の気持ちを考え、突然強く触るのではなく、声をかけたりしてから優しく撫でてあげましょう。

2.正面上から頭を撫でる

頭を撫でられる直前の犬

飼い主であっても意外としがちなスキンシップに正面の斜め上から頭を撫でるという行為です。実は、基本的に犬は頭を触られることを嫌います。なぜならば、人間の方が大きいため、犬から見ると上から撫でられることに圧迫感を感じるからです。

知らない人であれば「もしかしたら攻撃されるかも」という恐怖を感じることもあり、中には攻撃的になる犬もいるかもしれません。

飼い主が相手であり、顎下を撫でてから、その流れで頭を触るという方法であれば、ストレスを感じることは少ないでしょう。また、このような状況であれば、正面上から撫でることは少ないため、恐怖を与えることはありません。

3.鼻先(マズル)を触られる

犬の鼻

犬を飼っている人であれば多くの人がご存知でしょうが、犬はマズルと呼ばれる鼻を触られることを嫌います。

一昔前にはしつけと称してマズルを掴むという方法が有名でしたが、現在では推奨されていません。なぜならば、愛犬に対してこの行為をしてしまうと、対等なしつけではなく、支配によるしつけになってしまうからです。

前述したように、マズルを掴むという行為は支配に等しい行為です。そのため、犬にとっては非常に不快であり、恐怖や不安を感じる行為です。マズルを触ることは絶対にやめましょう。

4.足先を強く掴む

前足を触られる犬

足先を強く触るスキンシップ方法も嫌がられることが多いです。ここでは足先を挙げましたが、基本的に犬は体の部位の先端を触られることを嫌がります。

代表的な例を挙げると尻尾です。「犬は尻尾を触られると嫌がる」という話は有名です。それは尻尾が部位の先端であることも理由の1つです。

先ほど紹介したマズルも当てはまりますが、他にも耳の先なども当てはまります。不快感を感じやすい場所ですので、性格によってはわかりやすく嫌がることをしない犬もいますが、軽くストレスを感じている可能性が高いです。

5.大きな声でスキンシップをとる

スキンシップをとる際に気を付けたいポイントの1つに『大声』が挙げられます。犬は聴覚が非常に優れているため、人間異常に大きな音に敏感です。そのため、スキンシップをとる際に大声を出すことはやめましょう。

よく子どもや女性に「可愛い~!」と大声を出してスキンシップをとろうとする人がいます。可愛いという気持ちを全面的に出すのは悪い事ではありませんが、犬にとってはストレスとなり得ます。

スキンシップをとる時は、なるべく冷静に落ち着いた行動を心掛けるようにすることで、犬側も心を開いてくれる可能性が高くなりますよ。

まとめ

子どもたちに撫でられる犬

いかがでしたでしょうか。犬が触られることを嫌がる部位を知ることや、スキンシップをとる際の大切なポイントを押さえることで、犬に嫌がられずスキンシップをとることができます。飼い主はもちろん、犬を触れ合いたい犬好きの皆さんは、ぜひ犬がストレスを感じない、喜ぶスキンシップ方法を知っておきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。