犬にとって不幸なこと6つ

犬にとって不幸なこと6つ

「犬は人間の最良の友」と言う言葉があります。けれども、現実には飼育放棄、多頭崩壊、動物虐待など、「最良の友」であるはずの犬を不幸にしているのも人間です。では、犬にとって何が不幸なのか、そして、なぜ犬を不幸にする人間がいるのかについて、考えてみたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にとって不幸なこと6つ

檻に閉じ込められている子犬

1.多頭崩壊

多頭崩壊とは、正しくは「多頭飼育崩壊」と言います。最近、ニュースなどで話題にもなっていますが、犬だけでなく、猫、ウサギなどの愛玩動物を多頭飼育した飼い主が、自然繁殖を制御せずに動物が増えた結果、飼育不可能な状態に陥ることをいいます。

本来、動物が好きであるにも関わらず、避妊去勢を行わなかったせいで自分では手に負えないほど数が増えたり、行き場のない動物を引き取っているうちに、施設や人数の面で、適正に飼育できる数を超えたりしてしまうことで、多頭崩壊が起きます。不潔な環境で、糞尿の後始末も追いつかず、近親交配による奇形や病気の子どもが生まれても病院に連れて行くこともできません。弱った個体はひしめき合うほど狭く、臭い空間の中で衰弱して死んでしまうこともあります。

2.虐待目的の飼育

家族の一員として犬を心から愛している私たちには、全く理解できないことですが、実際に、虐待目的で保護団体から里親として犬を引き取り、虐待して何匹も殺していた、と言う事件がありました。

3.パピーミル

生まれたばかりのたくさんの子犬の世話をする母犬

「パピーミル」とは、英語で「子犬工場」を意味します。営利目的で犬や猫を劣悪な環境で大量に繁殖させる悪質なブリーダーを指します。良心的なブリーダーとは異なり、親犬の体がボロボロになるまで子どもを産ませ、狭い場所で大量の犬を飼育できるように、劣悪な環境で犬を監禁し、散歩や運動もさせません。もちろん、食事も安価で低品質なものです。そして、子どもが産めなくなったら「引取り屋」という業者に引き渡され、山中に遺棄されたり、殺されたりします。

また、生体販売をしているペットショップで売れ残った犬も、動物実験に使われるために売買されたり、繁殖犬として「子犬工場」に売られたりします。いずれにしても、温かな家庭で、幸せに暮らせる可能性はほとんどありません。

4.飼い主の飼育放棄による殺処分

飼っていた犬を手放すには、いろいろな理由があります。子どもが生まれたら動物アレルギーだった、家族が重い病気になった、経済的に困窮し、犬を飼い続けることが出来なくなったなど、やむを得ない理由から、逆に「噛むから」「躾が出来ないから」「飽きたから」「番犬として飼っていたけど、犬が歳を取って吠えなくなり役に立たなくなったから」など、信じられないほど身勝手な理由で犬を手放す人もいるようです。

また、猟師が猟犬として使い物にならないからと言って、猟期が終わった頃に、自分の犬を山に置き去りにすることもあります。私は、このような身勝手な人に対して、同じ人間として軽蔑し、憎しみさえ感じます。けれども、そんな愚かな人間が大勢いるのも現実です。

5.交通事故死

愛犬は、大切な家族だから、犬の命を守るために最大限の努力をするのも飼い主としての責任です。一瞬の気の緩みでリードが外れてしまったり、ふだんからノーリードで散歩させたりしていて犬が道路に飛び出してしまい、命を落としてしまうことになるかも知れません。飼い主さんと愛犬の間にどんな信頼関係があったとしても、ふだんの生活の中ではリードを外して外出しないようにしましょう。

6.無関心な飼い主による飼育放棄

悲しそうな顔で床に伏せている犬

餌付けをすれば、野生のカラスでも野良猫でも人間に懐くこともあるでしょう。しかし、犬はただ、餌付けされただけでは人間を愛することはない動物です。自分が飼い主と決めた人を愛し、信じぬき、決して裏切らない動物です。

散歩にもいかず、名前も呼ばず、目も合わさず、まるで犬の存在など一切目に入っていないかのように扱われることが、犬にとってどれだけ酷なことか、愛犬を家族として慈しんでいる飼い主さんには容易に想像ができるはずです。犬は、人間から愛されなくても人間を愛し、信じることを疑わない動物だと思います。明日こそ優しく撫でてくれるかもしれない、明日こそ、笑いかけてくれるかもしれない、そう思いながら飼育放棄されている犬の気持ちを考えると胸が痛みます。

まとめ

飼い主に抱っこされてキスしている犬

不幸な犬を生み出すのは、身勝手で欲深い人間です。また、犬を幸せにするのも人間です。

結論として、犬にとって最も不幸なことは、人間の身勝手によって孤独なまま、命を奪われることだと思います。現在の日本は、お金を出せば簡単に犬が飼えます。そして、無責任に犬を手放すような飼い主にも、何の罰則もありません。さらに自分の快楽のために、どんな惨たらしいやり方でたくさんの犬を殺しても、さして重い刑罰を課せられることもありません。
飼い主一人一人のモラルを向上させていくことも大切ですが、「たかが犬」「たかが猫」としか捉えられていない、私たちの国の環境こそ、犬にとっては不幸なことと言えるのではないでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    虐待とかほんとうにゆるせない。ただ小さな命を救う人も沢山いる。日本の法律がゆるすぎる。弱いものだからこそ守るべきすべが必要におもう。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。