子犬の性格を見分ける方法はある?

子犬の性格を見分ける方法はある?

人間にも人によって性格が違うように、犬にもそれぞれ個性があり、性格の違いがあります。犬を飼おうと考えた時、ほとんどの人が子犬を探すと思います。家族として長く暮らすからには、相性のいいパートナーとなる犬と巡り合いたいですよね。今回は、ドッグトレーナーさんやブリーダーさんのようなプロでなくても、子犬の性格を見分ける方法をご紹介したいと思います!

はてな
Pocket
お気に入り登録

子犬の性格を見分ける方法

飼い主の手を噛む子犬

抱き上げる

座った状態で、子犬を抱き上げます。抵抗せずに抱っこされて、抱き上げてくれた人間の顔に興味を持つようであれば、問題はありません。しかし、もし、さして強く抱きしめているわけでもないのに、極端に嫌がったり、人に抱かれることを怖がったりするようであれば、かなり警戒心が強く、臆病な性格をしている可能性があります。また、その際に人の手に噛みつくような仕草を見せる場合は、警戒心が強いだけでなく、攻撃的な性格であることも考えられます。

大きな音を立ててみる

ペットショップなどで子犬を選ぶときに不用意に大きな音を立てるのは、他の子犬や子猫がびっくりするので難しいかも知れませんが、もし、可能であれば、手を叩いてみたり、何か大きな音の出るものをわざと床に落としたりして、唐突に大きな音を立てて反応を見ます。パニックを起こして逃げ回る犬は、ふだんの生活において、花火や雷、サイレンの音などに過剰に反応しやすく、それが要因となって吠えやまなかったり、興奮して攻撃的になったりと言った問題行動の要因となるかも知れません。

どんな性格の子犬が飼いやすいか

おもちゃで遊んでいる二匹の子犬

人に触られるのを嫌がらない

どんなに愛情を持って育てても、血統的にどうしても人に懐きにくい犬はいます。人間にも、同じ両親から生まれても兄弟で、性格がバラバラの場合もあり、同じ親が同じように育てても、画一的な性格にはならないのと同じで、同じ親犬から生まれた同腹の兄弟犬であっても、犬にも個体ごとに性格が違って当然です。
ただ、家庭犬として犬を飼おうというのであれば、陽気な性格であれ、大人しく穏やかな性格であれ、多少やんちゃであれ、人に触られるのを嫌がらないということはとても重要です。

陽気

できれば、陽気でやんちゃな性格の方が、多少、トレーニングの最中に叱ってもトラウマになることがなく、扱いやすいと言えます。

好奇心旺盛

子犬にとって、家庭犬としての躾やトレーニングも新鮮な経験です。好奇心旺盛だと、飼い主さんが目を離したすきにスリッパを齧ったり、部屋を散らかしたり、隙間に潜り込んだり、イタズラもたくさんするので、大変だと思われるかもしれません。
しかし、好奇心旺盛な性格の犬は、上手に飼い主さんが誘導することで新しい訓練やトレーニングにも興味を示します。また、あまり警戒心を持たずに飼い主さんや他の動物にも興味を持つので、多頭飼いにも向いている性格と言えます。

遊び好き

複数の犬と上手に遊ぶことができている子犬は、社会性が高く、成長しても他の犬と上手にコミュニケーションを取ることができます。また、トレーニングや訓練も遊びの一環として捉えると、嫌がらずに楽しんで知識や技術を吸収します。

食欲旺盛

食べ物に執着があると、「マテ」「スワレ」「フセ」「コイ」などの基本的なトレーニングがスムーズに進みます。ただし、食べたいだけ食べるので、食事の管理が必要ですし、盗み食いや拾い食いの注意も必要です。

子犬とどんな暮らしがしたいかを考える

笑顔の女性に抱っこされるボーダーコリーの子犬

どんな性格の犬が飼いやすいか?を考えつつ、その犬とどんな生活がしたいのかも同時に考えてみましょう。

ドッグスポーツに挑戦したい

飼い主さんと犬がペアとなって一緒に行うアジリティや、フリスビードッグ、ドッグダンスなどのドッグスポーツに挑戦したいのであれば、大人しく穏やかな性格の犬よりも、活発で好奇心旺盛な犬の方が向いています。

旅行、キャンプなどに一緒に行きたい

旅行やキャンプなどに一緒に行ったり、カヌーに乗ったり、犬とともにアクティビティを楽しみたいのなら、飼い主さんの指示をよく聞き、好奇心旺盛で遊び好きで、生活環境に多少の変化があっても動じない、おおらかな性格の犬が向いています。

家族の癒しとして穏やかな暮らしをしたい

家族の癒しとして、例えば小さな子どもさんのいるご家庭や、シルバー世代のご家庭で犬を飼おうと考えている方には、穏やかで大人しく、控えめな性格の大人しい犬を選ぶと良いでしょう。

まとめ

寝転んで遊ぶ子犬と女性

家庭に子犬を迎え入れるということは、赤ちゃんを迎え入れることに似ていますが、少し違うのは、お互いが幸せな時間を生きていけるように最高のパートナーを選ぶこともできる、と言うことです。何の知識も持たず、直感だけで子犬を迎えてしまうと「こんなに人見知りが激しいなんて知らなかった」「どうやっても噛み癖が治らない」「脱走癖が治らない」などの問題行動が起きてしまって対処できなくなり、結果、手放してしまう…ということになってしまうかも知れません。
自分と相性のいい犬を選ぶことは、悪いことではありません。むしろ、どんな犬をパートナーとするかをしっかりと見極めることは、飼い主も犬にも幸せになるために必要なことです。そのためにも、子犬の性格を見分ける方法を知っておくと良いべきだと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。