非常識な犬の飼い主がしているNG行為5つ

非常識な犬の飼い主がしているNG行為5つ

日本では犬を飼っている人がたくさんいます。犬好きな人が大勢いることはとても嬉しいですが、近年自己中で非常識な飼い主が増えてきているそうです。非常識な飼い主はどんなNG行為をしているのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.ウンチの放置

芝生で気張っている犬

非常識な飼い主がする行為としてよく話題になるのが、散歩時の『ウンチの放置』ですよね。愛犬のウンチを持ち帰らずにその場所に放置するというのは、周りの人にとても迷惑をかける行為となります。

ウンチを放置することでその場所が不衛生になりますし、誰かが踏んでしまうことも少なくありません。また、1人の非常識な飼い主がずっとウンチを放置していると、その場所での犬の散歩が禁止になってしまう可能性もあります。たくさんの人に迷惑をかけるNG行為となるので、心当たりのある人は必ずウンチは持ち帰るようにしましょう。

2.放し飼いをしている

放し飼い禁止の看板

愛犬と一緒に散歩をしていると、犬を放し飼いにして散歩をさせている飼い主と時々出会うことがあると思います。私も放し飼いをしている飼い主と出会うことがあるのですが、放し飼いをする人と話をすると「私の愛犬はキチンとしつけをしているから放し飼いをしても大丈夫」そういったことをよくいいます。

たしかにキチンとしつけが出来ていてお利口な犬も少なからずいると思います。しかし、周りの人からするとどんな犬なのかが知らないので、いきなり近づかれると恐いと感じやすく、ほとんどの場合他の飼い主や犬に迷惑をかけてしまうことが多いです。実際に放し飼いをしている犬と出会った時は、愛犬とトラブルを起こさないように抱っこをしてやりすごしている。という飼い主はたくさんいるそうです。

また、皆がみんな犬が好きなわけではありませんし、放し飼いをしていた犬がいきなり人に飛びついてケガをさせてしまった!といったトラブルも少なくありません。このように、放し飼いは周りの人や犬にとって迷惑をかける行為といえるでしょう。

ちなみに、放し飼いで散歩をしている犬自身も、飼い主の手や目の届きにくい場所を自由に歩くことで、交通事故などのトラブルにあう危険性があります。このような様々な理由から日本では条例で放し飼いを禁止しているところが多いので、愛犬の安全のためにも放し飼いOKの場所以外では、放し飼いをしないでくださいね。

3.いきなり犬同士を触れ合わせる

挨拶をする犬たち

多くの飼い主が嫌がるNG行為の1つとして『いきなり犬同士を触れ合わせる』というものがあります。犬同士を触れ合わせるという行為はとても良いことだと思います。しかし、相手の飼い主に挨拶をしなかったり許可も得ないまま、いきなり遊ばせるのは非常識な行為といえるでしょう。

犬を飼っている人のなかには、愛犬を他の犬と関わらせたくないと思っている人もいますし、「他の犬と関わらせたいけど、愛犬は臆病だから少しずつ距離を縮めながら仲良くさせたい」と感じている人もいます。なかには、「愛犬の調子が悪いから今日は静かに散歩をさせたい」と思っている場合もあったりします。

他の犬と触れ合わせたい時は、まず飼い主に挨拶をしてから触れさせても良いか聞くようにしてくださいね。それが飼い主同士のマナーといえるでしょう。

4.飼い主の同意を得ずにオヤツをあげる

犬にオヤツを上げる人

良かれと思って飼い主の同意を得ないで犬にオヤツをあげる。といった行為も相手の飼い主から嫌がられる非常識な行為といえるでしょう。犬を飼っている人のなかには、愛犬にあげるオヤツやごはんにこだわりをもっている人がたくさんいます。例えば、太らないように毎日オヤツの量を計算している。健康のために無添加のものだけをあげている。アレルギーがあるので材料を詳しく調べたオヤツしかあげない。などなど。

もし、愛犬の食の管理を毎日徹底しているのにもかかわらず、愛犬が他の人からいきなりオヤツを食べさせられると……とても嫌な気持ちになってしまいますし、飼い主の毎日の努力が全て無駄になってしまうので、凄く迷惑をかけてしまうといえるでしょう。また、飼い主の許可や話を聞かないで勝手にオヤツをあげた結果、犬がそのままアレルギー反応を引き起こし危険な目にあってしまう可能性だってあるのです。

犬にオヤツをあげようと思う気持ちはとても良いものだと思います。しかし、飼い主の同意を得ずにオヤツや食べ物をあげるという行為は自分勝手で無責任な行為といえるでしょう。ですので、犬にオヤツをプレゼントしたい時は、まず飼い主の許可を得てからあげるようにしてくださいね。

5.犬が吠えていても知らんぷり

吠えている犬

残念ながら近年では、愛犬が周りの人に勢いよく吠えても「犬は吠えるのが普通」とでも言わんばかりに、相手の人に謝ったり対処しようとしたりせずに知らんぷりをする飼い主が増えてきているそうです。たしかに、犬はなにかあると「ワンワン!」と吠えて気持ちを伝える生き物ですから、多少吠えてしまうのは仕方ないといえます。しかし、何もせずにそのまま吠えさせたままにする。というのはとても非常識で迷惑な行為となるので、心当たりがある人は改善する必要があります。

例えば、愛犬が周りの人に吠えたり迷惑をかけたりした時は、せめて「すみません」と相手に一言謝るようにしましょう。また、それ以上迷惑をかけないようにその場を離れる。吠えるのを止めさせる。などの対処をするようにしてくださいね。

まとめ

お利口な犬

非常識な飼い主は、周りの人や犬のことを考えずに自分勝手な行動をすることがよくあります。今回ご紹介したNG行為は全て、飼い主の自分勝手な気持ちを優先した行動といえますよね。こういった行為は、「周りに迷惑をかけていないかな?」と少し考えるようにするだけで簡単に改善することができる場合が多いです。ですので、心当たりがある人は周りに迷惑をかけていないかを考えながら、愛犬と散歩することをおススメします。あなたや愛犬、周りの人や犬みんなが気持ちよく過ごせると良いですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    近年のペットブームは少しおかしいです。当たり前のことが出来ない飼い主が多いです。このサイトに書かれてることはできていて当たり前のことです。これが出来ない人は戌飼うべきではありません、犬も貴方も第三者も皆迷惑で不幸になるだけです。犬を飼う前に常識を学びましょう
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。