迷惑に思われてるかも?犬に触れない方がいい瞬間5選

迷惑に思われてるかも?犬に触れない方がいい瞬間5選

犬は集中したい、くつろぎたい、といった状況の時に邪魔をされるとストレスを感じることがあります。愛犬に嫌がられないために、『飼い主でも犬に触らない方がいい瞬間』を知っておきましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.ご飯を食べている時

ドッグフードと犬

愛犬が美味しそうにガツガツご飯を食べている姿って凄く可愛いですよね。元気よく食べる姿を見て思わず頭や背中を撫でたくなってしまう人や、実際に愛犬が食事中の時に頭を撫でている人はいると思います。

ですが、犬は食べている時に触られると嫌がりやすいので、なるべく食事をしている時はそっとしておいてあげましょう。例えば、私たち人間も大好物なご飯を食べている時に、周りからちょっかいを出されると「邪魔するなよー!」と嫌な気持ちになってしまうことってありますよね?犬も同じように、食事をしているときは食べることに集中したいのです。

また、犬は食べている時に触られたり近づかれると、本能的に「ご飯を奪われるかも……」と感じやすいそうです。たとえ大好きな飼い主でもご飯中に触ろうとすると、愛犬が歯をむき出しにして怒ることがありますので気をつけましょう。

ちなみに、ご飯よりもガムやお肉系のオヤツを夢中になって食べている時は、特に嫌がる素振りを見せることが多いようですね。なかには、怒って噛みつこうとすることもあるので、できる限り邪魔をしないようにしてあげましょう。

2.寝ている時

犬の寝顔

「愛犬の寝ている姿はまるで天使みたい」……そう感じながら、愛犬の寝顔を見るのが好きな飼い主はたくさんいると思います。可愛い寝姿を見て思わず頭や体を触る人もいることでしょう。飼い主からするととても癒される至福の一時といえますよね。

しかし、犬は「せっかく寝ていたのに起こさないでよ~」と迷惑がっているかもしれません。特に、寝ている愛犬を触ったらのっそり起き上がって別の場所に移動した。そんな時は触られることを嫌がって静かに眠れる場所に移動したといえます。寝ている時は無防備になるので、体に少し違和感を感じただけですぐに起きてしまいますし、なによりも眠る時は邪魔されずに寝たいことでしょう。

ですので、触りたくなる気持ちは分かりますが、なるべくそっとしておいてあげてくださいね。どうしても触りたくなった場合は、眠りの邪魔にならないように触れるか触れないか程度に撫でるようにしましょう。

ちなみに、「寝ている時に撫でられると安心する~」そういった犬も割といるそうです。愛犬が眠っている時に優しく撫でると、仰向けになって気持ちよさそうにお腹を見せてくれる。そういった場合は「もっと撫でて~」とあなたに甘えているといえます。睡眠を邪魔しない程度に優しく撫でてあげることで、愛犬はリラックスしながら眠りやすくなることでしょう。

3.視線をそらす時

目をそらす犬

犬の世界での『視線をそらす』という行為は、『敵意がない』という意味が込められていることが多いようです。しかし、飼い主に対して視線をそらすという行為をする時は、そっとしておいてほしい。今は構わないでほしい。と思っていることがあるみたいですね。

特にしっぽが下に向いている。明らかに目を合わそうとしない。そういった場合は、無理に触ると嫌がられることがありますので、静かにしておいてあげた方が良いといえるでしょう。

4.後ずさりする時

怯えている犬

愛犬に近づいたり触ろうとしたりすると、後ずさりをすることってありませんか?そんな時は一時的にあなたに触れられるのを拒んでいるかもしれません。例えば、叱った後に愛犬が落ち込んでいる。何らかのことが原因となって不安になっている。といったことがあると、「今は触らないで」と後ずさることがあります。逃げる愛犬を無理やり触っても良いことはありませんので、まずは気持ちを落ち着かせてあげた方が良いといえるでしょう。

また、自分の思いを伝えているのにもかかわらず飼い主が理解してくれない。そんな時にも犬は後ずさることがあります。このような場合は、愛犬が何を伝えようとしているのかを理解してあげるまで触られないように後ずさることがあるので、まずは愛犬の要求を知ってなんらかの対応をする必要があるといえるでしょう。

5.自分の寝床にいる時

ベッドでくつろぐ犬

愛犬が自分の寝床で気持ちよさそうにくつろいでいる時も、なるべく触らないでそっとしておいてあげることをおススメします。なぜなら犬にとって自分の寝床は一番落ち着ける場所となり、犬が「ゆっくりしたい」と感じていることがよくあるからです。ですので、寝床で寝ている愛犬に近づいてモフモフしたり話しかけると「お願いだから、邪魔しないで~」と、迷惑がられてしまう可能性があるのです。

また、自分の寝床やお気に入りの場所は、犬が自分のテリトリーを主張しやすい場所になります。愛犬が縄張り意識の強い性格をしている場合は、寝床まで行って触ろうとすると「僕の縄張りを取り上げられる!」と感じてしまうことがあり、飼い主でも警戒心を強めたりストレスを感じることがあるので気をつけましょう。基本的に愛犬が寝床やお気に入りの場所にいる時は、そっとしておいてあげることをおススメします。

まとめ

撫でてもらっている犬

犬は邪魔をされたくないと感じている時に触られると、嫌がったり迷惑がったりすることがあります。また、犬は感情が豊かなので「そっとしておいてほしい」と思うことがわりとよくあるのです。そういった時に構おうとすると迷惑がられることがありますので、触っても大丈夫かどうか。まずは愛犬の気持ちを理解してあげてから可愛がってあげるようにしてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。