愛犬のための貯金はいくらが理想?安心できる目安額とは

愛犬のための貯金はいくらが理想?安心できる目安額とは

犬を飼うためにある程度お金は必要だとされています。では愛犬のために貯金をしておくとしたらいくら位が理想なのでしょうか?犬の飼育費用の目安などから考えてみましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

愛犬のために貯金は必要か?

首をかしげる白黒の犬

みなさんは愛犬のために貯金をしていますか?犬を飼うためにはお金がかかるということはよく言われていますが、実際どの程度のお金が必要になるかまでは考えていない人も多いでしょう。食事代やワクチン代など月々かかる費用はそれほど高額にはならないため、家計の中から出すことができると思いますが、怪我をしたり病気になったときなどは思わぬ出費になることもあるので注意しましょう。犬のために貯金が必要と考えられるのはやはり医療費のためだと思います。健康保険のない犬の場合、レントゲンや血液検査などで数万円かかったり手術で数十万円かかったりすることもあるので、こうしたときに貯金が必要だと考えられます。

ある調査会社が1,000名を対象に行ったアンケートでは、万が一のためのペット貯金をしている人は約26%で、貯金額の平均は295,102円となっています。最も貯金額が多かったのは40代の飼い主で、これは猫を飼っている人にも同じ傾向が見られました。また、愛犬が病気になった時のためにペット保険に入っているのは約28%で月額保険料の平均は3,169円ということです。

犬を飼うためにかかる費用について

ドッグフードや飼育グッズ

犬を飼うために必要な費用としては、毎日の食費やトリミング代、ワクチン&害虫駆除薬代などが最低限かかります。さらにおもちゃやおやつ、首輪やリード、ケージ、服などにお金が欠けているという家も多いでしょう。その他必要に応じてペットホテル代やトレーニング代、ペット保険料などの費用がかかることも。日常的にかかる費用は犬の大きさや飼い主さんの考え方によって大きく異なりますが、平均して月々1~2万円程度とされています。また、ペットフード協会の全国犬猫飼育実態調査では犬の生涯飼育費用は150~200万円ということがわかっています。ただし手術や特殊な治療が必要な病気になった場合などには、短期間で高額な治療費がかかることもあるのでこの限りではありませんので貯金について考える必要があるのです。

愛犬のための貯金目安額

数枚の一万円札

上記でも愛犬のために貯金をしている人の割合や平均額を紹介しましたが、いくら貯金しておけば安心かということについては非常にむずかしい部分になってくるでしょう。犬のために貯金しておくべき場合というのはやはり犬が病気になったときのことを考えてのことだと思います。犬の場合は人間のような健康保険がなく、高度医療に関する助成などもありません。そのため病気や怪我の治療は全て自費になり、医療費が高額になるということがめずらしくありません。愛犬が将来病気になるかどうか、またどんな治療が必要になるかということなどはいくら考えてもわからないことですから、いくら貯金があれば安心かということについても上限はないと考えられます。

とは言え、金額の目安がないと貯金をするのもなかなか…というのが正直なところでしょう。さまざまな怪我や病気で検査、手術を受ける場合を想定していざというとき50万円程度は動かせる貯金があれば治療の選択肢も増えると思います。子犬の頃から年間5万円程度を目安に貯金しておくと老犬になったときなどにまとまった金額になっていると思うので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

JRTと豚の貯金箱

犬を飼うためには「犬が好き」という気持ちを持つことが大切ですが、15年前後生きる犬を一生涯守っていくためにはある程度のお金も必要です。日常的にかかる食費などとは別に、年を重ねたときにリスクが高まる病気の治療費などのために年間5万円程度貯金しておくことをおすすめします。犬の手術などには高額な費用がかかる可能性もあるので、いざというときのためにある程度まとまったお金を用意しておくことができれば最善の方法を選ぶこともできるでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。