犬と楽しめる夏の遊び5選

犬と楽しめる夏の遊び5選

夏は様々なレジャーがたくさんあってわくわくしますね。犬と一緒に楽しめる夏の遊びはどんなものがあるのでしょうか?この記事では犬と楽しめる夏の遊びを5選紹介しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

夏ならではの遊びをしよう

犬と人

夏はアウトドアをしたり楽しいことがたくさんありますよね。せっかくお出かけするなら犬もお留守番じゃなくて一緒に遊んではいかがですか?家族の一員である愛犬と一緒に夏のレジャーを楽しんで思い出を作ってみましょう。

1.プール

犬とプール

お水に入ることが平気な犬なら、プールで一緒に遊んでみてはいかがでしょうか?専用の施設に行く必要はなく、自宅の庭などにプールを作って簡単に楽しむことができますよ。犬と一緒に入るプールでは、ビニール製のものだと噛み切ったり引っ掻いてしまって危険なので、ある程度頑丈なつくりのプールを選ぶようにしてください。ゴム製のおもちゃを投げたり、泳がせたりして楽しく遊ぶことができますよ。

2.ホースの水で遊ぶ

犬とシャワーホース

ホースやシャワーがあればプールよりも簡単に水遊びが楽しめます。強い水が直撃しないように雨のように水を撒いてあげると、喜んで追いかけて遊んでくれますよ。

3.川に連れていく

犬と川

一緒に川に行って水遊びをすると、もっとアウトドア性が高くなり特別な思い出になります。ただ、自然の川には危険もたくさんあるので、犬を遊ばせる前に安全を確保することが大切になりますよ。まず流れが穏やかで急激に深くなったり流れが変わる場所がない川であることを確認しておき、万が一溺れることがないようにライフジャケットを着せてあげると安心です。また、犬が勝手に離れて行ってしまわないように、しっかり呼び戻しのしつけをしておくことも大切ですよ。

4.キャンプ

犬とキャンプ

犬と一緒にキャンプに行けば、夏の楽しい思い出を作ることができますよ。ペットOKのキャンプ場を使用すれば安全だし、設備も整っているのでおすすめです。バーベキューをしたり涼しい山で走り回ったりして、思いっきり自然を満喫しましょう。

5.ドッグラン

2匹の犬

犬と遊ぶ定番といえばドッグランですよね。夏は自然いっぱいの中のドッグランがおすすめです。木陰があると涼しいし休むことができるし、地面は芝生やウッドチップだと足裏のやけどを防ぐことができます。あまりにも暑い日には外のドッグランではなく、室内にあるドッグランで遊んでも楽しいですよ。

夏の遊びの注意点

サングラスと犬

熱中症に気を付ける

夏はとにかく熱中症に気を付けることが第一です。外に出るときはもちろん、室内でも熱中症になることがあるので注意が必要ですよ。首に巻くタイプのクールアイテムや、保冷剤を常備したり、いつでも新鮮な水が飲めるように配慮し、こまめに休ませることも大切です。

虫に気を付ける

自然の中で遊ぶ時には虫に注意が必要です。ノミダニ・フィラリアの予防はもちろん、危険な虫が潜んでいる可能性もあるので、あまり草むらなどに入らないように気を付けてくださいね。

遊んだ後のケアをする

アウトドアを楽しんだ後は体が汚れてしまうので、アフターケアをすることが大切です。水遊びをした後は体が冷えないようにタオルで拭いて乾かし、自宅に帰ったらシャンプーをして汚れを落とすようにしてあげてください。ご自宅でお手入れをすることが難しいようなら、あらかじめペットサロンを予約しておくと安心です。

まとめ

浮き輪と犬

いかがでしたか?夏の遊びは考えるだけでわくわくしてしまいますよね。思いっきり体を動かしたり、避暑地でのんびりしたり愛犬の性格に合わせて安全に夏の遊びを楽しみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。