犬の過呼吸の症状と原因!考えられる病気とは

197329view

犬の過呼吸の症状と原因!考えられる病気とは

お気に入りに追加

私たちでも100メートルを全力疾走すれば、息が上がって苦しくなります。でも、それは病気ではないですね。犬の場合も同じこと、運動が過ぎれば、舌をだして呼吸が荒くなります。でも、それは病気じゃない。でも、運動過剩でもないのに苦しそうに息をする、いわゆる過呼吸状態になる。それは明らかに病気の兆候です。今日は犬の過呼吸についてお話しします。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の過呼吸とは

元気ない犬

犬の過呼吸とは、犬が必要以上に呼吸を繰り返してしまう症状の事です。

原因は様々あり、体にケガを負っている場合や、病気の前兆や症状の一部であったり、ストレスなどの心理的な要因で過呼吸が起こったりしまうす。また犬種によっては過呼吸になりやすい犬種などもいます。

まずは過呼吸の症状やその原因を知り、病気やケガなのか、ストレスなどの心理的要因なのか、特定する事から始めましょう。

犬の過呼吸の原因

犬の過呼吸の原因として考えられるのは、咽頭、気管、気管支、肺、それに心臓の病気です。それぞれについて、少し詳しく見てみましょう

咽頭の病気

咽頭になにかの不具合が起きると、過呼吸の症状が現れることがあります。構造上、頭の短い犬種、チン、ボクサー、シー・ズー、ペキニーズ、フレンチ・ブルドッグなどによく見られます。これは、鼻の内部が狭くなり、喉頭の奥のヒダが伸びてしまうことによって起こる軟口蓋伸長症とか扁桃腺の肥大とか、喉の奥の一部が反転するなど、いくつかの原因が複雑に絡み合って、呼吸が困難になります。

気管の病気

これは高齢犬によく起きる症状で、たとえばポメラニアン、ヨークシャー・テリア、シー・ズー、トイ・プードルなどの犬種で、歳をとった犬です。気管の一部が狭くなるために起きる「気管虚脱」という状態が原因で起きるケースがもっとも多いようです。気管が原因の過呼吸症状は、ほかにも器官の一部に腫瘍ができて詰まってしまうケースもまれですが、考えられます。小型犬、それもまだ若い犬の場合、生まれつき気管が小さく、それが原因で呼吸困難になることもあります。

ほかに、何か異物が食道に詰まり、それが気管を圧迫して塞いでしまうために呼吸困難を起こすことがありますが、これは年齢に関係なく起こります。

気管支の病気

高齢犬には気管支拡張症という病気があり、これが原因で咳や呼吸困難になります。気管支に異物が詰まっていても、やはり呼吸困難から過呼吸症状が起こります。

肺の病気

呼吸困難を引き起こす病気として、もっとも知られているのは肺炎です。肺の一部、3分の1ほどが冒されると、呼吸困難を引き起こします。肺炎といっても、細菌性やアレルギー性など種類があり、何よりもその原因を突き止めることが先決です。

心臓の病気

呼吸困難を起こす原因として、最も確率の高いのは心臓の病気で、とくに左側(左心房、左心室)の不具合が呼吸困難ともっとも関係があります。平たくいうと、左心房と左心室の間にある弁が大きくなり、肺の中に水がたまると呼吸困難なるのです。小型犬や中型犬の高齢犬によく見られる症状で、大型犬においても、心不全の末期にはよく起こります。

犬の過呼吸の症状は?

口をあけた犬

過呼吸で悩む犬は、概ね次のような症状を見せます

  • 呼吸が苦しそう
  • 咳をする
  • 呼吸が速い
  • 呼吸が浅い
  • ゼーゼーしている
  • いびきをかく

いびき以外は、犬がきつい運動をしたときにも、いくつかそんな「症状」を見せます。なんの運動もしないのに、このような症状を見せるとしたら、それは何かの病気の兆候です。飼い主は見逃さないで、お医者さんに相談してください。

それでは、きつい運動もしないのにこのような症状を見せるにはどんな原因が考えられるか、それを突き詰めてみましょう。

ここでは、それぞれの原因で起こる過呼吸症状がどう現れるか、目で見た犬の様子を、考えられる原因別にお話しします。

咽頭、気管に原因があるとき

例えば、犬が咽頭炎に罹ったときの様子は、

  • 空咳がでる
  • のどの痛みで食欲が減退する
  • 吐くような動作をする
  • よだれが出る
  • ゼーゼーとした呼吸音が出る

などの状態になります。吠える声をよく聞くと、声帯が冒されているときなど、しわがれ声になったり、鳴き声が出ないこともあります。

気管支に異常があるとき

犬の気管支炎などになると

  • のどのつまった乾いた咳
  • たんがからんだ湿った咳
  • 鼻汁が出る
  • 呼吸が荒くなる
  • 発熱する
  • 食欲もなくなる

などの症状が見えます。

ここで、気管支関連でお話ししておきたい病気が2つあります。犬の気管虚脱(気管扁平症)と気管支狭窄です。症状としては、どちらも呼吸音が異常で、気管虚脱ではアヒルのような声に、気管支狭窄ではゼイゼイという呼吸音が特徴です。気管支系の病気はすぐ呼吸音にでるので、観察を怠らないようにしてください。

肺の病気が原因のとき

肺の病気といっても、いっくつか考えられますので、それぞれの場合について、症状を観察して見ましょう。

肺炎では

肺の場合は、はっきりとした症状があります

  • 咳が頻繁に出る
  • 高熱が出る
  • 呼吸が早くなる
  • 呼吸がむずかしくなる
  • 体力消耗が見える

体力が消耗するまでになっては、命の危險もあるのですから、観察を怠らないことがなにより肝心です。

肺水腫では

肺の中に水がたまり、むくんで酸素と二酸化炭素の交換ができなくなる病気です。

  • 顔を持ち上げてゼーゼーと湿って咳をする
  • 呼吸が速くなって口を開けて息をする
  • 進行すると、チアノーゼ(唇や下の色が紫になる)を起こす
  • 立ったままだったり、オスワリのままで、横になれない
  • 乾いた咳で、血の混じった鼻汁を出す

肺気腫では

これは、肺胞が空気を取り込みすぎて異常ににふくら壊れてしまう病気です。気管支炎や腫瘍が原因とされますが、慢性の呼吸器疾患で咳が止まらなかったり、運動し過ぎが原因ともいわれます。症状は

慢性の場合
  • 軽い運動でも呼吸困難をおこす
  • 呼吸が平常にもどるのに時間がかかる
急性の場合
  • 急激な呼吸困難を起こす

そのまま死亡する危険がある緊急疾患です。

胸膜炎では

これは犬伝染性肝炎ウィルス、細菌、真菌などによる感染によるもので、ほかにも胸の腫瘍や外傷が原因のこともあります。

軽度なら、呼吸が荒いくらい
重度だと、前足をつっぱる動作や呼吸困難、同時に咳、発熱

横隔膜ヘルニアでは

これは、生まれつきのものと、交通事故や落下などの衝撃で腹部に圧力が加わって起きます。

生まれつきなら、嘔吐や下痢、咳をしたり呼吸が速くなる(運動を嫌う)
急性の場合は、ゼイゼイという呼吸困難、腹式呼吸をする、横になるのを嫌う。(唇が紫色になるようでならもう重症ですから、すぐに処置をしないと手遅れになります。)

気胸では

肺胞に穴が開いたことが原因でおこります。ケンカや事故なので起きる場合と、肺炎や腫瘍で気管が損傷されても発症します。自然気胸は小型犬より大型犬に発症が多い。

軽症なら呼吸が速いくらい、重症だと横になりたがらない。原因によっては喀血もあります。

犬の呼吸器系のバイタルは?

寝ている犬

犬の過呼吸のお話しを、さまざまな症状から検討してきましたが、そもそも健康な犬の呼吸器系の標準バイタルと見てみましょう。過呼吸が異常な状態ならば、正常な状態とはどんな状態か、ということです。

犬の心拍数、呼吸数と計り方は?

心拍数

小型犬で1分間に60~120回、大型犬で1分間に60~80回です。

計り方

足のつけ根の内側にある股動脈に、人差し指・中指・薬指の3本を膝のほうから軽く当てて数えます。座った状態で下胸に手を当てて心音で計る方法もあります。子犬で、1分間もじっとしていれないなら、15秒の心拍数を4倍にすると良いでしょう。

呼吸数

小型犬で1分間に20~30回、大型犬で1分間に10~15回です。

計り方

1分間に胸が上下に動く回数を数えます。ついでに、リズムが定期的かどうかも見てみましょう。夏場は、体温調節のために呼吸が少し速くなります。

まとめ

犬の過呼吸について、原因、症状など考えてきましたが、いかがでしたか?思えば、犬を飼うときに日頃から観察するポイントのなかでも、呼吸器系は消化器系と並んで、犬の日々の健康状態を知る大切なバロメーターです。「息遣い」とか「食べっぷり」など、犬が発信する「信号」がもっとも身近に出るところです。

過呼吸などは、ほんの少し注意力を高めれば、見逃さない症状です。今日のお話しでは、原因と症状にポイントを絞ってまとめました。ぜひ、ご参考になさってください。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

ユーザーのコメント

  • 30代 女性 もこじ

    たまに散歩ですれ違う犬が、異常に呼吸が荒いなぁと思うことがあります。暑くて疲れてるだけかな?と思ってたんですが、そこに病院が潜んでるかもしれない!と思うとゾッとしますね。愛犬はまだ1歳未満で元気いっぱいなんですが、心臓は注意しないといけないと病院の先生には言われているので、常に気をつけて意識しようと思います。愛犬には苦しい想いさせたくないなぁ。
  • 30代 女性 TIKI

    我が家の愛犬もこの夏に散歩から帰ると「ハアハア」と過呼吸のような症状になる事が増えました。でも、記事にあるようにちょっと歩きすぎたりきつめの運動後なので、様子を見ると落ち着いてきます。もしもそれ以外の時に同じように過呼吸になったり咳が出たりしたら、気管系に何かあるか?肺や心臓に何かあるか?獣医さんにすぐに相談しなければいけないと思いました。
  • 20代 女性 こなつ

    わんちゃんが実際に過呼吸になっているところはまだ見たことがないです。でも、実際にみると分かってはいても驚きますね。
    考えられる病気の種類も結構あるんですね?。そのまんま死んでしまうなんて、怖すぎます。
    原因がわからないと不安なまんまなので。お医者さんに行って、愛犬のためにも原因を早く知りたいですね!
  • 30代 女性 匿名

    短頭種気道症候群という病気があります。生まれつき喉に異常があるために気道が狭くなり、興奮時に呼吸困難になり、舌が紫色になります。ガチョウみたいな、特徴的な呼吸音を伴った呼吸困難なので、わかりやすいです。
    パグ、ブルドッグ、シーズーなどの短頭種に多い病気ですが、喉の異常は必ずしも短頭種だけではないので、注意してあげたいですね。ちなみにうちの犬は雑種で、喉の異常は去勢手術の時にわかりました。
    高温多湿、興奮、肥満が症状を悪化させる因子なので、暑い時期の温度管理には十分注意して、食事での体重管理、躾でのテンションコントロールに力を入れる事をお勧めします。

    細かい対処方法としては、舌の色が紫色になっていたら、呼吸困難から酸素不足を起こしているので、涼しくて安静にできる場所に置いてあげると症状が軽い場合はピンクに戻ります。なかなか戻らない時はすぐに病院に行った方がいいと思います。涼しい時間に散歩し、給水をこまめにする事は、呼吸困難だけでなく、熱中症の予防にもつながると思います。
    パグやブルドッグ系は特に暑さに弱い短頭種ですね。暑さ対策は室内でもエアコンでしっかりとしてあげる必要がある犬種だと思います。






  • 30代 女性 ぷぅちゃん

    最近、過呼吸のような感じをしている我が家の愛犬。すごく気になって、様子を見てけど、よくなることもなく相変わらず続くので、獣医師さんに診てもらいました。
    問診の時に、過呼吸の他に気になる点を挙げるなら、排便と便の色、食欲について話をしました。
    一通り話を聞いてくれた後に、検温、聴診器をあて、全身をくまなく診てもらいました。
    そのあとに獣医師さんに診断されたのは、「アレルギー症状のひとつにある」と言われました。
    アレルギー症状、皮膚炎を起こすのだけではなく、消化器に表れたり、過呼吸を起こしたりすることがあるそうです。
    胃腸薬、整腸剤を朝晩処方と、病院でしか買えないドックフードを出してもらって、食事をそのドックフードに変えた日から、過呼吸がみられなくなりました。
    もし、過呼吸が食事のあと、おやつのあとに起こっていたら、ドックフードを変えたか?または、冷房を着けていたか?過呼吸を起こした環境を思い出してみてください

    それでも、元気がなかったり、食欲や便の様子に変化があれば、1度獣医師さんにご相談されたがいいと思います。
    我が家のように、もしかしたらアレルギー症状のひとつで、呼吸器に反応がでてるかもしれません。
  • 40代 男性 ミィ子

    うちの子は、過呼吸と思っていたら、逆クシャミなので心配要らないですよと、行きつけの医者に言われました。
    初めて見た時は、慌てて病院に連れて行きましたが、逆クシャミで検索すると、youtubeでも出てきます。
    でも、愛する我が子が辛そうなので何とかしてあげたいと思ってます。
  • 50代以上 男性 オイヌ様

    家のワンコも過呼吸があります。音に敏感なので花火、雷には、凄い反応をします。暑くも無いのに口を開けっ放しにして、身体を震わせております。雷など人間の耳には、入らない音も感じているのでしょう。そんなときは、優しく抱きしめ、胸を大丈夫、怖くないよ、と撫でてあげるだけで、言葉は通じ無くても不思議と落ち着きます。犬は、賢いですよ。愛には、愛で返してくれます。神経的な過呼吸でしたら落ち着のではないかな!続くようでしたら早めの受診だと思います。
  • 10代 女性 なかむら


    3匹います。
    1番おてんばな子が過呼吸になりやすく、興奮したり散歩に行くときによく見られます。

    喉元をさする、背中をさする、背中をポンポンする

    この3つを過呼吸の程度で決めてやっています。
    変に緊張せず、優しすぎない力でやるとすぐに収まると思います。
  • 女性 コロ

    愛犬はシーズーです。高齢で初期の心臓病を患っています。記事のように、気管が狭くなっているので寒暖差で咳が出やすいです。
    早朝に咳が続き呼吸がとても苦しそうなことがあったので、環境にはとても気を使っています。暑い季節は冷やしすぎない室温、寒い季節は湿度などにも注意しています。
    毎日、耳の中、目、口の中を確認しているのですが、こういうのは大事だと思いました。
  • 女性 もふころ

    先日、愛犬が怪我の痛みからショック症状が現れ、過呼吸になってしまいました。元々気管も狭い方なので、か細いヒューヒューといった呼吸音も聞こえてきました。
    過呼吸が出てから気になった症状は、肉球の異常な冷たさでした。浅く早く呼吸をするので、血流が末端まで届きにくくなるのだそうです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

【教えて!】犬の過呼吸について

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。