諦めるのは危険?犬のしつけを放棄してしまうリスクを考える

諦めるのは危険?犬のしつけを放棄してしまうリスクを考える

犬のしつけは大切です。とは言え、きちんとしつけをすることはそう簡単なことではなくつい諦めたくなってしまうこともあるでしょう。しかし、犬のしつけを放棄することには大きなリスクがあるということを忘れずにいましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

リスク①犬の問題行動が悪化する

人の手を噛む犬

犬のしつけに悩んでいる場合は、すでに愛犬に問題行動が見られていたり生活の中で困ったことが起きていることが多いと思います。

まっさらな子犬に「おすわり」や「待て」などのしつけを行うことは実はそれほどむずかしいことではなく、多くの家庭で飼い主さん自身でできるものだと思います。

しかし、吠え癖や噛み癖、散歩での引っ張りなど問題行動と言われる困ったことが起きている場合、その矯正は簡単にはいかず諦めたくなってしまうことも多いと思います。

しかし、問題行動が起きているときにそのしつけを諦めて放棄することにはメリットは少しもありません。すでに行動が定着しかけているときにそのまま放棄すれば、その行動はどんどん強化されて悪化していく一方でしょう。

飼い主にとって問題と感じるような行動は、放っておいてよくなるというパターンはほとんどありません。問題行動が見られたときは少しでも早くしつけに取り組み、思うような成果が見られなかった場合には訓練士やドッグトレーナーなどに助けを求めるようにしてください。

リスク②周囲の人から厳しい目で見られる

グループレッスン中の犬たち

犬のしつけは確かに面倒なことも多いし、その結果が出るまでは大変に感じる人が多いと思います。しかし、そこで諦めてしつけを放棄すれば問題行動が悪化していくだけでなく、近隣の人や犬仲間などからも厳しい目で見られることが増えてくると思います。

“犬が嫌い”という人の何割かは犬そのものが嫌いというよりも、犬を放したり吠えっぱなしにさせたりウンチの処理をしなかったりという飼い主の方に嫌悪感を持っていると言われています。

例えばお散歩中、他の犬とすれ違うときに吠えてしまう犬の場合、吠えている犬に対して制止しようとする様子が見られたり「すみません」と謝ったりしている飼い主に対しては「きちんとした人だ」という印象が持たれます。

反対に犬はずっと吠えっぱなし、飼い主も何も言わずに通りすぎていかれるとあまりよくない印象を持たれてしまうことも珍しくありません。結果が伴っていなくても、犬にきちんと向き合ってしつけをしようとしている姿は周囲に対しての誠意の現われにも感じられるようです。

リスク③愛犬との関係性が崩れる

ビーグルと男性

多くの飼い主が実感していることだと思いますが、犬のしつけは一筋縄ではいかないことです。そのため犬の問題行動を矯正しようとすると、愛犬の気持ちを想像したり最良のしつけ方法を考えたりしてしっかりと向き合わなければなりません。

そうして犬と向き合うことは、お互いの信頼関係や絆を強くする上でとても重要なポイントとなってきます。問題から目を背けてしつけを諦めることは犬との関係性も諦めることにつながります。

簡単にはいかないしつけだからこそ、時間をかけて向き合うことでお互いを理解し合うことができて素晴らしい関係性を築くことができるようになるのです。

犬のしつけを放棄するリスクまとめ

ヒールウォークをする犬と女性

何度も言っていますが、犬のしつけは簡単なことではありません。特に問題行動を矯正・修正しようとなれば時間も手間もかかりますし、すぐには結果が出ないため諦めたくなってしまうことも多いと思います。

しかし、犬のしつけを放棄してしまうと問題行動はどんどん悪化して愛犬との関係性が崩れる可能性が高く、周囲の人からも厳しい目を向けられたり避けられたりしてしまうことも少なくありません。

どんなことでも同じかもしれませんが、犬のしつけにとっても“継続は力なり”です。結果がすぐにはでなくても、愛犬にしっかりと向き合って諦めずにしつけをし続けることが大切だと思います。しつけが長期戦になりそうな場合には、焦ることなくじっくり気長に取り組んでいきましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    そもそも飼い主には愛犬を人間社会に生きさせる義務があるので躾放棄は飼育放棄と変わりありません。そんなの飼い主失格です。犬を飼ったからには責任を持って育てるべきです
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。