犬が家の中で壊しがちなもの5つ

犬が家の中で壊しがちなもの5つ

『犬が家の中で壊しがちなもの』をまとめました。壊される度に買い替えるのは難しいものもありますよね。お留守番中は要注意です。壊されて困るものには万全な対策を!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が家の中で壊しがちなもの①「リモコン」

リモコンを口にくわえている犬

テーブルやソファーの上に置きっぱなしにしがちな、テレビやエアコンのリモコン。犬にとっては、手の届きやすい場所にあり、かたくて噛み応えもあるため、おもちゃ代わりに遊んだり、破壊しがいのあるものです。中型犬や大型犬であれば、使いものにならなくなってしまうほど、破壊されてしまうでしょう。超小型犬や小型犬であっても、リモコンに歯型がくっきりついてしまうほどの噛む力を持っていますし、使うことはできても、見栄えは悪くなってしまうでしょう。私たち人間としては、いつでも手に取って使いやすい場所である、テーブルやソファーの上に置いておきたいものですよね。

犬が家の中で壊しがちなもの②「スマートフォンのイヤホンや充電器」

イヤホンを当てて仰向けに寝転んでいる犬

イヤホンや充電器も被害に遭いやすいアイテムです。私も、イヤホンや充電器は何本と買いなおしました。愛犬の手の届かない、高さのあるテーブルの上に置いていたのですが、どうやら置き方が悪かったらしく、コードがだらんと下に伸び、口に咥えて床に落としたようです。イヤホンや充電器は、数百円で買えるものもありますが、純正のものを買うとなると、数千円はしますよね。

犬が家の中で壊しがちなもの③「家電のコード」

コードを口にくわえている子犬

家電のコードを噛んで遊び、破壊してしまうことがあります。私は、扇風機のコードを壊されてしまったことがあるのですが、コンセントに繋いでいなかったことが幸いでした。それ以来、出かけるときは不要なコンセントを抜いていく、ということが癖になっています。たとえば、除湿器や加湿器など、つけたまま出かけることのある家電もあるかと思います。私は、室内干しの洗濯物を早く乾かしたいと思い、扇風機をつけたまま出かけていました。電気も流れていますし、噛み癖や破壊癖のある犬にとって、危険なものです。十分に注意したいですよね。

犬が家の中で壊しがちなもの④「家具」

破けたソーファーに座る子犬

ソファーをホリホリして穴を開けてしまう。テーブルやイスの脚を噛んでボロボロにしてしまう。中には、部屋のドア(木製)を破壊してしまうほどの強者もいます。リモコンやイヤホンや充電器は、引き出しの中にでも片付けておけば壊されることはありません。除湿器や加湿器や扇風機も物置などにしまっておけば良いです。しかし、出かける度に、家具をどこかにしまっておく、なんてことはできません。家の中で最も壊されてしまいやすいのが、家具なのかもしれませんね。私は、ソファーをホリホリされても大丈夫なように、テーブルやイスの脚を噛まれても大丈夫なように、専用のカバーをして出かけていました。しかし、帰宅してみると、器用にカバーを外し、ソファーをホリホリして穴を開けられ、テーブルやイスの脚を噛んでボロボロにされていたことがありました。対策も難しいものです。

犬が家の中で壊しがちなもの⑤「カーテン」

カーテンの隙間から外を眺める犬の後ろ姿

意外と破壊の対象になりやすいのが、カーテンです。車や人や野良猫が家の前を通る姿が、窓から見えたのでしょう。そのまま窓に向かって飛びかかり、カーテンに爪を引っかけてしまったのかもしれません。カーテンを口にくわえてブンブン振り回し、おもちゃ代わりに遊んでしまう犬もいます。以前、愛犬のお散歩をしていて、ご近所のお家の前を通りかかったときのことです。カーテンの下の方がボロボロに裂けていたことがありました。資源ごみ回収の当番が一緒になり、「猫ちゃんいるんですか?」とお聞きしたところ、「チワワが二匹いますよ」と返ってきました。カーテンを壊してしまうの、うちの犬だけじゃなかったー!と思った瞬間でした。

まとめ

ドアを破壊した犬

犬が家の中で壊しがちなものを5つご紹介しました。「うちも壊された!」という飼い主さん、多いのではないでしょうか。うちの愛犬たちは、シニア世代になり、もう、家の中のものを壊すことは一切なくなりました。イタズラをしていたのは、5歳くらいまででした。しかし、老犬になってもイタズラをしてしまう犬もいるようです。もし、これから犬を家族として迎えようとされている方がいらっしゃれば、ご紹介した5つのこと、ぜひご注意くださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    確かに壊れやすいものばかりです。自分もゲーム機の充電コードとソフトをいくつか噛まれて壊されました。犬を飼ってるならば壊れやすいもの誤飲しやすいものは近くにおかないように注意を這わないと犬も飼い主も不幸になります
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。