犬がキレた時の仕草や行動5つ

犬がキレた時の仕草や行動5つ

嫌なことをされたり、警戒行動がエスカレートしたりと、犬がキレる原因はさまざまです。今回は、犬がキレてしまった時にとる仕草や行動についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.吠える

吠えている犬

けたたましい声で吠えかかるのは、犬がキレているときの行動の1つ。「俺は今キレてるから、近寄ったら火傷するぞ!」と訴えているのです。こんなときにはむやみに近づいたり手を出したりせず、吠え声が聞こえなくなるまで犬の視界からフェードアウトしてとくのが一番です。

2.歯をむき出して唸る

歯をむき出している犬

ウーッと低い声で唸り声を上げているときも、犬がキレている合図です。唸り声と同時に現れる仕草として、マズルにしわを寄せて歯を剥き出したり、立ち耳の犬が耳を倒したり、姿勢を低くしたりするなどがあります。歯を剥き出すのは自分の武器を見せて相手を怯ませるため、姿勢を低くするのはこれから飛びかかろうとするためです。

また、犬が喜んでいるときにとる行動として有名なのがしっぽを振る行為ですが、これらの行動と同時にしっぽを振っている場合には要注意です。しっぽを振るのは喜びの表現である一方、怒りで戦闘態勢に入っていることを示す場合もあるからです。

3.走り回る

走っている犬

まるで火がついたかのように縦横無尽に走り回るのも、犬がキレているときの行動です。キレているときの特徴として、対象を中心にぐるぐると遠巻きに走ったり、対象にお尻を向けずにずっとロックオンしたままで姿勢を低めて走ったりします。まさに怒りでジッとしていられず、いつでも攻撃してやろうといった行動です。

4.飛びかかって噛み付く

手に噛み付いている犬

キレるレベルが更に高まると、直接的な攻撃行動に出ます。それが、対象に飛びかかって噛み付くといった行動です。普段、遊んでいるはずみで愛犬の歯が当たってしまったり、軽く噛まれたりしてケガをしたことがあるという人ももいるかもしれません。ですが、それでもなお、犬はかなりの手加減をしてくれているということを認識しておいてください。本当にキレてしまって、リミッターが外れてしまった犬の歯や爪の威力は私たちの想像以上です。

5.振り回す

獲物をくわえている犬

飛びかかって噛み付いた結果、何かを奪い取った場合、キレた犬は我を忘れたようにそのものを咥えて左右に激しく振り回します。これは、犬が野生で獲物を捕らえた際に、獲物にトドメを刺すための行動です。犬がこのような行動をとっている場合には、ものを取り返そうとしてむやみに手を出したり引っ張ったりすると大変危険なので、注意が必要です。

まとめ

口輪をされた犬

いかがでしたでしょうか?冒頭でも述べた通り、犬がキレてしまう原因はさまざまですし、沸点の高さも一頭一頭違います。キレやすい犬もいれば、何をされても動じない穏やかな犬もいます。まず大切なのは、「同じことをされてもキレる子もいる」「いつも穏やかな犬であってもキレたら手がつけられなくなる可能性がある」ということを理解しておくことです。

また、キレている犬にむやみに近づいてケガをしてしまっては、お互いにとって辛い経験になるだけです。そういった悲しい事故を防ぐためにも、犬がキレている時の仕草や行動を把握しておき、周囲の人に注意喚起したり、自らも適切な行動をとれるように慣れておく必要があります。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。