犬が亡くなるまでにしてあげたいこと3つ

犬が亡くなるまでにしてあげたいこと3つ

愛犬が亡くなるなんて考えたくないという人もいると思いますが、大好きな愛犬だからこそ後悔なく見送るためにできること、してあげたいことをしっかりと考えておくことも大切なことなのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

①愛犬が本当に好きなことをさせる

テニスボールをくわえて走るジャックラッセルテリア

愛犬が少しずつ年老いてきて「あと何年一緒にいられるかな」などと考えてしまうことは、多くの飼い主さんが経験することだと思います。しかし、そうしたことをふと考え始めたときはまだ愛犬が元気で、散歩もお出かけもしっかりと楽しむことができるときだと思います。だからこそ、愛犬との時間の限りが少しだけ想像できたタイミングというのは、今後の愛犬との生活を見直す絶好のタイミングだと考えてみてはいかがでしょうか?

長い年月一緒に過ごしてきたからこそ、飼い主の理想や押しつけではなく愛犬が本当に好きなこと、喜ぶことは何なのかということがわかってきていると思います。激しく走り回ることが大好きな犬もいれば、自然の中をゆっくりのんびり歩くことに楽しさを感じる犬もいます。他の犬とコミュニケーションを取ることが好きな犬もいますし、飼い主さんと家でまったり昼寝をすることが好きな犬もいます。亡くなるまでにはまだ時間が十分にあるタイミングだからこそ、愛犬がしたいことを存分にさせてあげたり思い出をたっぷりつくったりしてみてくださいね。

②食事など日常の中での楽しみを増やす

ソファーで寝ているゴールデンレトリバー

病気や老衰などで愛犬が亡くなることが現実味を帯びてきた頃には、旅行に出かけて思い出づくりをするどころか、お散歩に出ることすらままならなくなってくると思います。そうしたときには、日常の中で小さくてもいいので愛犬の楽しみをつくってあげてほしいと思います。食事のトッピングを毎日変えてあげたり、ベッドやクッションを寝心地のいいものに変えたり、散歩には出られなくても窓際で外のにおいをかがせてあげたり、マッサージをしてあげたり…。

完全介護状態になったとしても、家の中で楽しみを見つけることは十分にできると思います。難しいことではなくていいのです。愛犬が飼い主さんからの愛情を感じられるような、そんなひと時を与えてあげることができればいいのではないかと思います。

③愛犬とのお別れのための準備をしておく

家の形をした犬のお墓

「愛犬が亡くなることなんて考えたくない」という人は多いと思いますし、ましてや葬儀やお墓について考えるなんて縁起が悪いと思う人もいることでしょう。しかし、愛犬とのお別れに関することを事前に考えておくということは、実はとても大切なことなのです。

特に初めて愛犬の死を迎える人の場合は、自宅で愛犬が亡くなったとき、まずどこに連絡をして何をすればいいのかということがわからずパニックになってしまうことがあります。慌ててペットの葬儀社を調べたり、遺骨やお墓について考えたりしなくてはならなくなり、残りわずかとなった愛犬との時間を慌ただしく過ごさなければならなくなり、しっかりとお別れができなくなってしまうことがあるのです。

もしもの場合を考え、愛犬が亡くなったときの段取りをある程度考えておくということは、愛犬との最期のときを穏やかに過ごししっかり見送ってあげるためにもとても大切なことなのです。

まとめ

犬とじゃれあう女性のシルエット

大切で愛おしくてたまらない存在である愛犬が亡くなることを想像するなんて、つらくて嫌だという人もいるでしょう。しかし、寿命の短い犬たちが私たち飼い主よりも先に亡くなるということはどうにもならない現実であり、それがわかっているからこそできる準備もたくさんあるのだと思います。

愛犬が亡くなるまでにどんなことをするべきかは、愛犬の好みや性格に合わせて考えることが大切ですが、それと同時に愛犬の死後に感じる飼い主さんの後悔を少しでも減らすということを考えてもいいと思います。「もっとこうしてあげればよかった」「もっとああしてあげたかった」という後悔が多いほど、別れはつらくなるものです。愛犬が亡くなったとき、悲しい気持ちとともに「一緒に過ごせて楽しかった、ありがとう」という充実感のようなものが感じられるように愛犬のためにできることをしっかりと考えてあげたいものですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    「なにがしたい?」、「なにが食べたい?」、などと言っても犬には分からないし解っても犬は喋れません。それにいつ死ぬなんて神でないと解らないし事故って死ぬことだつてあり得ます。飼い主だからこそ解ることがあると思います。この子は何してるのが楽しいのか、好きな食い物なんだろうとか全て飼い主であるあなた方が解ることだと思います。愛犬が死ぬ云々言う前に犬に対していてあげられることを考えて下さい。犬もそっちの方が良いでしょう。犬も貴方の悲しむ顔より笑顔がみたいほずだから
  • 投稿者

    30代 女性 おぉ

    14才半のダックスの愛犬。このあいだ倒れ、肝臓に腫瘍があることがわかりました。
    転移はなかったけれど、手術には高齢でリスクが高いといわれ、どうするかとても迷っています。
    病気が分かってから食欲はまだありますが、少しずつ元気がなくなっていっている気がします。
    仕方がないのだとは思いつつ、ダルそうにしている愛犬を見ているのは胃がムカムカして、泣きそうになります。
    死を迎えると覚悟はしていますが、実際目の当たりにするのは思っているより辛いです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。