犬が『笑顔』になっている時の心理4つ

犬が『笑顔』になっている時の心理4つ

この記事では「犬が『笑顔』になっている時の心理」をテーマに、ワンちゃんが笑っているときどのように思っているのかをいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1:嬉しい

寝ながら笑っているような犬

ワンちゃんが笑顔のときの心理として人間と同様に嬉しいと思っているかもしれません。

人間の場合は嬉しいから声を出して笑うということがありますがワンちゃんの場合だと若干異なります。

ワンちゃんの場合、声を出して笑うことはありませんが嬉しかったり楽しいと感じた際に緊張が解けることによって口元が緩くなり笑顔のようになっていることがあります。

2:敵対心がないということを伝えたい

座ってこちらを見つめながら笑顔な犬

もしワンちゃんが目の前の対象に対して警戒していたり、敵対心を少しでも持っている場合口元を開いて笑顔のようになることはありません。

そういった場合だと口は閉じていて、歯を剥き出したり唸り声をあげます。そうではなくこちらを見つめていて、かつ口元が開いて笑顔のようになっているならば確実に警戒をしていません。

しかし、この段階では敵対したり警戒をしている状態ではないですがその後の行動によってはワンちゃんは怒ったり警戒することがあります。

そのため笑っているような様子だからといって、いきなり顔を触ったり勢いよく触ったりすることは控えた方が良いと思います。
一度、怒らせてしまったり警戒させてしまうと次に笑顔を見ることが出来るのにしばらく時間がかかってしまうかもしれません。

3:そういう顔だから

こちらを見つめている犬

人間から見たら笑ってるように見え、ワンちゃんが笑っていると思うかもしれませんが、ワンちゃんからしてみたら特に理由はなくただそういう顔をしているだけということもあるかもしれません。

普段から口角が上がっているワンちゃんだと、普通にしていてもどこか笑っているように見えます。

また、鼻ぺちゃのワンちゃんの場合、暑いときは鼻呼吸だけでは息をしづらいため口でも呼吸をします。その際に口を大きく開けて舌を出します。その時の表情が笑っているように見えたりもします。

4:喜ばれたいと思っている

飼い主に抱えられている犬

飼い主さんや人間のことが大好きなワンちゃんの場合、笑顔を見せた際に喜ばれたり構ってもらえて、また喜ばれたいと思って笑顔を見せることもあります。

ワンちゃんと飼い主さんの絆が強いからこそワンちゃんは笑顔を見せているのだと思います。

また、何かの拍子にワンちゃんが笑っているような顔をした時に飼い主さんが真似て、その飼い主さんの行動を真似ていることもあります。

ワンちゃんは群れの仲間や家族の行動や習性を真似るのでそのような真似るという行動をして、笑顔のような表情を見せているのかもしれません。

まとめ

撫でられている犬

ワンちゃんは人間のように楽しいとか嬉しいから笑うということはなく何かしらのきっかけがあり、そのきっかけから派生して笑顔を見せています。

笑顔を見せるきっかけはたくさんあると思いますので愛犬が笑顔を見せた際は何がきっかけだったのかを考えてみると新しい発見が見つかるかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。