さりげなく視線で合図!犬の目からわかる気持ち5つ

さりげなく視線で合図!犬の目からわかる気持ち5つ

犬は言葉が話せない代わりに様々な行動で気持ちを伝えます。その行動の1つとして『視線』があり、視線だけでも色々な犬の想いを知ることができるのです。今回は犬がよくする5つの視線の意味をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.相手をジッと見る

物陰から覗くトイプードル

犬にとって相手をジッと見るという行為は、相手に対して『敵意がある』『警戒している』という意味が込められていることが多いのだそうです。人間で例えると、ケンカごしで相手を睨んでいる状態となります。こういった行為は苦手な人や相性の悪い犬に対して行いやすく、ジッと見つめた後に吠えたり唸ったりしてケンカモードに突入する場合がほとんどだったりします。

例えば、散歩中に相性の悪い犬と出会ったときは、おそらく愛犬と相手の犬両方がジッと見続けることでしょう。そして、ある一定の距離まで近づくとケンカモードになって勢いよく吠えたりすると思います。ですので、愛犬が相手の犬をジッと見つめていると感じたらケンカモードになる前に、散歩のルートを変えるか相手の犬の姿が見えなくなるように愛犬の前に立つなどの対策をしてケンカにならないようにしましょう。

ちなみに、相性の良い犬に対してもジッと見つめることがあるのですが、その場合は相手の犬に対して尻尾を緩やかに左右に振ったり、明らかに相手に興味を持っているような表情や行動をしたりしますので、友好的な状態だと分かると思います。

2.大好きな人をジッと見る

寝転がって飼い主と見つめ合うダックスフンド

先ほどもお伝えしたように、基本的に犬が相手をジッと見つめるときは敵意があるといわれています。しかし、大好きな人や犬をジッと見つめるときは意味が正反対となり、愛情表現の1つとなるのです。例えば、あなたが愛犬とちゃんと信頼関係を築けているのでしたら、愛犬は「大好き」と思いながらあなたをジッと見つめているといえるでしょう。

実際に愛犬を可愛がっているときにずっと見つめてくる、という経験をもつ飼い主はたくさんいることと思います。きっと可愛がられながら飼い主の目を見つめることで、犬は凄く愛情や安心を感じられるのでしょうね。また、飼い主の目を見て「いつも可愛がってくれてありがとう」といった気持ちを伝えているのかもしれません。

3.熱いまなざしでおねだり

テーブルの上の食事を見つめる犬

犬は様々な方法で自分の要求を相手に伝えようとします。前足でチョイチョイと飼い主の体をつついてオヤツをおねだりしたり、吠えて要求したり。クルクル回りながら自分の気持ちを伝えようとすることだってあります。そして、熱いまなざしを送って要求することも少なくありません。

ご飯を食べていると、そばに来た愛犬が上目遣いで食べ物を欲しそうに見つめる。テレビを見ていると愛犬がそっと寄り添ってきて、少し困った顔をしながら見つめてくる。首をかしげながら見つめてきて「構って」。といった具合に、犬は何かしらの仕草や行動と一緒に熱い視線を送ってくることがあります。何と言いますか……小悪魔要素バツグンの仕草でおねだりされてしまうと、愛犬の要求に応えずにはいられなくなってしまいますよね。

4.物陰からひっそり飼い主を観察

カーテンの隙間からこちらを見つめる犬

飼い主が大好きな犬は、物陰からひっそりと飼い主の行動を観察していることがあります。料理をしているときに、ふと視線を感じたら愛犬が物陰から半分だけ顔を出して覗いていた!という、ホラー感満載な経験をしたことのある飼い主は少なからずいることでしょう。そのときの愛犬の気持ちは、「何をしているのかな?」と飼い主の行動が気になっていたり、「はやく可愛がってくれないかな?」と飼い主とのスキンシップを心待ちにしていたりすることが多いようですね。

何とも可愛らしい行動といえますが、頻繁に愛犬があなたの行動を気にして観察している場合は、依存しすぎている可能性も考えられますので少し気をつけないといけません。犬が飼い主に強く依存してしまうと、飼い主が離れたときに寂しさや不安を感じやすくなってしまうので、「少し依存しすぎているのかな?」と感じた場合は、愛犬と一緒に居ない時間を作るなどの対策をして飼い主への依存心が強くならないようにすることをおススメします。

5.犬が目をそらすときの気持ち

飼い主の膝に顔を乗せて目をそらす柴犬

愛犬と目が合ったときに目をそらされることがある。そんな経験はありませんか?私たち人間は相手と目が合ったときに気まずくならないよう視線をそらすことがありますよね。ですので、愛犬に目をそらされると「何か嫌なことしたかな?」と心配になる人は少なからずいることでしょう。しかし、犬の世界での目をそらすという行為は相手に対して『尊敬』や『服従』をしているという意味が込められている場合が多いので安心してください。簡単にいうと、「僕より目上の人と目を合わせるのは畏れ多い~!」と感じて、犬は目をそらすのだそうですよ。

また、犬は知らないフリをするときにも目をそらすことがあります。例えば、イタズラをして見つかった時に「部屋をグチャグチャにしたのは私じゃないよ?」とシラを切るためにあからさまに目をそらすことがあるみたいですよ。イタズラをされると少しイライラしてしまいますが、愛犬に一生懸命知らないフリされると、「仕方ないなぁ~」と許さずにはいられませんね。

まとめ

こちらを見つめて座る犬

今回は犬の視線の意味についてご紹介しました。視線だけでも犬の気持ちを知ることができるって何だか凄いですよね。ちなみに、もっと犬の気持ちを詳しく知りたいと思いましたら、仕草や行動を組み合わせるとより理解ができるようになりますよ。

例えば、いつもより頭と耳を下げながら悲しそうに上目遣いをしているときは「ごめんなさい」と反省していたり、散歩の時間になるとソワソワしながら飼い主の様子を見に来るときは散歩を待っていたり。『視線』+『行動』または『視線』+『表情』といったように様々な仕草や行動を組み合わせると、犬の気持ちが分かりやすいといえます。いろいろな犬の仕草や行動を知って愛犬の気持ちをより理解できるようになると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。