犬は不潔な家で飼っても大丈夫?

犬は不潔な家で飼っても大丈夫?

雑菌に強いと言われる犬ですが、不潔な家で飼っても問題はないのでしょうか?不潔な家で犬を飼うことについて、そのリスクとともに考えていきたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

不潔な家で犬を飼うリスク①誤飲・誤食

ゴミとフレンチブルドッグ

「不潔な家」といっても色々なタイプの家があると思いますが、掃除がされずゴミが捨てられずに溜まっていくような家の場合、犬がさまざまなものを誤飲・誤食してしまう恐れがあるので注意しましょう。特に食べ物が入っていた袋や食べかけのお菓子、生ゴミなどは犬もにおいで引きつけられやすく興味を持ってしまうので口にして飲み込んでしまうことも十分に考えられます。

また、 食べ物以外にも薬やビニール袋、ペットボトルのキャップなど思わぬものを口にしてしまうことも珍しくありません。焼き鳥の串を飲み込んでしまって亡くなってしまうなどの悲しい事故も少なくないので、大切な愛犬の命を守るためにもゴミや食べかけのものを捨てるなど心がけるようにしましょう。

不潔な家で犬を飼うリスク②怪我

前足を怪我している犬

不潔な家といっても単純に“汚れている”というだけでなく、“片付いていない”ということも挙げられます。片づけられず物があふれている状態では、犬が口にしてはいけないものが落ちていても気がつきにくいですし、踏んでしまうと怪我をする恐れのあるものが落ちている場合などもあるでしょう。そうすることで肉球が切れたり炎症を起こしてしまったりして歩くことに支障が出てしまうこともあるのです。

また、片づけられていなくて物が積み重なっているところに犬が足をかけてしまうことで崩れてしまったり、高いところから落ちてしまったりすることで脱臼や骨折などの怪我をしてしまう可能性もあります。

不潔な家で犬を飼うリスク③アレルギー

酸素マスクをしている犬

汚れている、片付いていないなど不潔な家で心配なのはアレルギーです。掃除が行き届いていない家ではほこりやハウスダスト、ダニなどが溜まっていることがあります。それらを吸い込むことでアレルギーを発症したり、気管支などにダメージを受けてしまったりすることもあるので注意しましょう。

ノミやダニはよく聞く虫ではありますが、大量に体につくと貧血などを起こしたりすることもありますし感染症などのリスクも上がります。室内飼いが一般的になってきたことでハウスダストやノミ・ダニによる皮膚トラブルや気管支トラブルなどが増えてきていると言われているので、毎日の掃除はしっかりと行うようにした方がいいでしょう。

<まとめ>犬を不潔な家で飼うことについて

伏せているラブラドール

片付いていなかったり掃除がされていないような不潔な家で犬を飼うことは、たくさんのリスクや危険性があるということを覚えておきましょう。家の中には犬が口にしてはいけないものがたくさん置いてありますので、病気や怪我の恐れ、最悪の場合命を脅かす恐れもあるので十分に注意してください。

完璧にピカピカにしなければならないというわけではありませんが、犬が暮らすスペースで犬の目線に立ってみてどんな危険性があるかを想像してみると犬にとってより安全な家になると思います。また、どうしても危険な伴う箇所がある部屋には犬が出入りできないように柵をするなどしっかりと管理してあげるといいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。