なぜトリミングが苦手な犬がいるの?主な理由と対処法

なぜトリミングが苦手な犬がいるの?主な理由と対処法

トリミングが苦手な理由をまとめてみました。対処法もご紹介しています。トリミングが苦手で、暴れたり・噛みついたり・吠えたりし、入店を断られてしまうワンちゃんもいるようです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

トリミングが苦手な理由:「過去に嫌な経験をしたから」

前足の被毛をカットされながらうつむいている犬

元々トリミングが苦手なわけではないけれど、過去のトリミングで嫌な経験をしてしまい、トラウマになっているのかもしれません。どんな経験がトラウマの原因になってしまうのか、いくつか例をあげてみましょう。

ブラッシングで被毛を強く引っ張られた

耳の毛をブラッシングされている犬

被毛が絡まっていたり、毛玉ができてしまったりしていると、ブラッシングをするだけで痛い思いをしてしまうことがあります。トリマーさんは強く引っ張ったつもりではないかもしれませんが、絡まりや毛玉があると、どうしてもググっと強く引っ張られてしまうことがあります。

爪切りのとき出血した

少しでも切りすぎてしまうと、血管を傷つけてしまいます。出血もありますし、痛みもあります。すぐに止血剤が使用されますから大事には至りませんが、ワンちゃんにとっては痛みが伴ったことで、爪切りが怖くなってしまうかもしれません。

シャワーの温度が熱すぎた or 冷たすぎた

シャワーをかけられている柴犬

シャンプーをしてもらうとき、シャワーの温度が熱すぎたり、冷たすぎたりしたことがトラウマになってしまうこともあります。泳ぎが得意な犬種もいますが、基本的に犬は濡れることが好きではありません。濡れるだけでも嫌なのに、熱すぎたり冷たすぎたりしたら、暴れたくなってしまいますよね。

ドライヤーの熱で火傷を負った

ドライヤーを当てられている犬

犬の皮膚は被毛で覆われているため、火傷に気づかないことがあります。ドライヤーの熱で火傷をしてしまい、そのまま放置され、痛みと闘っていた過去があるのかもしれません。皮膚が赤く腫れたり、爛れたりしていなくても、ヒリヒリと痛みがあったのかもしれません。

乱暴な扱いを受けた

愛犬がトリマーさんから乱暴な扱いを受けているところを目撃してしまったことがあります。キャンッ!と鳴いたため、痛かったのだろうと思います。他のワンちゃんが乱暴に扱われているところも目撃しました。もう二度と、そのサロンへは行っていません。いつの間にか閉店していました。そんなこともあるんです。

トリミングにトラウマがある犬への対処法

トリミングサロンを変えてみてはいかがでしょうか。過去に嫌な経験をしたサロンやトリマーさんのことをしっかり覚えてしまっていますから、その場所へ行くだけでも嫌がるはずです。ワンちゃんが、そのトリミングサロンに行くことが楽しみになってしまうくらい、環境の良いサロンを探してあげると良いのではないでしょうか。

トリミングが苦手な理由:「トリマーさんとの相性」

顔周りをトリミングされているヨーキー

犬にも「どうしても苦手な人」がいます。その犬の性格や相性が関係しているのだと思います。女性のトリマーさんは好きだけど、男性のトリマーさんは苦手、という犬もいます。動作がゆったりとしているトリマーさんは好きだけど、せかせかと動き回りテキパキとしたトリマーさんは苦手、という犬もいます。常に声をかけながらトリミングされることが好きな犬もいれば、声をかけられることが苦手な犬もいます。私もお喋りな美容師さんは苦手です。

トリマーさんとの相性が合わない場合の対処法

トリマーさんが毎回変わるのであれば、愛犬と相性の良いトリマーさんは誰なのだろうか?と様子を観察してみましょう。愛犬が自分から近づいていったり、尻尾を振ったり、甘えたりするトリマーさんはいませんか?相性の良いトリマーさんが見つかったら、次回から指名してはいかがでしょうか。

まとめ

椅子に座る濡れたトイプードルとテーブルに置かれたトリミング道具

トイプードルなどの毎月のトリミングが欠かせない犬種にとって、「トリミングが苦手」なのって、ワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても辛いことですよね。自宅でもこまめにブラッシングをするなどし、お手入れされることに慣れさせておくと良いのではないでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。