犬が1歳になるまでにやっておくべきこと5選

犬が1歳になるまでにやっておくべきこと5選

犬はあっという間に年をとります。特に生まれて最初の1年は、赤ちゃんから一気に成犬に成長する大事な時期です。今回は、愛犬が1歳になるまでにやっておくべきことをまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

基本的なしつけ

飼い主の指示でマテをする犬

トイレトレーニングやクレートトレーニング、オスワリやフセといった基本的なしつけは、犬が1歳になるまでにマスターしてしまうのがベストです。1歳を過ぎ、成犬になってからでも不可能というわけではありませんが、飲み込みの速さが格段に違います。

また、吠え癖や食糞などの悪い癖がある場合には、その癖が完全に身体に染み付いてしまう前に矯正してしまわないと、後から治すのにはかなりの労力を伴います。

去勢手術

病院の手術台の上で横になる犬

去勢手術を考えている場合も、やはり1歳になる前に済ませてしまうと良いでしょう。犬の生殖能力は、生後半年から1年で成熟すると言われています。もちろん、性的に成熟した後でも去勢手術ができないわけではありませんが、一度発情期を迎えてしまうと性的ストレスを感じてしまうため、発情期を迎える前に行ってあげましょう。また、足を上げてオシッコをするようになる前に去勢手術をすると、オスであってもそのまま足を上げずにオシッコをするようになることが多いのもメリットの1つです。

ただし、去勢手術にはメリットだけでなく、デメリットももちろんあります。「1歳になる前に済ませなきゃ!」と焦るあまりに慌てて手術を受けさせ、後から悔やむことのないよう、手術のメリットとデメリットをよく考えた上で受けるかどうか決めてくださいね。

身体のお手入れに慣らす

ブラッシングされているダックスフンド

爪切りやブラッシング、歯みがきなど、犬が嫌がってしまいがちな身体のお手入れも、愛犬の健康を保つためには欠かすことができません。1歳になる前、パピー期から愛犬の身体のいろいろなところに触ってあげることで、耳先や爪先といった敏感な部分でも、嫌がらずに触らせてくれる犬になります。

また、トリミングデビューも1歳までには済ませたいところ。小さい頃からトリミングに慣れておけば、トリミングを嫌がってトリマーさんに迷惑をかけることも、トリミングのたびに長時間を費やすこともなくなり、犬自身のストレスも減らすことができます。

交通機関でのおでかけ

車のトランクに乗っている犬

いずれ、愛犬と車や電車でおでかけをしたいと考えている場合には、やはり1歳までに経験させておくと良いでしょう。まずは止まっている車の中で遊ばせ、少しずつ時間と距離を伸ばしたり、楽しいところに連れていってあげたりする経験を積ませて、車や電車が大好きな犬にしましょう。車や電車でのおでかけが難なくできると、愛犬との行動範囲が一気に広がります。

写真をたくさん撮る

たくさんの写真の上でカメラに手をかける犬

愛犬は何歳になっても可愛いものですが、パピー期の可愛さはまた何ものにも代え難いですよね。そして、そんな貴重なパピー期は、人間よりもあっという間に過ぎていってしまいます。ぜひ、たくさん写真を撮って、可愛い姿を残しておきましょう。後から見返したとき、「こんな頃もあったなぁ」と懐かしく思えること間違いありませんよ。

まとめ

芝生の上を楽しそうに歩く子犬

いかがでしたでしょうか?犬と暮らす1年は、思っている以上にあっというまに過ぎてしまうものです。いつまでに何を済ませたいのか、済ませるべきなのかをリストアップし、後悔のない犬ライフを楽しみたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。