犬の全身麻酔ってどんなときにするの?メリットとデメリット

犬の全身麻酔ってどんなときにするの?メリットとデメリット

お気に入りに追加

犬にも人間と同じように全身麻酔をする場合があります。動いては困る処置をするとき、公衆衛生上の問題が起こる可能性があるとき、犬の負担が大きいときなど様々です。そしてメリットとデメリットもあります。

640view

麻酔ってどんなもの?

注射とシーズー

全身麻酔と局所麻酔

麻酔には二種類あり、全身に麻酔をかける全身麻酔と、身体の一部の麻酔をかける局所麻酔があります。通常麻酔といえば、動物病院では全身麻酔のことを指します。全身麻酔の方法としては吸入麻酔と注射麻酔に二種類があります。

吸入麻酔は肺胞から麻酔性ガスを吸わせて全身麻酔をかける方法です。マスクを使用しますが、犬はマスクを我慢してつけることは難しいため吸入麻酔の直前に超短時間型の注射麻酔を使用します。吸入麻酔は機械でコントロールすることができ、リアルタイムに麻酔の濃度をコントロールできるため安全性が高いと言われています。

注射麻酔は注射だけで麻酔を行う方法です。ある一定の量を注射すると一定時間麻酔がかかりやすくなります。麻酔が浅くなったらその都度追加で注射をします。麻酔の量の基準はありますが、個体によって効き具合はまちまちなので極端な話をすると麻酔がききすぎて呼吸がとまってしまう犬もいます。

メリットとデメリット

メリットとデメリットは人間の麻酔と似ている部分があります。まず犬が痛みを感じなくなるため、手術や痛みをともなう処置を行うことができます。そして吸入麻酔の場合は安全性が高く、覚醒がはやいというメリットがあります。

デメリットとしては危険性です。麻酔から目覚めなかったり、副作用を起こすことが必ずしもないとは言い切れません。とくにクッシング症候群を持っている場合や、ブルドッグやペキニーズ、パグ、グレーハウンドなどの犬種などの場合は麻酔の影響を強く受ける傾向があるので危険だと言われています。

全身麻酔が必要なのはなぜ?

牙をむく犬

病気の治療

病院で適切な処置と正確な検査を受けるためには、犬にはじっと大人しくしてもらわなければなりません。しかし犬に「大人しくしてね」と言っても怖がったり怒ったりして暴れてしまうことがあります。そうすると処置が雑になったり、検査がうまくいかなかったり、必要以上に時間がかかったりと困ったことになってしまいます。また、怪我をしている犬に処置や検査などをすると痛みから暴れることもあり、危険です。麻酔を利用することで犬への負担を軽減することができます。

公衆衛生上の問題

処置や検査は苦しんでいる犬に犬がさらに嫌がることをするため、犬が攻撃的になる可能性もあります。診察する側である獣医さんや、おさえている看護師さん、付き添いの飼い主さんなどに噛み付くかもしれません。犬の扱いになれている獣医さんであっても、攻撃的になった犬には噛まれてしまったり、ひっかかれてしまったりすることはあります。そういったときに麻酔を使い攻撃をうけないようにすることがあります。

犬に噛まれると感染症などの公衆衛生上の問題になることか、一度攻撃をくわえて嫌なことがおさまったことを覚えると、家でも攻撃的になってしまうことがあります。そのため麻酔を使って事前に攻撃されないようにすることがあるのです。

ストレスや恐怖を軽減する

病院にくる犬は大なり小なりストレスを抱えています。ストレスが少ない犬は大丈夫かもしれませんが、大きなストレスになり恐怖を覚えトラウマになってしまう犬もいます。そしてトラウマから攻撃的になることもあります。ストレスは心臓や呼吸にとって悪影響であり、病気を悪化させることもあります。犬に大人しくしてもらい、犬にも恐怖を与えないように麻酔を使うのです。

鎮静は簡単な処置の場合に使用する

パグ

鎮静には弱い鎮静から強い鎮静まであり、さまざまな用途で犬に使用します。鎮静は犬の意識を完全に失わせるわけではなく、朦朧とした状態にします。そのため強い刺激を与えた場合には犬が動く可能性があります。しかし大きく動くことはありません。怖がったり、怒ったり、暴れたりする犬を落ち着かせるのにも効果的です。短時間で終わる検査や簡単な処置などの場合は、麻酔よりも鎮静のほうが適していることもあります。

犬の性格から検査などが不安な場合は事前に病院に連絡して、相談しておくと良いでしょう。弱めの鎮静剤などを使ってもらえる場合もあるので無理はせずに相談してください。

まとめ

ミニチュアダックス

麻酔には2種類あります。全身麻酔と局所麻酔です。全身麻酔の方法も2種類あります。吸入麻酔と注射麻酔があり、安全面でみるなら吸入麻酔が良いのですが、設備が必要なため注射麻酔よりも高額になります。注射麻酔はリアルタイムで量を調整することができないため、入れすぎた場合あとから調整することはできません。そのためそのまま呼吸がとまってしまったりする場合もあります。

犬が全身麻酔をするのは大きくわけて3つの場合です。病気の治療のために必要な場合、公衆衛生上問題がある可能性がある場合、犬のストレスや恐怖といった負担が大きい場合です。こういった場合は全身麻酔をかけたほうが安全であったり、犬の負担が少なくてすみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。