犬がコンセントをかじる!危険性と対策

犬がコンセントをかじる!危険性と対策

最近は多くのご家庭が愛犬を室内で飼われていると思います。部屋の中は愛犬にとって安全な環境になっていますか?犬は何にでも興味を持ちかじる事があると思います。それが愛犬にとって危険なものである可能性もありますよね。特にコンセントや電気コードは感電の恐れもあり危険です。今回は犬がコンセントをかじってしまった時の危険性と対策をご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬は何故かじる?

電気コードを咥える子犬

犬はとっても好奇心旺盛で遊び好きな犬種が多く存在します。興味を持ったものに対しては、匂いを嗅いだりかじったりしていますよね。特に子犬の頃はこの好奇心に加え、歯の生え変わりで歯に痒みがるため、何かをかじることで痒いのを紛らわそうとします。

また成犬も好奇心に加え、口寂しさやストレス発散のため何かをかじる行為をします。犬が物をかじる行為は当たり前なのですが、それがコンセントや電気コードだと大変ですよね。私も今の愛犬を迎え入れた時はコンセントをかじってしまわないか気が気じゃなかったです。

大きな事故に繋がらないよう、愛犬がコンセントをかじった時の危険性や対策をいくつかご紹介していきますね。

犬がコンセントをかじる危険性

犬のイラストの電気プラグ

犬がコンセント、または電気コードをかじってしまった時に、真っ先に思い浮かぶ危険性が「感電」だと思います。感電以外でもいくつかの危険性があるのでお伝えしておきます。

感電

感電とは体内に電気が流れショックを受けること。軽症な場合は痛みや痺れを感じる程度ですが、最悪の場合は命を落してしまうこともあります。コンセントは壁の低い位置に設置されていることが多いので、犬が容易にかじれる場所にあり、興味をもつ子も少なくありません。コンセントに電気コードが差し込まれた状態の時にかじってしまうと、コードをかじるだけでも感電の恐れがあります。

気づいた時に愛犬がコンセントや電気コードの近くでぐったりと倒れていたり、火傷のような物が見られた時は感電の疑いがあります。

破片の誤飲

運よく感電事故に繋がらなかったとしても、コンセントをかじって破損した時に出たプラスチックの欠片や電気コードの破片を誤飲してしまう可能性も大きいです。

火災

コンセントに差し込まれた電気コードに興味をもつ子も多いですよね。コンセントに差し込まれた状態の電気コードをかじり、ショートさせてしまうと火災が起こる可能性もあります。

我が家の愛犬が子犬の頃、寒い時期にペット用のヒーターを数回使用したことがあります。コード部分は犬がかじっても破損しづらい物で作られていましたが、元気いっぱいの愛犬がコード部分を噛み、そして咥え、グイグイと凄い力で引っ張り続けることで電気コードのプラグを曲げました…。曲がったプラグを使い続けるのも火災の原因になる可能性があります。ちょっとした愛犬のイタズラにも気をつけましょう。

犬がコンセントをかじらないようにする対策

コンセントと電気コードを咥える犬のイラスト

「かじっちゃダメ!」のしつけだけで、かじらない様になってくれると1番良いのかもしれませんが、そう上手くはいかないのが現実です。普段はかじらない犬でも寝ぼけて間違ってかじってしまう事もあるかもしれません。飼い主さんが在宅中でも不在でも安心できるよう、かじらないための物理的な対策を行っておきましょう。

コンセントや電気コードを隠す

我が家で行っている対策がコンセントと電気コードを隠すことです。コンセントは我が家も低い位置にありますので、コンクリートブロックとある程度の重さのある板を、コンセントが利用できる程度の隙間を空けて前に置いています。たまたま自宅にコンクリートブロックと板があったので、そのふたつを使用していますが、愛犬が動かすことの出来ない重さのある物で隠すことが出来ればなんでも良いと思います。

また電気コードもすべてソファの後ろや家具の後ろ側を通すようにして愛犬から見えないようにしています。

市販のカバーを使用する

コンセントへのイタズラ防止用カバーや、電気コードを保護する配線カバーなどが販売されています。コンセントカバーはコンセントの上から被せるような商品ですが、プラスチック製の物が多いので、かじる力が強いワンちゃんだと破壊してしまうかもしれません。

それでも直接コンセントをかじるよりは安全でしょう。カバーを付けていることで、コンセントをかじっている犬が感電する前に、飼い主さんが止めることが出来ると思います。フリーでお留守番させているご家庭ではお留守番中には向かない商品かもしれません。

また電気コードを保護する配線カバーは、犬が嫌がる苦み成分を使用した商品も販売されていています。万が一かじってしまった時の保護と、かじる事へのしつけが1度に出来ます。

まとめ

掃除機に前脚を添える子犬

我が家の愛犬も子犬の頃は、何度かコンセントや電気コードをかじりそうになったことがあります。現在4歳ですが、成長と共に不思議なくらいコンセントと電気コードに興味を示さなくなりました。ただ、万が一の事はあると思うので、今でもコンセントや電気コードは隠したままですが、生活環境に慣れてくることや成長で犬にもどんどん変化が出てくるようです。

普段はまったっく家具やコンセントなどかじらない子でも、うっかり間違ってかじってしまう可能性はあると思います。対策もご紹介させていただきましたが、お留守番中はケージなどに入ってもらってコンセントに近づけないのが一番かと思います。また使用していない電化製品はコンセントを抜いておくと少し安心ですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。