犬との口づけにはリスクが伴う?可能性がある4つの危険性

犬との口づけにはリスクが伴う?可能性がある4つの危険性

お気に入りに追加

犬との口づけで感染症を発症してしまう可能性があります。愛犬に口の周りを舐められることありますよね。愛犬とただいまのチュウ♡してしませんか?この記事の後半では、死亡例についてもご紹介します。

1855view

犬と口づけするリスク①「胃ガン」

女の子とキスする犬、口回りが長毛

犬との口づけが胃ガンの原因となる可能性があります。健康診断を受けたことのある方は“ピロリ菌”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。最近ではテレビ番組でも取り上げられていますよね。ピロリ菌は、胃炎や胃ガンと深く関係している菌です。

ピロリ菌には、「ヘイルマンニイ」という菌の仲間がいます。この菌は、犬や猫から多く検出されています。そのため、犬との口づけが原因となり、ヘイルマンニイに感染してしまう可能性があります。ヘイルマンニイが人間の体内から検出される確率は1%未満であるとされており、もし検出された場合、犬との口づけが感染源である可能性が高いと考えることができます。

犬と口づけするリスク②「トキソプラズマ症」

口づけしようとしている女性と見上げる犬

犬との口づけがトキソプラズマ症の原因となる可能性があります。トキソプラズマ症は、トキソプラズマという原虫によって引き起こされる感染症です。病原体に汚染された生肉を食べてしまったことで感染した例があります。

また、日本で暮らす犬の30%ほどに感染があった可能性があるとされており、感染している場合、犬の糞便には病原体が含まれています。犬がお尻周りを舐めてお手入れをしている姿を見たことがあるのではないでしょうか。

この時、犬の口の中にも病原体が入り込む可能性があります。もし、病原体を持った犬と口づけをしていたら、トキソプラズマ症に感染するかもしれません。妊娠中の女性が感染してしまった場合、胎児に先天性の病気を発症したり、流産の可能性もあるとされています。

犬と口づけするリスク③「コリネバクテリウム・ウルセランス症」

しゃがんで口づけする女性とビーグル

犬との口づけがコリネバクテリウム・ウルセランス症の原因となる可能性があります。犬がコリネバクテリウム・ウルセランス症に感染している場合、ほとんど症状はみられないようです。症状がみられる場合には、皮膚炎や粘膜の炎症などの症状がみられることがあります。

鼻水や涙でグズグズしている犬はいませんか?もしコリネバクテリウム・ウルセランス症に感染している場合、その犬との口づけは危険です。コリネバクテリウム・ウルセランス症に感染すると、心臓の神経や筋肉が毒素に侵されます。筋肉が麻痺してしまうことで、心不全を引き起こしたり、呼吸困難に陥ってしまうこともあります。

犬と口づけするリスク④「狂犬病」

白い子犬にキスをする女の子

犬との口づけが狂犬病の原因となる可能性があります。人間が狂犬病に感染した場合、その感染源のほとんどが犬であるとされています。狂犬病ウイルスを持つ犬に噛まれることで感染する、という認識があるのではないでしょうか。

しかし、犬と口づけをした際、犬の唾液から感染する可能性もゼロとは言えません。日本では1956年以降、狂犬病は発生していません。しかし、海外では多く発生しており、予防されていないことも多いそうです。

「コリネバクテリウム・ウルセランス症」による死亡事故が発生!

女性の口元を舐めようとする犬

リスク③でご紹介したコリネバクテリウム・ウルセランス症ですが、病原体であるコリネバクテリウム・ウルセランス感染したことによる死亡事故が発生しています。2016年に野良猫の食事のお世話をしていた女性が感染し、呼吸困難を引き起こしたそうです。この女性は、野良猫と口づけをしたわけではないと思いますが、野良猫に食事を与える、という行為が感染した原因のようです。つまり、病原体を持った犬や猫と口づけをしていなくても感染する可能性があるということですよね。

まとめ

犬の口元にキスをする女性

犬から人へと感染する病気には、身近には狂犬病がありますが、その他にもたくさんの感染症があります。この記事で初めて目にした感染症や病原体もあったのではないでしょか。“うちの愛犬は大丈夫”と軽視せず、犬との口づけにはリスクが伴う可能性がある、ということを知って欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。