子犬の飼い方!初心者の飼い主が家に迎える前にしておくべき準備

子犬の飼い方!初心者の飼い主が家に迎える前にしておくべき準備

お気に入りに追加

子犬を迎え入れる時、まず落ち着く場所に迎え入れてあげたいと思うでしょう。その時に、サークルやゲージの準備はもちろん、トイレの準備や習慣づけを教える事が重要になってきます。

8324view

ゆっくり休む子犬

子犬が落ち着く場所を作ってあげよう

子犬の為に、まずは子犬が落ち着く場所が必要です。

その為にポイントとなるのが、子犬専用のスペースを確保するサークルです。
サークルを置くことで、子犬にとっても安心できる場所、寝床、トイレなどの必要なスペースがわかりやすくなります。

サークルやケージは、子犬の体に合わせるのではなく、成犬になった時のサイズを想定しながら準備する必要があります。

子犬の頃はいたずらをしたりして、思わぬ事故が家庭内で起こることもあります。

留守番の時や、ゆっくり休ませる時など、サークルやゲージを最初から「ハウス」としてしつけておくと、その後の生活でも安心なのです。

ゆっくり休む子犬

サークルの中にはどんなものを入れるの?

サークルの中には、ベッドとトイレ、食器や給水器などを準備しておきます。

最近、ベッドは本当に様々なものが販売されています。
クッションタイプの物が多く販売されていますが、キャリーケースやケージをそのままベッドにすることもできます。

移動用に使うケージをそのままベッドにすると、外出する時や動物病院に行く時などに便利なのです。

食器や給水器は子犬に合わせて準備しておきます。
食器は、見た目やデザインだけでなく、清潔を保てるものを選ぶことが大切です。動きにくいものや、一気食い防止のものなど、色々な食器が販売されているので、子犬に合わせて見つけてあげるとよいでしょう。

トイレも準備して習慣づけていこう

トイレは、はじめに範囲を広めに作っておくことが、トイレの習慣をつけるコツです。
ペットシーツを広めに敷いておき、子犬がペットシーツで排泄することができた時に褒めてあげます。

遊んだ後や寝起きのタイミングなどに、トイレに連れて行くことも習慣を早くつけるコツです。

ペットシーツで上手にできるようになってきたら、だんだんその範囲を小さくしていきます。

トイレトレーの中にペットシーツを敷く場合、子犬はいたずらをして噛んでしまうこともあります。メッシュタイプのトレーでペットシーツを挟むものも販売されているので、活用してみることもひとつです。

まとめ

大切な家族になる子犬を迎える前には、ある程度の事前準備が大切なのです。

ミニチュアダックスフンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。